副業が会社にバレたら解雇は正当?法律違反?副業を認めさせる方法は

「副業をしているなんてけしからん!クビだあぁぁーー!」というセリフを聞いて、何となくその場面がイメージできますよね。 副業を禁止している会社は多く、会社が禁止している副業をしたために解雇されてしまうことがあると聞いてもそれほど違和感を感じない人は多いでしょう。…

セクハラを受けたら…「最も効果的な対処法は?」女性社労士のアドバイス

会社の上司や先輩から両肩に手をあてられて「頑張ってね」等、言われたことはありませんか? 何とも思わなければいいのですが、中には身体に触れられて不快になる人もいるでしょう。 不快になれば、それは「セクハラ」行為と言えます。 セクシュアル・ハラスメントとは セクハラとは、一番簡単に定義すれば…

会社が拒否したら法律違反!パートやアルバイトが有給休暇を取る方法

「パートやアルバイトには有給休暇はない」と思っている方、それは間違いです。 中には、会社から「パートやアルバイトには有給休暇はない」と言われて納得している人もいるかもしれません。 しかし法的には、パートやアルバイトにも当然有給休暇があります。 有給休暇とは…

配偶者控除見直しで主婦がピンチ!「パートVSフルタイム」どっちがお得?

いよいよ社会保険の適用拡大が実施されました。また、平成29年度の税制改正の目玉として「配偶者控除の見直し」が議論されています。さらに国民年金第3号被保険者の見直し案も。そこで将来を見すえてどのように働くべきか考えてみましょう。 配偶者控除の見直しとは?…

年収130万円以上で扶養を外れても得する配偶者控除と社保の考え方

2016年10月1日より社会保険の適用が拡大されました。 とはいえ、現状適用条件はいくつかありますし、社員数501人以上の事業所だけ。しかし、今後は小さな会社にも順次適用拡大されることは必須です。 そこで2つの視点から、「得する働き方」と「損する働き方」を見てみましょう。…

正社員なのに国保の理由は?健康保険・厚生年金がない会社とは

現在、”正社員”として雇われているみなさんは、社会保険に加入していますか? 「え?正社員なら社会保険の加入は当たり前でしょ……。」と思うかもしれませんが、実際はそうではありません。これは、社会保険未加入の脱法会社だからだけではなく、合法的に未加入で問題がない会社もあります。…

パワハラで精神に障害が…労災は適用できる?傷病手当で済ませる?

叱り方がパワハラに 最近よく話題にあがる職場のパワーハラスメント。パワハラとは、簡単に言ってしまうと「職場におけるいじめ」。 職場において、上司に叱られることはよくあることかと思います。しかし、問題はその叱り方です。 自分だけいつも叱られている…

年金保険料が払えない…30歳未満が使う若年者納付猶予制度とは

国民年金は、日本国内に住んでいる20歳から60歳になるまでの全ての人が加入する義務があります。 それゆえ、お金がなくて保険料を払えないから加入しないというわけにはいかないのが現実です。また、保険料が未納だと障害を負った時に障害年金ももらえません。 保険料の免許制度は使い辛い…

正社員なら厚生年金と国民年金の両方から年金がもらえる

お給料から毎月引かれている厚生年金保険料。結構高いと思っている人も多いかと思います。実は厚生年金保険料といいながら、実際は国民年金保険料も足した金額なのです。 そう考えると「結構安いかも」となるのではないでしょうか? 年金の仕組み 年金の仕組みですが、 会社員や公務員 その配偶者 自営業者…