WEBライターに向いてる人とは?特徴や性格・適性をまとめてみた

WEBライターという仕事をしてみたいと考えている方は多くいらっしゃいます。

しかし、実際に自分には向いているのかと不安に思う方も少なくありません。

『あまり文章を書くのは得意ではないし、自分に向いているのかもわからない……』

そんな悩みをお持ちの方に向けて、この記事では

  • WEBライターに向いている人の特徴
  • WEBライターの仕事の流れ
  • WEBライターに必要なスキル

これらを中心に解説していきます。

この記事を読んでWEBライターに興味はあるけれども、自信がなく躊躇していた方への後押しになれば幸いですので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

本題へ行く前に...

◎未経験からWEBライター始め方マニュアル
◎クラウドソーシングで実際に案件選びをやってみた![動画]
◎1年で250万稼いだ現役WEBライターが語る超実践法
◎優良案件と劣悪案件の見極め方の極意
◎文字単価0.5円から3円以上にする魔法

など表には出していない情報を含む
未経験から月10万稼ぐ具体的な方法は

「年7桁稼ぐ現役WEBライター5名」で作った無料オンラインプログラム

で解説しておりますのでご登録お忘れなく!

無料登録はこちらから

 
※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。 ※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

WEBライターに向いている人の特徴

ここではWEBライターに向いている人の特徴について解説していきます。

最初に特徴をお伝えし、その後に仕事の流れや必要なスキルを解説することで、

こういった特徴がWEBライターという仕事に活かされている、と深く理解することができます。

以下にWEBライターに多く見られる特徴を挙げていきますので一緒に確認していきましょう。

特徴①文章を書くことが好き

こちらは言うまでもありませんが、やはりライターになるには文章を書くことが好きなのが大前提です。

仕事と割り切って書くのも一つですが、やはり好きではないことを嫌々やらされていては、モチベーションは上がりませんし、良い文章を書こうとする熱意も生まれません。

やはり、ライターさんには文章を書くことが好きな方が多いように見受けられます。

特徴②調べることが好き

WEBライターの仕事は調べる作業が多い仕事です。

自分が知らない業界の知識を調べたり、どんどんアップデートされていくSEOや新しいSNSツールの変化などにも対応していかなければなりません。

また、その情報が本当に正しいものなのかを精査したり、著作権などに違反していないのかを調べる必要も出てきます。

こうした調べる時間が自分の見識を深めることに成長に繋がると実感できたり、楽しいと感じれるような方はWEBライターに向いているといえます。

特徴③細かい作業が好き

WEBライターには細かい作業が求められます。

文字数制限のために1文字を変えたり削ったり、同じ意味でも言い回しを変えてより伝わるような言葉選びを考える作業が必要になります。

言葉の持つ意味やニュアンスを考えたり、どこを一番に伝えたいのか太文字にして強調したりなど……

こういった地道な作業が続きます。

基本的には個人のデスクワークになりますので、こうした細かい作業が得意な方にはWEBライターは向いていると考えられます。

逆に言うと、とにかく文字数を埋めればいいと文量を多く書いたり、依頼人の意向を無視した文章を書くような人には向いていないといえます。

WEBライターの仕事の流れ

ここでは、WEBライターの仕事の流れについて解説していきます。

WEBライターは、基本的にWEBサイトで公開する記事を執筆する仕事です。

どのように仕事をこなしていくのか、その流れを把握することでWEBライターにどんなスキルが必要になるのかが理解しやすくなる思います。

前述した向いている人の特徴とも合わせて一読ください。

①依頼を受ける

WEBライターとして働くには、大きく分けて3つの働き方があります。

1.WEB業界や出版業界で働く

2.自身でWEBサイトやブログを運営する

3.フリーランスとして外注を受ける

いずれにしても、「こんな文章を書いてほしい」という依頼を受け、そこから文章の設計に入っていきます。

②目標を設定する

この場合の目標とは、『この文章や記事を読むことで、読者にどんなアクションを起こしてほしいか?』ということです。

問い合わせを増やしてほしいのか

WEBサイトの訪問者を増やしてほしいのか

などなど、依頼者の要望を聞き、その目標から逆算して文章や記事を執筆していきます。

③文章の大枠を作成する

目標が設定できれば、次は大枠の流れを作りこみます。

基本的な流れとしては下記のようになります。

導入

見出し①

見出し①の詳細

見出し②

見出し②の詳細

見出し③

見出し③の詳細

まとめ

問い合わせ

こちらが一般的な流れになりますが、お客様の要望や場合によっては構成を変えたり、順序が入れ替わったりしますので、あくまで参考程度にお考え下さい。

また、ここで見出しに使うキーワードには、WEBで検索した際に使われやすいキーワードを盛り込む必要があります。

