接客が苦手な人におすすめの「人と関わらない仕事」を厳選

接客の仕事をしている方は、世の中にたくさんいらっしゃると思います。

サービス業において接客はなくてはならないものだと思いますが、中にはお客様の対応にストレスを感じていたり、不満を抱えている方も多いのではないのでしょうか?

そんなストレスや不満に体調を崩してしまったり、転職を考えている方も少なくないかと思います。

また、これから仕事を始める方も、接客には自信がない、できれば人と関わらない仕事がやりたいと思っている方もいらっしゃるかと思います。

そんな方たちに向けてこの記事では、

  • 人と関わらない仕事の厳選
  • 接客が苦手な人の特徴と解決策

これらに焦点を当ててご紹介していきたいと思います。

今の仕事に悩みを抱えている方、次の仕事は人と関わらない仕事をしたいと考えている方の参考になれば幸いです。

人と関わらない仕事の厳選

ここでは、接客が苦手な人におすすめの人と関わらない仕事をご紹介します。

働く以上、取引先の人や職場の人と話す機会をゼロにするのは難しいですが、人間関係やコミュニケーションが苦手な方に向けた、なるべく人と関わらない仕事から厳選してご紹介します。

これから転職を考えているという方のために参考になれば幸いです。

①スーパーの品出し

仕事内容

スーパーの品出しとは、入荷した商品を棚に陳列していく仕事です。

他には、賞味期限が迫った商品に割引シールを貼ったり、棚の商品の整理をしたりすることもあります。

 

おすすめの理由

自分の担当のエリアを任されれば、基本はそこからあまり動きませんし、まれに商品の場所について聞かれることもありますが、自分のエリア内なら自然と場所を覚えていきますので特に問題ないかと思います。

レジ打ちや販売業などと比べると、人と関わることが少ない仕事です。

②清掃業

仕事内容

清掃業は、オフィスビルや商業施設、公共施設など、様々な場所で清掃をおこなう仕事です。

掃除機や雑巾を使って清掃をすることもあれば、専用の道具を使って清掃することもあります。

 

おすすめの理由

まれに大型施設の清掃の場合は何人かのグループで行動することもありますが、作業自体は自分の与えられた場所を黙々と清掃することになります。

自分のペースで黙々と作業しますのであまり人と関わることがありませんし、残業もほとんどない場合が多いのでおすすめと言えます。

③工場作業員

仕事内容

工場では、

・荷物を運搬するトラックドライバー

・トラックから運ばれた荷物をフォークリフトで運ぶフォークリフトオペレーター

・ベルトコンベヤーから流れてくる品物を組み立てたり振り分けるライン作業員

・棚から商品を探しだしてくるピッキング

・物をあるルールに従って仕分ける仕分け作業員

など多岐に渡ります。

 

おすすめの理由

中には専門的な資格が必要な仕事もありますが、基本的には自分が担当する作業を黙々とこなしていきます。

ずっと立ちっぱなしの仕事もあれば、椅子に座ったまま作業する仕事もあります。

多くの場所で求人を募集していますので、自分の好みや住んでいる場所に合わせて選ぶことができるのも魅力です。

④ゲームテスター・デバッガ―

仕事内容

発売前のゲームをプレイし、動作不良やバグを見つけて報告する仕事です。

様々なシチュエーションで様々な動作を確認し、変な挙動はないか、異常が発生した場合は発生した状況や原因などを細かく報告しなければなりません。

 

おすすめの理由

作業中はひたすらゲームプレイに集中してできるので、一人で黙々と作業するのが好きな人、ゲームやアプリが好きな人にはおすすめの仕事です。

⑤Webライター

仕事内容

Webライターは、Webメディア上に掲載される文章を書く仕事です。

商品のレビュー、比較サイト、お役立ちコンテンツ、商品の販売促進ページなど、様々な文章作成があります。

 

おすすめの理由

パソコンさえあればどこでも作業ができるため、在宅ワークや副業としても人気があります。

初期費用もかからず、経験を積めばキャリアアップも可能なため、人と関わりたくない人以外にもおすすめの仕事といえます。

⑥Webデザイナー

仕事内容

Webデザイナーは、Webサイトやホームページの作成をする仕事です。

ホームページを構成するhtmlやCSSはもちろんのこと、掲載する画像を作るデザインスキルや色彩感覚、動画などの動くコンテンツを作るJavaScriptなどのスキルが必要になります。

Webサイトを作るだけではなく、管理や更新業務なども仕事になります。

 

おすすめの理由

こちらの仕事も基本的には個人での作業になります。

企業であれば、コーダー1人、ライター1人、デザイナー1人というように、何人かで担当を分けて1つのWebサイトを作り上げるところもあります。

進捗や打ち合わせ以外は、自分の作業に集中するため、人と関わることが少ない仕事と言えます。

接客が苦手な人の特徴と解決策

接客業に向いていない性格

接客業は学生のアルバイトでも人気が高く、多くの人が経験しているように思え、誰でもできそうという簡単そうな印象を受けます。

しかし、実際はたくさんのことを覚えながら、お客様によって臨機応変に対応しなければならない大変な仕事です。

急に呼び止められたり、不測の事態が発生し柔軟に対応しなければならなかったりと、教えてもらった内容と違ったり、マニュアル通りにはいかないこともたくさんあります。

その中で、やはり個人差や性格によって向き不向きが出てしまいます。

どんな性格の人が接客が苦手だったり接客業に向いていないのか、共通する性格についてまとめてみました。

接客業に向いていない性格

①コミュニケーションが苦手である
②せっかちや短気である
③自己中心的である
④マルチタスクが苦手である

①コミュニケーションが苦手である

接客業でツラいこととして、コミュニケーションが苦手というのが一番多くあげられるでしょう。

接客とはその名の通り、お客様と接して要望を聞き出したり、悩みを解決してあげなければなりません。

コミュニケーションが苦手だと、相手と上手くやりとりができなかったり、言っている意図が理解できず、仕事が円滑に進まず迷惑をかけてしまったり、相手を怒らせてしまうケースもあります。

