webライター 必要なスキル

知らないとヤバい!今後WEBライターの差別化に必要なスキル5選を徹底解説!

webライター 必要なスキルこれからWEBライターを始める方からすると「WEBライターにどんなスキルが必要なのだろう?」と思うでしょう。

また現在、WEBライターを始めている方は、今後のWEBライター業界や差別化に必要なスキルを考えていると思います。

この記事では、現役WEBライターの僕が、

今後も稼ぎ続けていために…WEBライターが取得すべきスキル

を徹底解説していきます。

もしかしたら、「そんなスキルまで必要なの!?」と思うかもしれません。

ですが、2022年以降、継続的に活躍し続けていくには正しいWEBライティングができるだけでは駄目なのです。

 

今後のWEBライターに必要なスキル①画像編集スキル
②動画編集スキル
③SEOタイトルの作成
④ディレクション
⑤統括リーダースキル

 

これらを選んだ理由は、

クライアントが望む最高の未来=自動化できるライターとの契約

だからです。

つまり、クライアントの思いとして、高単価を支払ってでもいいから、ワンストップで仕上げてくれるライターと契約したいと考えているのです。

ワンストップで任せられるライターがいないのならば、あなたがそこのポジションを狙えばいいだけです。

この記事では、より具体的に今後のWEBライターに必要なスキルに関して徹底解説していきます。

 

この記事を書いた人


KEISUKE

・WEBライティング歴8年目
・これまで数十個のWEBサイト運営、執筆は2000記事を超える
・企業のランディングページ制作(制作したLPからの売り上げは累計1億以上)
・集客ブログ構築(狙ったキーワードで1位を複数獲得)
・メルマガライティング400通以上
・延べ400名以上の会社員、主婦、ママにWEB副業・起業サポート
・100名以上を未経験から10万〜3000万以上の実績まで引き上げる

 

本題へ行く前に...

◎未経験からWEBライター始め方マニュアル
◎クラウドソーシングで実際に案件選びをやってみた![動画]
◎1年で250万稼いだ現役WEBライターが語る超実践法
◎優良案件と劣悪案件の見極め方の極意
◎文字単価0.5円から3円以上にする魔法

など表には出していない情報を含む
未経験から月10万稼ぐ具体的な方法は

「年7桁稼ぐ現役WEBライター5名」で作った無料オンラインプログラム

で解説しておりますのでご登録お忘れなく!

無料登録はこちらから

 
※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。 ※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

現在のWEBライターに必要とされているスキル

まず、現在のWEBライターに必要とされているスキルをお伝えしていきます。

【現在のスキル+α】が今後必要となるのだとお考えください。

①WordPressの基本的な操作

まずはWordPressの基本的な操作ですね。
昨今ではWordPressで記事を直接書く「直入稿」がスタンダードになりつつあります。

WordPress一択かというとそうではなく、クライアントによって変わります。

主に、

①WordPress
②Word
③Googleドキュメント
④テキストファイル
⑤ PDF

などの選択肢があります。

WordPressでサイトを作っている方が多いので、扱えた方が重宝されますし、案件の受注率も変わってきます。

▷WEBライターのWordPress事情は下記の記事で詳しく解説しております。

関連記事

断言します。 WEBライターはWordPressが使えないと稼ぐことが難しくなります。(ガチ)  この記事をご覧になってくださっている方の中で、 「WEBライター業務にWordPressの操作スキルって必要なの?」という方 「W[…]

webライター WordPress

②記事の装飾

2つ目に記事の装飾です。(主にWordPressを使用した場合)

この記事もそうですが、ただ文字を並べるだけではなく、ボックスやマーカー、関連記事の挿入など多くの装飾を用いています。

装飾はいわば「ファッション」です。

WordPressで文字入力=下着状態
記事を装飾する=おしゃれな洋服

とお考えください。

クライアントからすると、記事タイトルを渡して、ある程度の完成形で納品して欲しいのです。

その後で表現や構成の修正はあるものの、記事装飾まではライターに委ねたいのが本音です。

装飾に関しては、主観ではなく、クライアントの意向に沿ったデザインが望ましいです。

③フリー画像のチョイス

3つ目に、フリー画像のチョイスです。

このブログではあまりフリー画像(写真)は使っていませんが、記事内にフリー画像を入れる構成は主流です。

ですから、文脈や構成に合った画像をチョイスできるスキルは必要なのです。

例えば、【WEBライターの稼ぎ方を解説】という見出しの下にこのようなフリー画像はどう考えてもマッチしていないですよね。

webライター 必要なスキル

全くWEBライターにかすっていないですし、読者からすると「なんで?」と疑問に思うでしょう。

【WEBライターの稼ぎ方を解説】という文脈をイメージに落とし込むと、

・カフェや自宅で仕事をしているイメージ
・お金が増えるイメージ
・パソコンを操作しているイメージ

のいずれかが伝わる画像を入れた方がいいでしょう。

webライター 必要なスキル

画像がなんでも言いわけではなく、記事の文脈や構成に合わせてチョイスしていく必要があります。

今後、差別化に必要となるWEBライタースキル

さて、ここから今後(2022年以降)必要となるWEBライタースキルをご紹介していきます。

もしかしたら、「そんなスキルまで必要なの!?」と思われるかもしれません。

 

ですが、

 

