WEBライターの始め方を全網羅!私が体験した真実と正しい方法を教えます。

この記事はWEBライターを始めたいと思っているけど、月に数百万と稼いでいる方の非現実的な体験談ではなく、これから始める初心者目線で、「全くの未経験からどのようなステップで始めていけばいいのだろう…」と初心者目線の詳しい体験ストーリーが知りたい!

という方に向けて書いていきます。

ナミ
はじめまして!まだまだ新米!WEBライター2年目のナミと申します!本題へいく前にさらっと私の自己紹介をさせていただきます。

 

かんたん自己紹介

東京都生まれ東京都育ち、大学卒業後一般企業に入社し、3年ほど事務を経験。
その後副業でWEBライターを始めるも全く稼げず、未経験からはじめて半年で月5000円という虚しい結果に。

そこから成果を出しているWEBライターのブログを読み漁り、間違ったやり方をやっていたことに気づく。

ゼロから正しい方法で再スタートしようと決意し、WEBライターの講座で学ぶことに。

それから半年後には月5万を継続的に稼げるようになり、さらに半年後には月10万を達成し、今に至る。

 

とまぁWEBライター歴10年!!…みたいな輝かしい経歴もなく、始めて2年ちょっとなので偉そうなことは言えませんが、私が体験したリアルなWEBライターの事情や、優良な案件から劣悪な案件まで…これから正しい方法で始めて堅実に稼いでいきたい方にはぴったりの情報をお届けできると思います。

背伸びせず生々しい私のリアルな体験談をそのまんま共有していきますので参考になれば幸いです!

本題へ行く前に...

◎未経験からWEBライター始め方マニュアル
◎クラウドソーシングで実際に案件選びをやってみた![動画]
◎1年で250万稼いだ現役WEBライターが語る超実践法
◎優良案件と劣悪案件の見極め方の極意
◎文字単価0.5円から3円以上にする魔法

など表には出していない情報を含む
未経験から月10万稼ぐ具体的な方法は

「年7桁稼ぐ現役WEBライター5名」で作った無料オンラインプログラム

で解説しておりますのでご登録お忘れなく!

無料登録はこちらから

 
※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。 ※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。
目次

結論!WEBライター未経験者がすぐに始められる3ステップ

まず体験談をお話しする前に、現在未経験、スキルや経験ゼロの初心者WEBライターさんの場合、まずすべきことは共通していますので、「始め方のルート」からお伝えさせていただきます。

本業や副業問わず、未経験から始めるならば以下のステップは必須と断言できます。

 

WEBライター未経験者の正しい始め方

①クラウドソーシングに登録する
②かんたんな仕事から始めて経験と実績を積む
③経験から単価を上げたり、高単価の案件を受ける

 

上記は誰もが通るステップですので、この通り始めて間違いないと言えます。

補足としてクラウドソーシングとは、インターネット上で「仕事を発注する人」と「仕事を受ける人」を繋げるマッチングサービスのようなもの。

※図で簡単に説明してみました。

クラウドソーシングに登録するならクラウドワークスかランサーズ

クラウドソーシングといっても数十個のサービスがあります。

ですので、「どれに登録すればいいのだろう…」を悩んでしまいますが、キッパリと断言できるのは【クラウドワークス】か【ランサーズ】に登録すれば間違いなしです!
なぜならば最大手のサービスなのでインフラが整っており、サービスも満足いくものが多いです。

クラウドソーシング内のお仕事はWEBライター以外にもさまざまで「映画の感想300文字を書くだけ!」「◯◯(商品名)を使った口コミを書くだけ!」と言うように超簡単なWEBライティング案件もあるので、まず経験することに重きを置いてこういうかんたんな案件からこなすのがいいでしょう!

その後に実際の記事作成の案件にシフトしていけばいいです。

ナミ
私の場合も後ほどお伝えしてますが、かんたんなアンケート案件から始めて数十円、数百円と利益は少ないものWEBのお仕事を体験し、「自分にもできるんだ!」と自信をつけて本格的なライティングのお仕事にチャレンジしたのでおすすめです!

