WEBライティング能力検定と技能検定の明確な違い!どちらが有利?

WEBライターを目指す方、WEBライター初心者の方は、今後の仕事に役立てようと資格の取得を検討している方もいらっしゃるかと思います。

そこで該当するのが「WEBライティング能力検定」と「WEBライティング技能検定」です。

しかし、この2つの資格の違いや詳細について、あまり詳しく理解していない方も多くいらっしゃるかと思います。

そこで、この記事では

  • WEBライティング能力検定とWEBライティング技能検定の明確な違い
  • WEBライティング能力検定の詳細
  • WEBライティング技能検定の詳細
  • どちらを保有していたほうが有利なのか

これらを中心に解説していきます。

これからWEBライターとして働きたい方や、資格の取得を検討している方の参考になれば幸いです。

WEBライティング能力検定とWEBライティング技能検定の明確な違い

WEBライターを目指すのであれば、持っておきたい資格としてよく候補に挙がるのが「WEBライティング能力検定」と「WEBライティング技能検定」です。

しかし、似たような名前であり、詳細をしっかり把握している方も少ないかと思います。

内容が重複しているのであれば、無理に2つも取得する必要はないでしょう。

まずは、「WEBライティング能力検定」と「WEBライティング技能検定」の明確な違いについて見ていきましょう。

WEBライティング能力検定 WEBライティング技能検定
取得できる資格 WEBライティング能力検定1級~3級 WEBライティング実務士
受験対象者 WEBライティング初心者~中級者 WEBライティング未経験者~初心者
試験場所 全国16ヶ所の会場 オンライン
メリット 日本Webライティング協会から案件の紹介や斡旋をしてもらえる クラウドソーシングサービスで優遇される

 

2つの資格の明確に違う点を比較し、記載しました。

まず、大きな違いとして、取得できる資格が違います。

WEBライティング能力検定はWEBライティング能力検定1級~3級が取得でき、主にWEBライティング初心者~中級者向けとなっています。

一方で、WEBライティング技能検定はWEBライティング実務士という資格で、内容はWEBライティング未経験者~初心者向けとなっています。

名前が似ていますが、受験対象者に明確な違いがあります。

もちろん、WEBライティング未経験者・初心者でもWEBライティング能力検定を受験することは可能ですが、専門用語や知識が多数出てくるため、しっかり勉強して臨まなければなりません。

受験の際も、WEBライティング能力検定は約1年に2回のペースで開催されている会場に直接足を運び受験しなければなりません。

それに対して、WEBライティング技能検定は約1ヶ月に一度のペースで開催されており、オンラインで受験が可能となっています。

このことから、WEBライティング技能検定のほうが、WEBライティングの未経験者、初心者向けであり、受験のハードルも低いといえます。

次はそれぞれの資格の詳細についてもう少し詳しく見ていきましょう。

WEBライティング能力検定とは?

WEBライティング能力検定とは、一般社団法人WEBライティング協会が運営する、『WEBライティング』に関連する資格で最も歴史のある検定です。

開催頻度 約1年に2~4回
受験場所 全国16ヶ所の会場で受験
試験時間 90分
受験料金 13,500円(税込)
更新 必要
更新費用 12,000円(税込)
試験内容  6科目

・WEBライティング

・コピーライティング、メールライティング

・SEO

・倫理・法律、炎上対策

・WEBライティングに関するミニ論文

WEBライティング技能検定と比較すると、費用は少し高めで資格は更新する必要があります。

これは、WEBライティングスキルは継続しないと腕が鈍ってしまうため、それを回避するためにこの制度が導入されました。

意外と費用が高くついてしまう点については注意しなければなりません。

 

▷WEBライティング能力検定のメリット・デメリットについては下記記事をご参考ください

WEBライティング能力検定の難易度は?

試験はマークシート方式と筆記方式の2つがあります。

内容はさほど難しくないものの、SEOに関する問題や倫理・法律に関することなど幅広く出題されます。

文章だけを書いてきた方はあまり触れてこなかったジャンルの問題が出題されるため、しっかり予習をする必要があるでしょう。

筆記試験に関しては、主語と述語の関係性や接続詞の使い方など、基本的な日本語の文法をおさらいしておき、正しい文章を書けるようにしておきましょう。

WEBライティング技能検定とは?

