タグベージ

投資信託

元銀行員が激白…知らずに払わされてる「投資信託&保険の見えない手数料」

最近は、銀行の窓口で様々な金融商品を販売しています。円預金には手数料はかかりませんが、外貨預金や投資信託など購入時に手数料がかかる商品も多くあります。 投資信託や株式などの直接払う手数料(見えるコスト)より、保険や債券などの間接的に負担する手数料(見えないコスト)の方が大きいケースもあります。

ついに積立NISA創設⁉︎ 「老後資金を有利に貯める為」知っておきたい

現在は20歳以上が対象の「現行NISA(非課税期間5年、年間投資上限額120万円)」と未成年者が対象の「ジュニアNISA(非課税期間5年、年間投資上限額80万円)」がありますが、新たに2018年1月から「積立NISA」が加わりそうです。 使い勝手の良い制度ですのでポイントを確認しておきましょう。