私の場合、WEBライターの始め方はこうだった!

ここから私の体験談をお話していきます。

今でこそWEBライターのお仕事をさせていただいてますが、そもそもWEBライターという仕事を知ったきっかけはたまたま書店の雑誌で「今アツい!副業特集」でした(照)

ですのでそれまでは全く無知でしたし、WEBライターっていう先入観ですごく専門知識や文章スキルがある出版社などに勤めている方なんだろうな〜という漠然としたイメージしかなかったのです。

ですが、どうやらクラウドソーシングを使えばスキルも経験もない一般人でもできる仕事だと知り、早速雑誌に載っていたクラウドワークスに登録して、いろいろお仕事検索をしてみたのです….。

するとどうでしょう…もちろん専門的なお仕事もありましたが、今の私でも十分にこなせる仕事がたくさんあったのです!

例えば、

「あなたが行っている美容室の褒めポイントを教えてください!」
「旅行にいくならどの都道府県にいきますか?」
「空の写真を撮影して送ってください!」

など。

….いますぐにでもできる仕事ばかり。

その時に気付かされたのは、

WEBライティングって立派な記事や雑誌の編集をすることだけではなく、WEB上に文字を書く作業のことなんだ!

ということなんです!

私もそうでしたが、みなさんが思うWEBライターのイメージってどこかスキルが必要で経験があって…という敷居が高い仕事だと思うんです。

ですが、WEBライティングとは「WEB上に文書を書くこと」つまり、パソコンでタイピングすることなんです!

パソコンとネット環境と日本語をタイピングできれば誰でもWEBライターができることを初めて知ったのでした。

ナミ
皆さんからしたら「え、そんなレベルだったの!?」と思われるかもしれませんが、お恥ずかしい話、どんなレベルだったのです….。ですが、こんな私でもWEBライターの正しい始め方を知り、ステップアップできたので、安心してください!!!とだけは自信を持ってお伝えできます!!

私のWEBライターの始め方|初月から半年までにこなした案件と稼いだ収益

そんな状態からスタートした私が、まずどんな案件から始めたのか、またどれだけの収益を稼いだのか、その推移を実体験ベースでお話しさせていただきます。

※あくまで私、個人の体験談ですのでお役に立てる箇所だけ参考にしていただければと思います。

WEBライターを始めて初月にやった案件と稼いだ収益

♦︎WEBライター初月の案件/収益
初月にこなした案件:かんたんなアンケートのお仕事 × 5件
初月に稼いだ収益:300円

初月はまずは自分でもできそうなものからやってみようと思い、「調べる必要がない」「専門性が不要」「経歴不要」でもできるかんたんなアンケート案件のお仕事をこなしました。

もちろん単価は低いので稼ぎにはなりませんでしたが、ネットでお金を稼ぐこと自体が初めてでしたので、経験を積もう!というスタンスで取り組みました。

※私が実際にWEBライター初月にこなした案件です。

本当にこんなレベルのWEBライティング案件がたくさんあるので、誰でもできますし、いきなり本格的な記事作成に抵抗があるのならば、こういうアンケート案件から初めてみるのもいいですよ!!

WEBライターを始めて2ヶ月目にやった案件と稼いだ収益

♦︎WEBライター2ヶ月目の案件/収益
2ヶ月目にこなした案件:アンケートのお仕事 × 15件
2ヶ月目に稼いだ収益:1000円

2ヶ月目は「アンケート案件なら今の自分でもできる!」という自信がついたので、積極的にこなしていくことを誓い…2日に1回のペースでやってました!

