妻の確定拠出年金の掛金は夫の所得税控除対象になるorならない?

2017年から個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)の対象者が拡がりました。 そのため、わたしへの相談件数も増えたのですが、最も多く頂いた質問は「妻のiDeCoの掛金は、夫が所得控除を受けられる?」というものです。 さて、扶養される妻のiDeCoの掛金は、夫の所得税の控除対象になるでしょうか?…

個人型確定拠出年金、拡大へ!「自分でやるべき事」おさらい

2017年1月から個人型の対象者が拡大し、注目を集める確定拠出年金。しかし「自分で運用」とは、自分で何をするのかピンとこないという方も。 個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)の場合、金融機関(運営管理機関という)を選び、金融商品を選びます。このことを「自分で運用」と言っています。…

投資信託は短期よりも長期資金の方が儲かる!とは限らない理由

よく言われる「投資は長期資金で」「投資信託は長期で」という説明。正しくもあり、間違ってもあり。さてそのワケは? そもそも「投資」とは 投資は投機と違います。 「機」つまりタイミングを狙ったイチかバチかの取引は、「投機」。儲かる「瞬間」「タイミング」を見計らった取引です。…

投資信託初心者にありがち!銀行&証券会社まかせではダメな理由

ときに勘違い、「銀行の投資信託」とおっしゃる方がいます。 銀行で取り扱う投資信託は、銀行が「販売」しているだけ。銀行ではお客様の投資信託を「運用」しているのではありません。 銀行や証券会社は、投資信託の販売店 投資信託を一般の商品に例えると、銀行はその商品を棚に陳列し販売する販売店。…

投資初心者も5分でわかる!日経225とJPX日経400の違いとは

投資初心者だけでなく、投資に全く興味がない人でも、多くの人がニュースなどで「日経平均株価」という言葉は耳にする機会がありますね。 日経平均株価は、日本の代表的な上場会社の株価動向を表す指標の1つです。ちなみに、日本の上場会社は2016年度で3539社あります。 出典|上場会社数・上場株式数 |…

為替変動リスクとは?投資信託の為替ヘッジあり・なしのメリットデメリット

もしあなたが、「分散投資」の考え方を重視していれば、資産運用の手段の1つに投資信託を選ぶでしょう。 さらに、分散投資で投資信託の商品を選択するなら「どこの何にどう投資したいか」を考え、日本国内だけでなく外国の株式や債券なども含めた「国際分散投資」を検討するはずです。…

積立方式で投資信託を買う~ドルコスト平均法とは?

「2015年(平成27年)投資信託に関するアンケート調査」(一般社団法人投資信託協会)によると、30歳代以下の投資信託保有者の約3分の1が積立投資プランを利用していました。 これは前記事「若年層は投信積立、シニアは毎月分配型 ~投信協会アンケートより」でもご紹介いたしました。…

投資信託は本当に初心者向け?まず最初に投資信託を始める理由

お金の運用は安易な気持ちでうまくできるほど簡単なことではありません。そんな中、初心者でも始めやすいと言われるのは「投資信託」です。 ただ、「投資信託を始めようかな。」という物見遊山で投資信託の資料に目を通すと、「え……何これ難しい……。全然初心者向けじゃないじゃん」という声があるのも事実です。…

若年層は「投信積立」、シニアは「毎月分配型」を利用~投信協会アンケートより〜

「みんな、どんな運用をしているんですか?」相談などの現場で、よく質問されます。 一般社団法人投資信託協会から「2015年(平成27年)投資信託に関するアンケート調査」が公表されました。この結果では、年代別に特徴が浮かび上がります。私なりにまとめてみました。…

株式・投資信託は確定申告が必要?しなくて良い理由・した方が良い理由

確定申告の時期になりました。資産運用の初心者・初級者の方から、「株や投資信託をすると確定申告は必要ですか?」と質問されることがあります。 じつは、投資信託を買っただけ、積立てをしているだけという人は確定申告の義務はありません。では、どういう人が確定申告をしなければならないのでしょうか。…