スマホユーザーの約半数が陥っている!?スマホ中毒に関するアンケート

読了目安[ 5 分 ]

あなたの携帯電話はスマホ?それともガラケー?

今や当たり前のように、みんな持っている「スマートフォン」。普通に電話として使っているだけの人から、ネットにメールにゲームにと、ないと不安を感じてしまう人まで、その依存度は様々です。

今回は、そんなスマホの依存度に関して調査してみました。

アンケート回答者情報

本調査は、2017年9月にマネーゴーランド編集部が、お小遣いがたまるアンケートアプリ「サーチーズ」で実施したものです。(対象:全国の男女、回答数683名)

年齢 割合(n=683)
13〜19歳 6.3 %
20〜29歳 28.11 %
30〜39歳 27.53 %
40〜49歳 23.43 %
50〜59歳 13.18 %
60歳〜 1.46 %

約6割の人がスマホ依存症!?

自分自身のことを「スマホ依存症(またはスマホ中毒)」だと思いますか?

なんと54.61%の人が、自分のことをスマホ依存症だと感じているようです。約2人に1人の割合ですね。

機能が豊富で使いやすいことから、これまでパソコンで行っていたことのほどんどが、スマホで事足りてしまいます。その便利さゆえに、スマホに依存している人が多いのもうなずけます。

ただ、多くの人が、自分の依存度を自覚しているということが少し意外でした。

利用頻度第1位はやはり・・・

スマホアプリの中で、最も利用するものは何ですか? あてはまるものを、お選びください。

堂々の第1位は「Web検索・閲覧」36.75%

スマートフォンがスマートフォンたらしめている最大の機能が、インターネットでのウェブ検索や、ブラウザでのウェブページ閲覧ではないでしょうか。

この機能が充実したおかげで、情報の収集能力が格段に上がり、“インターネットはPCで楽しむもの”という常識を覆したといっても過言ではありません。

スマホの普及は、世代を代表するカルチャーと言えるのかも知れませんね。

第2位は「ゲーム」16.25%

これもガラケー時代から親しまれてきましたが、スマホになってコンシューマーゲーム顔負けのクオリティで楽しめるようになったことも、結果を後押ししたのではないでしょうか。

第3位は「メール・通話・チャット」12.45%

いわゆる“携帯電話としてのベタな使い方”が、ようやく3位にランクインしました。約13%の人がスマホを電話としてメインに使っているということですね。

逆に言えば、13%の人しか電話メインとして使っていないということです。

これはやはりガラケー時代に比べれば大きく変動した部分ではないでしょうか。

スマホが登場して約10年。日本における「ケータイ」の概念自体が大きく変わったことを物語っていますね。

第4位は「SNS・共有アプリ」12.15%

スマホ時代になって、回線スピードや安定性が向上したことで、「SNS・共有アプリ」は広く一般的に使われるようになりました。いまや1つの文化と言えるでしょう。

面白いのは、この 「SNS・共有アプリ」に関して、男性と女性で回答傾向が異なることです。

男性は6.98%で、最も利用するアプリの第4位でしたが、女性は16.23%で第2位でした。

女性にとってスマホは、コミュニケーションツールとしての役割が大きいのでしょう。

このアンケートでは扱いませんでしたが、スマホを使ってお小遣いを稼ぐこともできます。あなたはご存知ですか?下記の記事で詳しく説明していますので参考にしてください。
参考|マネーゴーランド – その“すき間時間”をスマホでお小遣いに換えるお金レシピ!

約60%の人がついついやってしまうこととは?

スマホの話題では切っても切り離せないのがこれ!! みなさん、何だと思いますか?

正解は、「歩きスマホ」です。

移動中に「歩きスマホ」をしますか?

なんと「よくする」「たまにする」の回答を合計すると60.61%、驚きの結果に!!


ついつい夢中になって、歩きながらもスマホを見たい気持ち。わからなくはないですが、周りの人の迷惑や、何より危険ですので、みなさんも気を付けてください。

3人に1人が1日も耐えられない

『スマホがない生活』に、あなたは何日耐えられますか?

あなたはスマホがない生活に何日耐えられますか?

なんとこの質問に対して、実に3人に1人(28.84%)が「 1日も耐えられない」という回答でした!

ちなみに一番多かったのが「1日くらい(29.72%)」。

「1日も耐えられない」と「1日くらい」を合わせると、およそ3人に2人がスマホ依存者と言えるかもしれません。まさに「スマホ中毒時代」と呼ぶにふさわしい数字ではないでしょうか?

あなたのスマホの価値は果たしていくら?

これまでの結果から、スマホの依存度が高いとわかったので、最後に少し面白いアンケート結果をご紹介します。

1週間、スマホを取り上げられたとします。もし『それ相応のお金を払ったら、スマホを返してあげよう』と言われたら、あなたはいくらまで払いますか?

最も多かった回答が、「~1千円まで」で32.5%。スマホに依存している割には、返してもらうために払う金額は、意外に渋めなんですね。

持ってると依存度は高くなるけれど、無かったら無いであきらめがつく、ということでしょうか?

少数派の意見ではありますが、な、なんと「10万円以上」という回答が 1.9%もあって驚きです。

スマホの価値は人それぞれ。また、お金の価値も人ぞれぞれです。

皆さんも、スマホへの依存はほどほどにして、時には「スマホのない生活」というものも体験してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。