ただ内容もかんたんなもので10分以内に終わるようなものだったので、収益としては高くありませんでした。

ですが、着実に自信がついてきていたので、お金よりも「私でもネットで稼ぐことができるんだ!」という喜びの方がまさっていました。

WEBライターを始めて3ヶ月目にやった案件と稼いだ収益

♦︎WEBライター3ヶ月目の案件/収益
3ヶ月目にこなした案件:アンケートのお仕事 × 15件
3ヶ月目に稼いだ収益:1200円

3ヶ月もアンケート案件に集中してやっていたのですが….これが半年やっても月5000円も稼げない間違いの始まりだったのです。

そもそもアンケート案件は大きく稼ぐためではなく、「クラウドソーシングのお仕事」「ネットで稼ぐ」ための体験としてのお試し。
つまり、何ヶ月もやるものではなく、最初の数回経験して本番のライティング案件に移行しないとずっと稼げないWEBライターのままなんです。

ではなぜずっとアンケート案件をやり続けてしまっていたのか…

それは、かんたんな故にそこに甘えてしまい次のステップに挑戦することに抵抗を感じてしまっていたのです。

ナミ
アンケートと記事作成では、文字を書く点では同じでも、記事作成のハードルの高さを感じてしまい、なかなか始めの一歩を踏み出せずにいたんです(涙)
ですがこのままだと一生稼げないWEBライターになってしまうと思い…いよいよ挑戦することを心に決めます!

WEBライターを始めて4ヶ月目にやった案件と稼いだ収益

♦︎WEBライター4ヶ月目の案件/収益
4ヶ月目にこなした案件:雑記ブログの記事作成(1500文字) × 5件
4ヶ月目に稼いだ収益:1500円

ようやく4ヶ月目にして、本格的な記事ライティングのお仕事をスタートします。

アンケートしかやったことがない私が初めての記事作成のお仕事をする際に「できるだけ未経験者でもできるものがいいな〜」と思い選んだお仕事がこちら。

※私が実際にこなした案件です。

ド素人の私が選んだ基準として、

①タイトルに「未経験者」「初心者」向きとしっかり明記されている案件
②できれば女性向きのジャンル、女性ライターを募集されている方
③記事作成を進めていく上でマニュアルやサポートがついている案件

この3つがある案件を選びました。

上記の案件の記事ジャンルは「お悩み解決系」と少しふわふわしていたので、発注者の方にお尋ねしたところ「職場での人間関係」「コミュニケーション」などでもOKとのことでしたので応募してやらせていただきました。

人によってはハードルが高いジャンルかもしれませんが、私は社内で後輩の指導係でしたので、その経験をもとに記事作成ができたので実体験をそのまんま記事に活かすことができました。

 

ナミ
【ワンポイントアドバイス】私の経験からアドバイスさせていただくと最初の記事作成案件のジャンルはできれば「調べないと書けないジャンル」より、自分の経験から書けるようなジャンルがおすすめです!
ただ記事作成が初めてだったので、マニュアル完備と言えども少し手こずってしまい、本当は1ヶ月で10記事契約だったのですが、5記事しか納品できなかったのです…
10記事契約だったのですが、依頼主の方には無理を言って5記事で納品させていただきました。

WEBライターを始めて5ヶ月目にやった案件と稼いだ収益

♦︎WEBライター5ヶ月目の案件/収益
5ヶ月目にこなした案件:0件
5ヶ月目に稼いだ収益:0円

5ヶ月目は本業の繁忙期に入り、 WEBライターのお仕事はできず、収益は0円になります。

WEBライターを始めて6ヶ月目にやった案件と稼いだ収益

♦︎WEBライター6ヶ月目の案件/収益
6ヶ月目にこなした案件:雑記ブログの記事作成(1800文字) × 10件
6ヶ月目に稼いだ収益:4,000円
6ヶ月目は初めて10記事を無事に納品することができました!
※私が実際にこなした案件です。

内容は初めて挑戦させていただいた記事ジャンルと同様でしたので応募しました。
やはり一度経験している分、やりやすかったのでやはり記事作成もこなせば経験となり、スピードも速くなっていくんだと身を以て体感しました。

反省点|私が6ヶ月で月5000円も稼げなかった理由を経験からお伝えします。

ナミ

私のWEBライター実践記をご覧いただいたなら「WEBライターって全然稼げないじゃん!」と思われたかもしれません。

ですがこれには原因があり、“間違ったやり方”をやり続けていたゆえ、6ヶ月やっても全然稼げなかったのです…。

ですので、正しい方法で実践すれば未経験でも6ヶ月やれば月に数万は十分に目指せますので安心してくださいね!

