これで安心!WEBライター初心者のテストライティング合格対策5選

クラウドソージングを利用してWEBライターの案件を請け負う上で、避けては通れないのがテストライティングです。

多くのクライアントは本契約する前にテストライティングを設けて、応募者をふるいにかけています。

「初心者でもテストライティングに受かるのかな?」

「テストライティングになかなか受からない。」

このように感じている方もいるのではないでしょうか。

合格するコツをおさえることができれば、WEBライター初心者でもテストライティングに合格することができますよ!

この記事では、

これで安心!WEBライター初心者のテストライティング合格対策5選
と題して、WEBライター歴1年目の私でもテストライティングを突破した、合格対策方法をご紹介します。
この記事を書いた人


TOMOMI

・WEBライター歴1年目。
・WEBライターとして、共同運営サイトや法人案件の執筆経験あり。
・未経験から始めたブログのアクセス数は、月間20万pv。
本題へ行く前に...

◎未経験からWEBライター始め方マニュアル
◎クラウドソーシングで実際に案件選びをやってみた![動画]
◎1年で250万稼いだ現役WEBライターが語る超実践法
◎優良案件と劣悪案件の見極め方の極意
◎文字単価0.5円から3円以上にする魔法

など表には出していない情報を含む
未経験から月10万稼ぐ具体的な方法は

「年7桁稼ぐ現役WEBライター5名」で作った無料オンラインプログラム

で解説しておりますのでご登録お忘れなく!

無料登録はこちらから

 
※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。 ※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

テストライティングではこれを守らないと合格できません

テストライティング合格対策うんぬんの前に、絶対に守るべきことが3つあります。

  • 社会人としてのマナー
  • 提出期限
  • マニュアル

当たり前のことと思われるかもしれませんが、意外とできていない方が多いです。

この3つを守っていないと、合格対策をした記事を提出しても不合格になってしまうこともありますので、心得ておきましょう。

①社会人としてのマナー

まず1つ目は、「社会人としてのマナー」です。

社会人としてのマナーがなっていないと、テストライティングすら受けられないことがあるほど重要です!

言葉遣いはもちろん、挨拶や自己紹介もしましょう。

普段の生活でも初対面の人と会ったときは、挨拶や自己紹介をしますよね。

正直、挨拶しない人って印象悪いですし、自己紹介がないとどんな人なのか分かりません。

ましてや、クラウドソージングを利用して案件を請け負うWEBライターの仕事は、顔の見えないやり取りです。

挨拶や自己紹介がないと、あなたがどんな方なのか他に知りうる手段がありません。

あなたがどんな方なのかアピールするためにも、挨拶や自己紹介はしっかりしましょう。

②提出期限

2つ目は、「提出期限」です。

多くのテストライティングでは提出期限が設けられ、その期限までに提出する必要があります。

提出期限ギリギリに出せばいいと思っている方もいるかもしれませんが、それではアウトと思っておきましょう。

なぜなら、提出期限の数日前に提出することが求められているからです。

逆の立場で考えても、

  • 余裕を持って提出する人
  • ギリギリに提出する人

を比べた場合、仕事を任せたいと思うのは前者ですよね。

ですので、提出期限に余裕をもって提出するようにしましょう。

万一、提出期限に間に合わない場合は、間に合わないと分かった時点でクライアントに連絡しましょう。

③マニュアル

そして3つ目に守るべきことは、「マニュアル」です。

テストライティングでは、マニュアルが渡されることがほとんどです。

面倒かもしれませんが、マニュアルにはしっかり目を通して、マニュアルに沿った記事を作成しましょう。

WEBライターそれぞれが好き勝手書かないようにマニュアルを準備しているにもかかわらず、マニュアルが守られないと、大幅な修正が発生し、クライアントの手間が増えます。

マニュアルが守られていないことで、不採用になることもザラにあります。

マニュアルを読み込んで、記事作成に取り掛かってくださいね。

WEBライター初心者のテストライティング合格対策5選

テストライティングで絶対に守るべきことを踏まえたうえで、WEBライター初心者のテストライティング合格対策がこちらです。

  • クライアントに応じた文章を書く
  • 文章のリズム感に気を配る
  • 指定の文字数よりも多めに書く
  • 誤字脱字をチェックする
  • SEOを意識する