WEBライティング技能検定とは、一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会(CPAJ)が運営する、『WEBライティング』に関する専門の検定試験です。

開催頻度 月1回
受験場所 自宅(WEB上で受験)
試験時間 90分
受験料金 6,000円(税込)
更新 不要
試験内容 WEBライティングの基礎内容

WEBライティングの実践内容

合格すると合格証と認定カードが発行され、晴れて『WEBライティング実務士』という資格を得ることができます。

この資格を有している者は、日本クラウドソーシング検定協会が提携する事業者から仕事が斡旋されたり、高報酬の仕事が優先的に紹介されるなどのメリットがあります。

WEBライティング技能検定の難易度は?

WEBライティング技能検定の難易度に関しては、比較的優しいものになっています。

試験内容は購入した教材で予習・復習をすることができます。

一般的な文章を書く上で必要な文法知識を学ぶことができますので、文章を書くことに慣れていない人は、ここでもう一度文章の基礎を学びなおしておくとより安心でしょう。

試験の内容としては、選択式の問題と記述式の問題があります。

選択式の問題は比較的簡単で難なく満点を取れるかと思います。

問題は記述式のほうです。

こちらは上記の内容に加え、教材の中に問題集がありますので事前に解いて練習しておいてください。

 

▷WEBライティング技能検定を独学で合格する必勝法について下記記事にまとめています

どちらを保有していたほうが有利なのか

WEBライティングに関する2つの資格ですが、どちらを保有していたほうが有利なのでしょうか?

結論としては、WEBライターにとって、資格の有無による差はあまりないと考えたほうが良いでしょう。

WEBライティングでは資格よりも実績が重要視される業界ですので、資格がないからといって仕事がもらえないということはありません。

あえておすすめするのであれば、

  • WEBライティング初心者はWEBライティング能力検定
  • WEBライティング未経験者~初心者はWEBライティング技能検定

となります。

出題内容や想定している受験者から、WEBライティング未経験か、それ以外かで線引きされているようです。

WEBライティング経験者にはWEBライティング能力検定の内容は簡単すぎて物足りない、といった声も多いようです。

どうしても『WEBライティング実務士』という資格が欲しい方や、『WEBライティング実務士』の資格を得ることで、提携するクラウドソーシングサービスから優遇されるといったメリットがあります。

報酬が上がることもありますので、ステップアップしたいWEBライターは基礎の振り返りも兼ねて受講してみても良いでしょう。

逆に、未経験者にとってWEBライティング能力検定は、基礎のライティングスキルが出来ていないのに、SEOやWEBの仕組みなど多くのことを勉強しなければなりません。

まずは地盤を固める意味でも、先にWEBライティング技能検定を受験することをおすすめします。

WEBライティング能力検定とWEBライティング技能検定の明確な違いは経験の差

ここまで、WEBライティング能力検定とWEBライティング技能検定の明確な違いや内容について解説してきました。

  • WEBライティング能力検定とWEBライティング技能検定の明確な違いは経験の差
  • WEBライティング能力検定はWEBライティング初心者~中級者向け
  • WEBライティング技能検定はWEBライティング未経験者~初心者向け
  • 資格よりは実績が重要視される
  • 自身の実力を客観的に図るために受験するのは有効

WEBライティングは特別な資格がなくても始められる仕事として人気です。

しかし、基礎の部分をおざなりにしていたり、独学でなかなか上達しないライターの方もたくさんいらっしゃいます。

この機会に自身のライティングスキルを見直してみたり、一から勉強し直してみてはいかがでしょうか?

 

▷WEBライターにおすすめの資格については下記記事をご参考ください

最新情報をチェックしよう!
>高単価WEBライター無料オンライン講座

高単価WEBライター無料オンライン講座

<お気に入りのカフェや自宅のリビングをあなた色の自由なシゴトバに彩る> 文字をお金に変え、感謝されながらあなたのペースで無理なく働く自由な365日を。 月1万→3万→5万→10万→...年間7桁以上を未経験から着実にスキルアップしながら目指せる “高単価WEBライター”という新しいワークスタイルを始めませんか?

CTR IMG