ここでは、私の間違ったやり方を反面教師にしていただければと思います!

まず未経験のWEBライターはアンケート案件などで「仕事に慣れることが大事」とお話ししましたが、これは正解です。
ですが、正直3つ4つくらいすれば慣れますので私のように3ヶ月もやる必要は全くないと体験を通してお伝えできます。
その時点で3ヶ月のロスが生じてしまっていたので、初月から記事作成に取り組むことは十分に可能ですので、勇気を持ってチャレンジしていただければと思います。
初月からしっかりと記事作成に取り組んでいれば2ヶ月目には月5000円近くは目指せたでしょうし、4ヶ月〜6ヶ月で月に1万、2万は射程範囲だったと思います。
私の体験談からあなたが間違えないように進んでいただくためにお伝えできることは….
アンケート案件は数件だけにして3日以内で終わらせ、クラウドソーシングで仕事をする体験と少しの自信を得たら、すぐに記事作成の案件に取り組んでください!

私の体験からお伝えできる未経験者が初月に選ぶべき記事ジャンル

次に私の体験から未経験者が初月に選ぶべき記事ジャンルをお伝えさせていただきます。

アンケート→記事作成のシフトはガラッと変わるので「どんな記事ジャンルを選べばいいのだろう…」と悩まれると思います。
そこでWEBライター未経験でも比較的こなしやすい記事ジャンルの選び方を経験よりお伝えさせていただきます。

【未経験WEBライターが初月に選ぶべき記事ジャンルや案件の種類】

①専門性があまり必要とせずこれまでの経験、体験、経歴から書けるジャンル
→仕事、趣味関心など

②専門性を必要とせずネットで調べたら書けそうなジャンル
→雑記系、エンタメ系

この2つが未経験のライターさん向けのジャンルかなと思います。

私が初心者ライターの時に実際に書いた記事ジャンルと文字単価の比較表

次にWEBライターで稼いでいくにあたり、文字単価は絶対に意識しなければいけません。

文字単価とは1文字あたりの値段です。
例えば、1000文字の記事が200円でなら、文字単価は1文字あたり0.2円になります。(200円÷1000文字)

この文字単価が上がるということは1記事あたりの単価アップになるので、WEBライターの収入をあげようと思ったら、この文字単価を上げていく必要があります。

クラウドソーシングの平均文字単価は?初心者と経験者別に解説

クラウドソーシングでの平均文字単価は未経験者なら1文字0.5円=0.6円だと言われています。

1文字0.5円〜0.6円の場合の文字数と単価(報酬)の比較

500文字   → 250円〜300円
1000文字 → 500円〜600円
1500文字 → 750円〜900円
2000文字 → 1000円〜1200円
2500文字 → 1250円〜1500円

※文字単価はあくまで平均値であり、単価を決めるのは発注者(依頼主)です。

クラウドソーシングで文字単価を上げるコツ

やはり文字単価がダイレクトに収益に直結してきますので、WEBライターで大きく稼ごうと思うと文字単価を上げていく必要があります。

実際に私が文字単価0.2円から初めて[1文字3円]までに単価を上げることができた秘訣は下記の記事でまとめておりますので、お手隙の際にでもご覧になってみてください。

↓文字単価を上げるコツは体験談としてこちらにまとめております。

WEBライターを始めて私がよかったと思えること3つ

私がWEBライターを始めてよかったと思えることを共有させていただきます。

WEBライターのお仕事ってこんな素晴らしいんだ!と思っていただけたら幸いです。

その①|完全在宅ワークができるので場所に縛られないワークスタイルを実現!

WEBライターの一番の魅力はやはりお仕事をするにあたり場所を選ばないところだと思います!

