退職金に税金はかからない?確定申告は必要?退職所得控除の計算例

皆さんの会社には、退職金制度はあるでしょうか? 会社には退職金を支給する義務はありませんが、退職金制度がある会社は、決められたルールに基づいて退職金を支払う義務が発生します。 退職金は、ご褒美的な意味合いもあり、かなり税金面では優遇されているんです。 退職金にかかる税金について…

脱退しずらくなる?個人型確定拠出年金「メリットの影にある留意点」

来年から個人型確定拠出年金(DC)の対象者が拡大されます。専業主婦や公務員の人も対象になり、基本的に60歳未満の誰もが加入できるようになります。先日「iDeCo(イデコ)」という愛称も決定、どれくらい普及するかが楽しみなところです。 確定拠出年金から脱退一時金の受け取り要件…

NISAよりお得?確定拠出年金「主婦が加入前にチェックするべき項目」

来年の1月から、専業主婦やパート主婦(いわゆる国民年金の第3号被保険者)も確定拠出年金に加入できるようになります。 参照老後生活は自分で守る!“パート&専業主婦に自分年金がいい”理由」 今回は、加入する場合の留意点についてお伝えします。 確定拠出年金の税制優遇について…

覚えておきたい大事なこと、会社が倒産! 私の退職金どうなるの?

前回は退職金についてお伝えをしましたが、仮に会社が倒産し、もらえるはずだった退職金が支払われない場合どうなるのでしょうか? 「泣き寝入りするしかない・・・」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、一定の要件を満たす場合は、国の救済制度があります。…

退職金制度の確認方法と世間の退職金相場

最近は雇用情勢が改善し、就職氷河期の頃から比べるとずいぶん内定率も高くなり、売り手市場になりました。 契約社員(非正規社員)から正社員に転換してもらえるなど、正社員としてお仕事できる機会も増えているようですが、気になるのは賃金面などの待遇です。正社員になると退職金はもらえるのでしょうか?…

【退職給付金】一時金と年金、あなたはどちらで受け取るべきか

会社の退職給付制度は会社によって異なりますが、退職金として一時金で受け取る方法と年金として受け取る方法の選択制になっているところもあります。どちらで受け取りをすると得なのか、気になるところです。 今回は、その判断ポイントをご紹介します。 使い道を考える…

厚生年金基金・・・結婚や出産、転職などで会社を退職した場合どうなるの?

厚生年金基金(以降、基金という)は「解散」や「代行返上」が急増していて、ピーク時は約1880もあった基金が、2015年3月末には444基金に減少しています。 今後もさらなる減少が見込まれますが、現在基金に加入している人が、中途で脱退するとどうなるのでしょうか? 基金への請求漏れは忘れずに!…

退職金を自分で運用?!自己責任型の確定拠出年金とは?

「確定拠出年金」という年金制度があることをご存知ですか? お勤め先に、この制度があるという人も多いのではないでしょうか。 確定拠出年金とは? 企業年金は、会社の退職金制度の一部で、年金形式で受け取りが選択できるものです。本人が希望すれば一時金でまとめて受け取ることもできます。…

老後の生活、公的年金だけでは大きく不足!退職金・企業年金の考え方

皆さんは、ご自分の老後の生活をイメージできますか? どこでどのような暮らしをしているか、そしてどれくらいのお金がかかるのか。 「そんな先のことを言われても・・・」という人が多いかもしれませんね。 老後にどれくらいのお金がかかる? では、具体的に一般的なケースでご紹介しておきましょう。…