①クライアントに応じた文章を書く

テストライティングに限らず、WEBライターとして働くのであれば、クライアントに応じた文章を書くことを意識しましょう。

クライアントそれぞれ特色があり、語尾が「です」や「ます」で終わる文章を基準とするクライアントもいれば、少しくだけた話し言葉でも大丈夫なクライアントもいます。

「です・ます調」を基準とするクライアントに対して、少しくだけた言葉の文章を提出すると、相性が合わないと判断されて、不合格になることはよくある話です。

書き方については、マニュアルに書いてあったり、クライアントが運営しているサイトを参考資料として提示してくれている場合もあります。

クライアントが求めている書き方で記事を作成しましょう。

②文章のリズム感に気を配る

文章のリズム感に気を配ることも重要です。

例えば、語尾が「です」で終わる文章が何文も続くと、淡々と文章が並んでいる印象となり、メリハリがありません。

特に、WEBライター初心者の方は、同じ語尾を繰り返しがちです。

しかも、同じ語尾を繰り返さないように気をつけることは案外大変だったりします。

同じ語尾が2回続くことは良しとして、3回以上は続かないように気を配りながら書くといいですよ。

また、1文が長すぎると読者は理解することが難しいと感じます。

特にブログ記事の場合は、長すぎる文章は読者が嫌がる傾向にあります。

ブログ記事の案件のテストライティングを受けるときは、1文が長くなりすぎないように気をつけてくださいね。

③指定の文字数よりも多めに書く

テストライティングでは、文字数が指定されていることがほとんどです。

〇文字以上という案件の場合、指定文字数ぴったりに書いたり、数文字超えるくらいの文字数で提出する方もいますが、合格するためには、指定文字数の10%プラスした文字数で提出することをおすすめします。

例えば、指定文字数が3,000文字であれば、3,300文字以上書くということです。

指定文字数の10%以上多く書くことで、余裕をもって書いてくれたんだなとクライアントに印象付けることができ、多少の修正があっても指定文字数を下回ることはありません。

 

反対に絶対にやってはいけないことが、同じことを必要以上に繰り返すなどして文字数を稼ごうとすることです。

一つのテーマについて、これ以上何を書けばいいのか悩むWEBライター初心者の気持ちも分かります。

だからといって、文字数を稼ごうとした小細工はクライアントにも伝わり、不合格になることもあります。

TOMOMI
私が運営しているブログで、WEBライターに記事作成を依頼した時、
「文字数を稼ごうとしているんだな」
と感じたことがありました。その方は2,000文字以上という指定文字数を数文字~数十文字超える程度で書く方で、文字数を稼いでいる部分を修正すると指定文字数を下回ることも少なくありませんでした。結局、その方とは契約を見送りました。

クライアントの期待を下回ることをする限り、テストライティングに合格できません。

ベストはクライアントの期待を上回ることですが、最低でもクライアントの期待に沿った記事を提出しましょう。

④誤字脱字をチェックする

誤字脱字のチェックは欠かさず行いましょう。

人間ですので、見直しても1、2文字程度の誤字脱字はあるかもしれません。

ですが、十数文字もの誤字脱字があれば、明らかに見直しを怠っているとしかいえませんよね。

誤字脱字があると、クライアントの手間が増えると判断され、不合格になる可能性が高まります。

テストライティングによって合否が決まりますので、誤字脱字ゼロが当たり前という気持ちで挑んでください!

 ⑤SEOを意識する

SEOを意識した文書を書くことができれば、テストライティングで合格する可能性もグッとあがります!

WEBライターとして活動する中で少しずつSEOの知識を身につけることもできますが、早い段階で身につけておくと、テストライティングも合格しやすくなります。

SEOの知識は移り変わりが早いですが、基礎は本などでも学ぶことができますよ。

 

また、記事の内容がクライアント(読者)が求めている内容であることも重要です。

例えば、「WEBライターの始め方」についての記事を依頼されたにもかかわらず、「WEBライターの素晴らしさ」を書いてしまっては、クライアント(読者)が求める内容に沿っているとはいえません。

クライアントから依頼されたタイトルやキーワードに沿った文章を書きましょう。

対策すればWEBライター初心者でもテストライティングに合格できる

以上、テストライティング対策方法5つをご紹介しました。

  • クライアントに応じた文章を書く
  • 文章のリズム感に気を配る
  • 指定の文字数よりも多めに書く
  • 誤字脱字をチェックする
  • SEOを意識する

5つの方法全てに共通することは、自分よがりではなく、クライアントや読者のことを考えて記事を作成するということです。

クライアントは読者に価値ある記事を提供したいと思っています。

ですので、あなたも読者やクライアントのことを思って、満足してもらうためにはどうすればいいのかを考えながら記事を書きましょう。

また、社会人としてのマナーや提出期限、マニュアルは必ず守ってくださいね。

あなたがテストライティングを合格されることを応援しています!

 

 

※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。

※本メールセミナー及びメールマガジンは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

>高単価WEBライター無料オンライン講座

高単価WEBライター無料オンライン講座

<お気に入りのカフェや自宅のリビングをあなた色の自由なシゴトバに彩る> 文字をお金に変え、感謝されながらあなたのペースで無理なく働く自由な365日を。 月1万→3万→5万→10万→...年間7桁以上を未経験から着実にスキルアップしながら目指せる “高単価WEBライター”という新しいワークスタイルを始めませんか?

CTR IMG