実際に私は自宅かカフェでお仕事をしているのですが、旅行先でも移動中でもパソコンがあればどこでもできてしまいます。

一度経験してしまうと毎朝電車に乗って出社するワークスタイルに疑問が出てきます(笑)

その②|WEBライティングを0から学ぶことができ、文章を書くのが楽しくなった!

実は私、文書を書くのがすごく苦手で…小さい頃から読書感想文とか作文とかすごく嫌いだったんです。

そんな私が「WEBライターなんてできるのかな…?」と不安もありましたが、実際にお仕事をしていくうちに「書く楽しさ」や「クライアント様に喜んでいただける達成感」を知り、今では文章を書くのが大好きになりました!!

当たり前ですが、読書感想文や作文とWEBライティングの書き方は異なるので、型を知っておく必要がありますが、基本を知り練習していけば上達は十分に目指せます。

アンケートばかりやっていた私が言うのだから間違いありません!笑

WEBライターを始めたいけど、自信がないなぁ…

と思っていても大丈夫!!

あなたが思っている以上にWEBライターは楽しいしやりがいのある仕事ですので一歩踏み出してみてください!

その③|WordPressで本格的なブログを作れるようになった!

WEBライターを始めると最初はただ文書を書いていくだけなのですが、WordPressでクライアント様に見せる用のブログを持っておくと効果的です!

今まで無料ブログすらやったことなかったので、WordPressなんて私にできるのか…と思っていましたが、今お世話になっている「かくらぼさん」のサポートを受けて、ブログ未経験者の私でも0から立ち上げ方から使い方まで教わり、私のブログを作ることができました!!

WordPressで自分のブログを運営するのは1つの憧れだったのでとても嬉しい経験でした!

私以外にもWEBライターの方の体験談や感想は下記から見れますのでぜひチェックしてみてください!

WEBライターを始めた私が残念・悔しいと思えること2つ

次に良いこともあれば「残念だったこと」も当然あります。

どんな仕事でも良い点・悪い点はあるので、ここでは包み隠さずお話していきます!

その①|WEBライター未経験者は単価低い仕事が当たり前と勘違いしてしまう…

クラウドソーシングのWEBライター案件の単価は平均的に低いので「それが相場」と勘違いしてしまいます。

アンケート案件に比べたらもちろん高いのですが、「1記事300円か…」と考えてしまいますし、月に1万稼ごうと思うと単純に33記事ですし、なかなか厳しいなと思っちゃいます。

おそらくWEBライターは「単価が低い!」「辛い!」と嘆く方はクラウドソーシングの仕事しか見ていない方が多いと思います。」

クラウドソーシングのお仕事はずっとやるものではなく、あくまでWEBライターを始めるにあたってのファーストステップです。

ここで実績を積めば、高単価の案件サービス(ココナラなど)で効率よく稼ぐのが良いです。

ココナラだと1記事2000円、3000円とザラなのでクラウドソーシングの単価の10倍以上です。

↓それに関してはこちらで詳しくまとめております。

その②|もっと早く記事作成(ランディング)に挑戦しておけばよかった

アンケート案件を無駄に3ヶ月やっていたせいで本番の記事作成のスタートが遅れてしまいました。

おそらく初月からしっかりやっておけば、3ヶ月あれば月に1万以上は稼げたのにそのチャンスを自ら逃してしまったことが残念でなりません。

おそらく私と同じように初心者の方はWEBライターの仕事にハードルを感じていらっしゃると思いますが、私の経験から言えることは「できるだけ早く一歩を踏み出した方が有利」だということです。

WEBライターは経験してナンボなので、アンケートなどの簡単な仕事だけだとスキルアップは難しいので、できる限り早く始めの一歩を踏み出してください!

WEBライターを始めるあなたへ|事前に知っておくべき&解決しておくべきお悩みと疑問

最後にWEBライターをこれから始めたいと思っている方へ、私が実際に始めるときに悩んでいたことや疑問点などをまとめてみました!