最初の導入部分で読者の興味を引き、見出しと内容で読者の疑問を解決する。

そして最後のまとめで読者のモチベーションを維持したまま目標の行動を起こさせる。

こちらが大きな流れになります。

③執筆する

上記の読者の流れを意識したうえで文章の内容を執筆していきます。

作成した見出しの肉付けをするようなイメージで、文章の詳細を付け足していきます。

この際に、何度か振り返ったり、時間をおいて自身が書いた文章を客観的に読んでみましょう。

集中し過ぎるあまりに本筋から話が逸れていないか、わかりやすい文章になっているかを定期的に確認しましょう。

④推敲する

最後まで執筆できたら、もう一度書いた文章を見直します。

  • 文脈に違和感がないか?
  • 前後の文章に矛盾がないか?
  • 誤字脱字がないか?
  • 文字ばかりで読みにくくないか?

こういったことに注意しながら見直しをしていきます。

⑤仮納品・修正・最終納品

見直しが完了したらお客様に納品し、確認をお願いします。

希望や修正依頼があれば対応し、問題がなければそのまま納品となり、これで一連の流れは終了となります。

WEBライターに必要なスキル

WEBライターの仕事の流れを確認したところで、最後にWEBライターに必要なスキルを見ていきましょう。

各工程ごとによって必要なスキルが異なりますので、前述したWEBライターの仕事の流れをイメージしながら読んでいただくことで、よりWEBライターという仕事を理解していただけるかと思います。

必要なスキル①情報収集能力

依頼された内容に合わせて文章を執筆するのですが、このテーマがいつも自分が知っている範囲内とは限りません。

全く知らない業界のことや専門知識が必要なものもたくさんあります。

こういった場合は自分で調べて必要な情報を集めて書く必要があります。

しかし、ネット上で出てくる情報が全て正しいとは限りませんし、著作権の問題や転載を禁止されているものも多数あります。

こういったことを踏まえて正確な情報を集める情報収集能力が必要となり、ここに『特徴②の調べることが好き』が繋がってくるわけです。

必要なスキル②最低限のSEOの知識

SEOとは『Search Engine Optimization』の略で、Googleに正しい評価をしてもらうために行う作業です。

WEBライターは、ほとんどがWEB上に掲載することを前提で執筆することがほとんどかと思いますが、そのSEOの知識がないとせっかく執筆してもWEB上で正しく認識されず、無駄になってしまいます。

『仕事の流れ③文章の大枠を作成する』の段階でSEOのルールに基づいた記事設計をする必要があるため、SEOの知識は必須といえます。

必要なスキル③読みやすい文章力

最後に文章を書く上で文章力は欠かせません。

この場合の読みやすい文章とは、

  • 適切な改行
  • ひらがな、カタカナ、漢字のバランス
  • 読みやすさ
  • 意図したことを伝える文章

などです。

自身が考えて書いた文章は自分では理解できますが、それが必ずしも第三者に伝わるとは限りません。

これらは、『特徴①の文章を書くことが好き』なのはもちろんのこと、『特徴③の細かい作業が好き』に繋がってきます。

抽象的な内容になりますが、厳密なルールがないぶん、細かい微調整を繰り返して最善の文章を探していきます。

対応策としては、客観的な立場になって読み返したり、著作権や情報漏洩等に注意を払いながら第三者に読んでもらい確認してもらう、などが考えられます。

WEBライターに向いている人の特徴を参考に始めてみよう

ここまでWEBライターに向いている人の特徴や必要なスキルに関してお伝えしてきました。

  • WEBライターに向いている人の特徴は文章を書くことと、細かい作業が好きな人
  • WEBライターの仕事の流れは一般的な仕事とさほど変わらない
  • WEBライターに必要なスキルは専門的なものは必要ない

WEBライターという仕事に関しては、特別難しいスキルは必要なく、未経験から始めた方もたくさんいらっしゃいます。

SEOに関しても、本やネット上でたくさんの情報が公開されてレベルで十分なため、そこまで深い知識は必要ありません。

しかし、向いている人の特徴と必要なスキルは相互関係にありますので、合致しているほうがより高品質な文章を書けるといえます。

文章力は数をこなすことで自然と身についていきますので、この記事を読んで今までWEBライターを始めるきっかけになれば幸いです。

 

▷WEBライターになる具体的なステップは下記の記事にまとめています

 

※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。

※本メールセミナー及びメールマガジンは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

>高単価WEBライター無料オンライン講座

高単価WEBライター無料オンライン講座

<お気に入りのカフェや自宅のリビングをあなた色の自由なシゴトバに彩る> 文字をお金に変え、感謝されながらあなたのペースで無理なく働く自由な365日を。 月1万→3万→5万→10万→...年間7桁以上を未経験から着実にスキルアップしながら目指せる “高単価WEBライター”という新しいワークスタイルを始めませんか?

CTR IMG