「副業」WEBライターという認識では成功し辛い理由

Keisuke
Keisuke

こんにちは!keisukeです。今回のコラムは「副業」の捉え方に関して。本業とは別に副業としてライターを始める方は多いですが、「副業」の位置付けでやっても成果が出にいくい理由を解説していきます!

本題へ行く前に...

\期間限定で今だけ無料配信中/

現役WEBライターが「未経験者向けに構成した」
全6回の無料オンラインプログラム


無料登録はこちらから

 
※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。 ※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

「副」業という甘えに負けて継続できない人が多いこと

副業という認識で始める場合、どうしても「本業」より優先順位が下がってしまいます。

本業がメイン、副業がサブという位置付けですね。

 

本業ありきのタイムスケジュールに副業を入れるとどうなるのか…

時間的にも精神的にも圧迫します。

当然のことです。

それまで本業ありきのライフスタイルだったのが、”もう1つの仕事”を入れる訳ですから、圧迫して当然です。

その圧迫した状態でどれだけ継続できるのかが成功するかしないかの分かれ道。

 

時間的にも精神的に圧迫された日々を過ごすと自分に負けてしまいそうになります。

まぁ、「副」業だからサボっていいでしょ。

 

という考えが先行するからです。

そもそも論ですが、副業だからサボっていいのでしょうか?

自分がやると決めたことに勝手な価値観を作り、そこに甘えているだけではないのでしょうか?

 

副業として、サブ的なポジションとして、第二志望としての認識が強ければ強いほど大成することは難しいのです。

どちらも人生の第一志望であり、「本」業

副業として捉えているうちは、ちょっと辛いことがればすぐにとんずらこいて逃げる癖が身に付きます。

だって、本業が担保されているのだから、副業は切り捨てても問題がないからです。

これを本業に置き換えた時、どうなるでしょうか。

そう、

逃げたくても、逃げれないのです。
だって、本業を失うわけにはいかないから。

それくらいの覚悟があるから、本業は頑張れるのです。

ですから、最初から「副業」として、逃げ道を作るのではなく、自分が携わるすべての仕事は【本業】として、考えるべきなのです。

 

※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。

※本メールセミナー及びメールマガジンは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

>高単価WEBライター無料オンライン講座

高単価WEBライター無料オンライン講座

<お気に入りのカフェや自宅のリビングをあなた色の自由なシゴトバに彩る> 文字をお金に変え、感謝されながらあなたのペースで無理なく働く自由な365日を。 月1万→3万→5万→10万→...年間7桁以上を未経験から着実にスキルアップしながら目指せる “高単価WEBライター”という新しいワークスタイルを始めませんか?

CTR IMG