【低単価で悩むあなたへ】高単価案件は待ってもやってこない × 着実に単価アップを実現するコツ

Keisuke

こんにちは!Keisukeです。

今回のコラムは低単価から抜け出せず、なぜ高単価案件を獲得できないのか…「その理由と対策」をお話ししていきます!

 

 

本題へ行く前に...

\期間限定で今だけ無料配信中/

現役WEBライターが「未経験者向けに構成した」
全6回の無料オンラインプログラム


無料登録はこちらから

 
※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。 ※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

白馬の王子様はいつまで待ってもやってこない

高単価案件を獲得できず、ずっと低単価で悩む方の誤った思考として

とにかく低単価でも続けていればいずれ高単価になるだろう
というもの。
結論から申し上げると、
そのスタンスだと一生、単価が上がることがありません。
白馬の王子様はいつまでも待っても向こうからやってくることはありません。
現在、高単価案件を中心に仕事をし、少ない量で大きく稼いでいる高単価WEBライターにはある特徴があります。
それは、「受け身の姿勢」ではなく、“どうすれば高単価案件を取れるだろう”と自ら考え、低単価時代に行動していた方です。
行動といっても「何をどう行動するのか」が明確でないとただの空回りになってしまうので、そのポイントをお伝えしていきます。

今の環境に居続けて単価が上がる見込みはあるのか

WEBライター初心者の方はクラウドソーシングから始めてスキルアップしていくのがセオリーですが、ずっとクラウドソーシングの案件をし続けても大幅に単価アップは見込めません。

もちろん、依頼主と単価交渉してアップする場合もありますが、そもそもなぜ依頼主がクラウドソーシングを通して案件を募集しているかというと「超低単価で案件募集ができるから」です。

つまり、文字単価1円未満でも未経験者向きなら普通に発注可能だからこそクラウドソーシングで募集しているので、大きく単価をアップすることは視野に入れておりません。

数十円単位なら別ですが、数百円以上のアップは基本的にないと考えていいです。

ですから、いつまでもクラウドソーシングの募集案件をし続けても単価が上がることなく、時間だけ無駄にしていくことになるのです。

 

まず考えるべきは、

高単価案件を受注するにはどこの環境に身を置くべきなのか

なのです。

低単価には低単価の高単価には高単価のそれぞれの案件を受注できる環境があるので、環境を変えなければ単価も変わらないのです。

WEBライター=クラウドソーシングの固定観念を破壊することから始めよう!

WEBライターの仕事はクラウドソーシングという一種の固定観念がありますが、一度経験してしまうと「それ以外の選択肢」を探さなくなってしまいます。

そして、WEBライターという仕事はクラウドソーシングで低単価でやるものなんだと常識化してしまうのです。

 

だから、多くのWEBライターは口を揃えて言うことが、

WEBライターは稼げない

となるのです。

 

本当にそうでしょうか?

そこまでスキルがなくても文字単価3円、4円で活躍しているライターは数多くいます。
もちろん「クラウドソーシング内」で探すのは困難でしょうが。

彼らは環境を変えたからこそ、そこまでスキルが格段に上がった訳でもないのに高単価で活躍しているのです。

環境を変えるとは「お客さんを変える」ということです。

 

先ほどもお伝えしたようにクラウドソーシングは、「安く発注したい依頼主」が多いので、そもそも文字単価を大幅に上げる考えは最初からありません。

またマニュアルやサポートもついているので、低単価案件でも募集が殺到する訳です。

だって、ライティングを学びながら稼げるって普通はありないですし、学ぶ側は授業料を支払うのが普通です。

一方で、「ココナラ」という自分の言い値でサービスを出品できるWEBサービスを利用する人(=案件を依頼する側)は違います。

 

ココナラで案件を依頼する層は、

お金は出すから丸投げしてお願いしたい!

と考える層なのです。

マニュアルや添削サポートを負担しない代わりに、完全アウトソーシングで成果物を仕上げて欲しい層です。

だから「単価が高い」のです。

ココナラで文字単価1円〜3円くらいで出品する場合、クラウドソーシングでコンスタントに月3万くらい稼げている(=それくらいの執筆経験がある)なら普通に売れます。

月3万はとにかくがむしゃらに案件をこなせばクラウドソーシングでも達成できるレベルなので、まずここをクリアしていない方は全力でクラウドソーシングをやってください。

月3万の壁をクリアしたらずっとその環境に居続けることなく、「次のステージを目指す」ことを考えましょう。

関連記事

近年、需要が高まり、副業としても人気のWEBライター。 この記事に辿り着いたあなたは、WEBライターとして月3万円を稼ぎたいと考えているのではないでしょうか。 未経験からWEBライターの仕事を始める場合、月3万円を稼ぐためにはど[…]

理想から逆算して「今、やるべきこと」を考える

漠然と、「いつか単価が上がればいいなぁ」と考えていても上がることはありません。

まずあなたがどれくらいの単価で仕事をしたいのか、その単価の仕事だとどこの環境ならこなすことができるのか、と理想の状態から逆算して考える必要があります。

現実の状態 → 理想の状態へいくステップとして、現実から1つ1つステップアップしていくことがセオリーだと言われますが、そもそも理想の状態が明確にわかっていない場合、行動することができません。

ですので、まず自分がどうなりたいのかを明確に決める必要があります。

そこを決めたら、待つのではなく、自ら積極的に行動していきましょう。

そうすることが低単価から抜け出し、高単価へ変わる第一歩になります。

 

※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。

※本メールセミナー及びメールマガジンは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

>高単価WEBライター無料オンライン講座

高単価WEBライター無料オンライン講座

<お気に入りのカフェや自宅のリビングをあなた色の自由なシゴトバに彩る> 文字をお金に変え、感謝されながらあなたのペースで無理なく働く自由な365日を。 月1万→3万→5万→10万→...年間7桁以上を未経験から着実にスキルアップしながら目指せる “高単価WEBライター”という新しいワークスタイルを始めませんか?

CTR IMG