個人型確定拠出年金、拡大へ!「自分でやるべき事」おさらい

2017年1月から個人型の対象者が拡大し、注目を集める確定拠出年金。しかし「自分で運用」とは、自分で何をするのかピンとこないという方も。 個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)の場合、金融機関(運営管理機関という)を選び、金融商品を選びます。このことを「自分で運用」と言っています。…

投資信託でよくある思い込み…「長期投資が儲かる」とは限らないワケ

よく言われる「投資は長期資金で」「投資信託は長期で」という説明。正しくもあり、間違ってもあり。さてそのワケは? そもそも「投資」とは投資は投機と違います。 「機」つまりタイミングを狙ったイチかバチかの取引は、「投機」。儲かる「瞬間」「タイミング」を見計らった取引です。…

投資ビギナーでも3分でわかる!「日経225と日経400」違いは何?

投資ビギナーの方でも、「日経平均株価」は耳にする機会があることと思います。 また、インデックスファンドを調べ始めると、種類がいくつかあることに気づくでしょう。 インデックスファンドには、最もメジャーな「TOPIX」型のほかに、「日経225」型や「JPX日経400」型があります。…

投資信託初心者が知りたい!何が違うの?「為替ヘッジ」ありorなし

同じ名前の投資信託に、為替ヘッジ“あり”と“なし” いざ、「投資信託で運用しよう」と調べてみると、あるわあるわ、莫大な種類の投資信託。さらによく見てみると、同じ名前の投資信託に「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」という2種類が存在する場合があることに気づくと思います。…

投資信託が為替で影響?基本からおさらい「為替変動リスク」って何?

「投資信託には為替変動リスクがあります」という説明を見たことがあるでしょう。 投資信託の値段(基準価額)が円で表示されているのに、なぜでしょうか。 まずは為替の基本から 為替は、円と米ドル、円とユーロ、米ドルとユーロといったように、異なる通貨を交換するときの取引値段です。…

積立方式で投資信託を買う~ドル・コスト平均法とは?

「2015年(平成27年)投資信託に関するアンケート調査」(一般社団法人投資信託協会)によると、30歳代以下の投資信託保有者の約3分の1が積立投資プランを利用していました。 これは前記事「若年層は投信積立、シニアは毎月分配型 ~投信協会アンケートより」でもご紹介いたしました。…

若年層は「投信積立」、シニアは「毎月分配型」を利用~投信協会アンケートより〜

「みんな、どんな運用をしているんですか?」相談などの現場で、よく質問されます。 一般社団法人投資信託協会から「2015年(平成27年)投資信託に関するアンケート調査」が公表されました。この結果では、年代別に特徴が浮かび上がります。私なりにまとめてみました。…