実際に私の体験をそのままご共有させていただきますので、参考になれば幸いです!

その①|WEBライターを始めるにあたり必要なスキルや資格、経験、実績は必要なのか?

一番悩むポイントなのかなぁと思うのがこれ。

「WEBライターを始めるにあたりスキルや資格、経験、実績は必要なのか」

ということ。

結論:不要です。
先にも書きましたが、必要なのはパソコンとネット環境、日本語をタイピングできればOKです。
そもそもWEBライターを始める方の9割以上がスキルや実績は持っていません。
多くの方は実践していく中でスキルや経験を身につけていくので、みなさんゼロスタートです。
実際に私もなんのスキルも経験もありませんでしたし、むしろ「ライティング苦手…」というマイナスからのスタートでしたので心配しなくていいですよ!

その②|WEBライターを始めるにあたりどんなパソコンを買えばいい?機種(Mac、Windows)や値段、機能

どんなパソコンを買えばいいのかもすごく悩むポイントですよね。

全員が全員ではないと思いますが、おそらくWEBライターをこれから始める人、始めて間もない人のパソコン事情として

機種:MacでもWindowsでもどちらでもOK

値段:5万〜10万くらい(ただ文字を書くだけなので高機能なパソコンは不要です)

機能:特に必要なし

こんな感じでしょうか。
WEBライターのお仕事って普通に文字をタイピングできたらいいので、特殊な機能は必要ないんですね。
ですので、「この機能が必要!!」というものはありません。
ただ2万円前後のものはネットのスピードがめっちゃ遅かったり、フリーズしやすいので安すぎるパソコンはやめた方がいいかなと思います。

その③|スマホやタブレットだけでWEBライターを始めることができるのか?

これも多い疑問かなと思います。

「スマホやタブレットだけでWEBライターができるのか」

これはアンケートなどの簡単なお仕事であれば問題ないですが、文字数が多い記事作成などはやはりパソコンがあった方がいいです。

というのもパソコンでタイピングする方が圧倒的にスピードが速いからです。

1日に2記事以上する場合、スマホやタブレットだと結構大変なので、パソコンを使った方がいいです。

その④|WEBライターを始めるにあたり本で学んでからやるべきか?

日本人特有なのかもしれませんが、理論>>>>実践の方が多いんです。

結論:本で学んでからではなく、いきなり実践でOK

なんです。

別の分野で例えるとわかりやすいかもですが、英語の参考書をずっと睨めっこしていても一向にスピーキングは上達しませんよね?

英語を話そうと思ったら、留学したり、英会話スクールに通ったり、「話すという実践」をした方が上達は速いです。

本で学ぶことは悪いことではありませんが、それと同時に実践もやっていくことをお勧めします。

一応、こちらで「これだけ読んでおけば間違いない!」と思うWEBライターに役立つおすすめ本をまとめておきます。

その⑤|WEBライターを始めるに先生(メンター)やスクールに通うべきか?

これに関しては、自分がどのステージまで行きたいかによると思います。

仮に月に1万〜3万くらい稼げればいいというのであれば、クラウドソーシングをがむしゃらにやっておけばどうにかなるので必ずしも必要とは言えません。

ですが、短期間で月10万、20万、年間で7桁を目指すのであれば、私個人的には先生に学んだ方が早いのでおすすめします。

実際に私も月に1万くらいで停滞していた時に先生に学んだことで、短期間で成長することができたので、自分が目指したいステージが高いのであればその道のプロから教わった方が早いでしょう。

 

※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。

※本メールセミナー及びメールマガジンは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

>高単価WEBライター無料オンライン講座

高単価WEBライター無料オンライン講座

<お気に入りのカフェや自宅のリビングをあなた色の自由なシゴトバに彩る> 文字をお金に変え、感謝されながらあなたのペースで無理なく働く自由な365日を。 月1万→3万→5万→10万→...年間7桁以上を未経験から着実にスキルアップしながら目指せる “高単価WEBライター”という新しいワークスタイルを始めませんか?

CTR IMG