圧倒的な差別化を目指し、高単価案件をスムーズに継続受注したいのであれば、身に付けるべきスキル

だと考えています。

周りがやらないことをするから、差別化になるのであって、周りと同じ思考や行動を取っていてはいけません。

今すぐにできるようにならなくても良いので、頭の片隅に入れておいてください。

①画像編集スキル

webライター 必要なスキルまず画像編集スキルです。

画像編集と言っても多岐に渡るので、WEBライターに必要なのは「アイキャッチ画像の編集」「インサート画像の編集」です。

インサート画像というのは、文脈をより理解しやすいように記事内に挿入する画像のことです。

この記事の見出しの下に入れているのがそれにあたります。

今ではただの文字の羅列でユーザー満足度を上げることは困難です。

文字に加え、画像や動画、音声など視覚的かつ聴覚的にアプローチしていく必要があります。

実際、記事内に画像や動画を入れた記事の方が上位表示もしやすく、ユーザー満足度も高いデータが出ています。

②動画編集スキル

webライター 必要なスキル次に動画編集スキル。

最近のYouTuberのような凝った編集ではなく、スマホで撮影した動画にBGMやテロップを入れた簡単な動画編集でOKです。

例えば、化粧水のまとめ記事を書くとします。

主に化粧水のまとめ記事では価格や口コミ、販売サイトなどを商品ごとに記述していきます。

ひと昔まではそれでよかったのですが、昨今では「ユーザー体験-UX」が重要視されているのです。

 

つまり、記事コンテンツを通じて、

まるで体験したかのような感覚を価値として提供すること

です。

 

化粧水にUXの概念を入れた場合、どのような見せ方ができるかと言うと、

①実際に手に取ってみた時の質感
②肌に馴染ませた時の感触
③色や香りなどの表現

が挙げられます。

実際に化粧水を手に取り、肌に馴染ませるという工程を動画でお届けすることで、ユーザーが体験したかのような感覚になるのです。

商品の場合、体験価値が購買率に直結します。

文章だけよりも、文章+画像&動画の方がより魅力的な価値を届けることができるのです。

③SEOキーワード選定&タイトルライティング

webライター 必要なスキル3つ目に、SEOのタイトルライティングです。

WEBライティング案件の大半は指定された記事タイトルに沿って執筆します。

これをライターがジャンルやサイトコンセプトから、キーワードを選出、そしてタイトル作成、記事作成とワンストップで行うようになれば最強です。

クライアントは、ライターに記事執筆を依頼するものの、完全なアウトソーシングではありません。

なぜなら、記事作成の3つのステップの内、

①キーワード選定
②タイトルライティング
③記事作成

①と②は自社で対応しているからです。

ですから、もし①〜③を丸投げできるライターがいたら、高単価でも依頼したいと思うでしょう。

④ディレクション

webライター 必要なスキル4つ目に、ディレクションです。

基本的にWEBライターは、クライアントの指示に沿って記事作成をしていきます。
言ってしまえば、「受け身業務」なのです。

そこで、ライター自身も当事者意識を持ち、アドバイスを受けるだけではなく、ライター目線から提案できるスキルはあった方が良いです。

クライアントとライターの両者がしっかり意見を交わすことで、記事のクオリティは格段に上がります。

勘違いをしないでいただきたいのですが、ディレクション=命令する、相手の意見を聞かないという意味ではありません。

クライアントの提案に対して、こうした方がより質が上がるのではないかという提案です。

主観と主観をぶつけ合って喧嘩することではありません。

⑤統括リーダースキル

webライター 必要なスキル5つ目に、統括リーダースキルです。

これは、あなたが1つのサイトの統括リーダーとなり、クライアントの代わりにWEBライターとやり取りをしていくポジションにあたります。

ですので、クライアントとライターの間に入る形となります。

④のディレクション業務ができるようであれば、統括もできるようになります。

このポジションになると、執筆業務ではなく、記事の添削サポートや方向性の提案が主になってきます。

1記事いくらという世界から月契約で固定報酬になることも珍しくありません。

クライアントが望む最高の未来:自動化できるライターとの契約

記事冒頭でもお伝えしたように、クライアントが望む最高の未来は全ての業務を丸投げし、自動化してくれるライターと契約することです。

業務をワンストップで行うことは決して簡単ではありません。

今回ご紹介した5つのスキルは必ず必要となってきますし、クライアントによってはそれ以上のスキルを求めているかもしれません。

ですが、ただWEBライティングだけを極め、稼ぎ続けるのは限界がきます。

なぜならば、WEBライティングスキルは継続すれば、普通に誰でも上達するからです。

今後WEBライターが増えていけば、必ずと言って良いほど、ライティングスキルだけでは差別化ができなくなります。

そうなる前に、今から虎視眈々と未来のハイスペックWEBライターになる準備をしておくことをおすすめします。

 

※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。

※本メールセミナー及びメールマガジンは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

>高単価WEBライター無料オンライン講座

高単価WEBライター無料オンライン講座

<お気に入りのカフェや自宅のリビングをあなた色の自由なシゴトバに彩る> 文字をお金に変え、感謝されながらあなたのペースで無理なく働く自由な365日を。 月1万→3万→5万→10万→...年間7桁以上を未経験から着実にスキルアップしながら目指せる “高単価WEBライター”という新しいワークスタイルを始めませんか?

CTR IMG