朗報!記事の「まとめ書き」は不要です。読者はまとめを読みたくありません。

記事構成を考える際に、「まとめ書きどうしようかな。」「書き方とかイマイチだし。」「毎回、最後の最後で時間かかるんだよな。」とお悩みでしょうか。

まとめ書きで悩めるあなたへ朗報です。

記事の最後の「まとめ書き」は不要です。

ですから、今日から「まとめ」を考えるために悩む必要はありません。

なぜまとめが不要かと言えば、

読者は「まとめ」を読みたいのではなく、「悩みの答えが書いてある箇所」を読みたいからです。
なぜ読者はわざわざ検索をして記事を読むのですか?
悩みを解決したいからです。

 

ユーザーが検索する意図は「悩みを解決するため」であって、「まとめを読むため」ではありません。

極論、検索するキーワードに対する答え=解決策がわかった時点で、その記事はいい意味で用済みなのです。

わざわざまとめを読むことはありません。

あなたが記事ライティングですべきたった1つのことは、まとめ書きで悩むことではなく、「悩みの答え」を記事冒頭で提示し、いかに早く記事を閉じてもらうかを考えることです。

命をかけるべきはこのポイントです。

 

この記事を書いた人


KEISUKE

・WEBライティング歴8年目
・これまで数十個のWEBサイト運営、執筆は2000記事を超える
・企業のランディングページ制作(制作したLPからの売り上げは累計1億以上)
・集客ブログ構築(狙ったキーワードで1位を複数獲得)
・メルマガライティング400通以上
・延べ400名以上の会社員、主婦、ママにWEB副業・起業サポート
・100名以上を未経験から10万〜3000万以上の実績まで引き上げる
本題へ行く前に...

◎未経験からWEBライター始め方マニュアル
◎クラウドソーシングで実際に案件選びをやってみた![動画]
◎1年で250万稼いだ現役WEBライターが語る超実践法
◎優良案件と劣悪案件の見極め方の極意
◎文字単価0.5円から3円以上にする魔法

など表には出していない情報を含む
未経験から月10万稼ぐ具体的な方法は

「年7桁稼ぐ現役WEBライター5名」で作った無料オンラインプログラム

で解説しておりますのでご登録お忘れなく!

無料登録はこちらから

 
※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。 ※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

記事構成=結→承→転でOK!まとめ書きは不要です。

正しい記事の書き方に、起承転結ではなく、先に結論を書いてから、理由と具体例を書きましょう!

という教えがあります。

すごく正しいです。

僕もこの教えのもとライティングを実践しています。

ですが、たまに、

結論→理由→具体例…→結論

で書きましょう。という教えを見かけます。

個人的な見解ですが、結論=悩みの答えを伝えた後で、再び最後に復習する必要はあるの?

と思うわけです。

ちょっと考えてみてください。

 

結論!ドーーン!

(読者:これが悩みの答えか…なるほど!)

理由!ドーーン!

(読者:こういう理由でそうなるのだな!)

具体例!ドーーン!

(読者:具体例もあって納得!ありがとう!)

 

結論→理由→具体例の順番でしっかり構成してあげれば、読者は満足してくれます。

この状態でさらに結論を出す必要は必ずしもないのです。

あなたはデザートの後にメインディッシュを食べたいですか?

最後にまとめを持ってくるということは、美しく構成されたコース料理の後にA5ランクの和牛ステーキを出されるのと等しいのです。

このシーンを想像してあなたのお腹はなんと言っているでしょうか。

「く、くるし..い…もう要らん。」

ではないでしょうか。

もうメインディッシュ=検索の答えは出ているのに、最後に再び出す必要性はないのです。

まとめ書きは記事の大事な構成の1つだと考える方もいますが、僕はそうは思いません。

なぜなら、僕はまとめを読まないからです。

記事の中で読む箇所はたった1つ。

「自分が納得する検索の答えが書いてる部分だけ」

です。

まとめ書きを考えるより、イントロで簡潔に答えを書くことを考える!

まとめを絶対に書くな!と言っている訳ではありません。

さらっと書いて終われるならそれも正解です。

ただ、永遠とまとめ書きの構成に時間を費やすくらいなら、いかに「イントロ(序文)で適切な答えを表現できるか」を考えた方がいいです。

まとめ書きを意識する人ほどイントロはさらっと書き、本文をガッツリ…最後にまとめで悩む方が多いように思えます。

まとめは必ずしも必要なパーツではありませんので、ここで悩むなら捨ててしまいましょう。

読者が必要としているものは「まとめ」ではなく、「悩みの答え」なのですから。

 

※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。

※本メールセミナー及びメールマガジンは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

>高単価WEBライター無料オンライン講座

高単価WEBライター無料オンライン講座

<お気に入りのカフェや自宅のリビングをあなた色の自由なシゴトバに彩る> 文字をお金に変え、感謝されながらあなたのペースで無理なく働く自由な365日を。 月1万→3万→5万→10万→...年間7桁以上を未経験から着実にスキルアップしながら目指せる “高単価WEBライター”という新しいワークスタイルを始めませんか?

CTR IMG