また、口下手の場合だと、お客様の質問に咄嗟に切り返すことができなかったり、お客様の要望に応えられなかった場合でも妥協案を提示するといった、その場その場の判断や応対ができずに苦労する場合があります。

②せっかちや短気である

接客業はその性質上、どうしてもお客様が優先になってしまいます。

自分が何か作業をしていても手を止めなければならなかったり、お客様が待ってほしいと言われたら待たなければなりません。

このような自分が主導権を握れず、自分の都合や自分のペースで作業をしたい人にとっては、ついイライラしたりカッとなってしまう可能性があります。

③自己中心的である

向いていない性格②で、どうしてもお客様中心になってしまうとお話ししてきました。

それはつまり、自己中心的な性格な人も向いていないということになってしまいます。

自己中心的な性格の人は、自分がやりたいことを優先したり、感情的になってしまう傾向が強いです。

こういう人は融通がきかない人が多く、相手の要望やお客様のタイプによって臨機応変に対応することが難しいです。

お客様の希望や言う事を最優先にしなければならない接客業は、自己中心的な性格や考え方を持っている方には向いていないと言えます。

④マルチタスクが苦手である

マルチタスクとは、複数のことを同時に考えながら処理する能力のことを言います。

接客業は接客するだけが仕事ではなく、他のことをしながら接客する場合がほとんどです。

しかし、お客様はこちらの都合など関係なく呼び止めたり、質問をしてきます。

マルチタスクが苦手だと、接客に集中し過ぎて他の業務が終わらなかったり、どこまで仕事をやっていたか忘れてしまった、という事態が発生します。

一つのことに熱中しがちな人は接客業には向いていないかもしれません。

接客業に向いていない人の解決策

接客に向いていない人はずっと悩みを抱えたまま仕事を続けなければならないのでしょうか?

自分は『接客は向いていない』と諦めてしまう前に、接客に向いていない人が悩んでしまった時にできる解決策をご提案します。

悩んでいる方は参考にしてみてください。

接客業に向いていない人の解決策

①商品やジャンルの知識を身につける
②誰かにそばについていてもらう
③仕事として割り切る
④転職する

①商品やジャンルの知識を身につける

接客業や販売業では、その商品や業界の知識が乏しいと、お客様に質問されると上手く答えられないかもしれないと委縮してしまい、お客様のとの接触を避けてしまいます。

それではいつまで経っても接客に慣れず上達しません。

しかし、勉強して知識を身につけると、いつ質問されても答えられるという自信が身に付きます。

知識があると受け答えに余裕が生まれ、お客様の意図をしっかりと理解することができ、うまく対応できるようになります。

こうした経験が自信につながり、徐々に接客に対しての恐怖や不安が薄れていくという良い循環が生まれます。

②誰かにそばについていてもらう

先ほどお伝えした“慣れ”というものは非常に重要です。

コミュニケーションが苦手という人は、そもそも今まであまり人と接してこなかったのでしょう。

それを急に働きだした途端にできるようになれと言うのが無理のある話なのです。

誰かにそばについてもらえば安心感から余裕が生まれます。

何かわからないことがあればすぐに聞けば良いですし、対応を変わってもらうということもできます。

そうして、わからなかったところをフィードバックしてもらえば、次は一人で対応することができますし、回数をこなして体を慣らしていくこともできます。

近くにいる先輩や上司に協力を求めてみましょう。

③仕事として割り切る

働く以上は、ツラいことや大変なことはたくさんあります。

お互い人間ですので、どの職場にも合う人や合わない人がいます。

また、お客様の中にも理不尽なことを言われたり、気性が荒いクレーマー気質なお客様は一定数いらっしゃいます。

それらを全て受け止めていては誰も身が持ちません。

苦手は会社の人は必要以上に付き合う必要はありませんし、苦手だったお客様がいらっしゃったとしても、「こういう考え方の人がいるんだ」と俯瞰してみることで、嫌な気持ちから一歩距離を置くことができます。

仕事は仕事として上手く割り切る図太さも時には必要です。

④転職する

どうしてもツラいなら、思い切って転職する勇気も時には必要です。

いくつかの改善案をご提案しましたが、無理に我慢して体調を崩してしまっては元も子もありません。

前述した接客業に向いていない性格に当てはまるようでしたら、それはあなたのパフォーマンスを最大限に発揮できる仕事ではなかったということです。

自分から歩み寄ってみたり、改善する努力も必要ですが、限界を感じる前に思い切って転職しましょう。

接客が苦手な人のための人と関わらない仕事はたくさんある

ここまで接客が苦手な人の働き方や仕事についてお話ししてきました。

  • 人と関わらない仕事の厳選
  • 接客が苦手な人の特徴と解決策

今は働き方がたくさんありますし、転職も比較的しやすくなっています。

終身雇用の考え方も変わってきましたので、接客や人と関わる仕事が苦手な人は、思い切って転職をしてみても良いかもしれません。

 

※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。

※本メールセミナー及びメールマガジンは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

最新情報をチェックしよう!
>動画でWEBを学ぶワクワク7daysレッスン

動画でWEBを学ぶワクワク7daysレッスン

2万人以上の会社員・主婦・ママが未経験からWEBを学び「正しい方法」を身に付ける無料オンラインレッスン。今なら【具体的すぎてドン引きされたブログの教科書】をプレゼント中!!

CTR IMG