お得に映画を見たい!映画料金が安くなる割引サービスや方法12選

読了目安[ 7 分 ]

ここ数年の映画事情は、「アナと雪の女王」「スターウォーズ/フォースの覚醒」「シンゴジラ」「君の名は。」「美女と野獣」など、普段映画を見ない人でも話題として聞くことが多く、つい映画館に足を運ぶという人も多いでしょう。

普段映画をよく見る人はご存知の通り、一般的な映画のチケット料金は大人1枚1800円です。この料金は、よく考えるとなかなかのお値段だと思います。

もちろん、「テレビで放送するまで待ってればいいじゃん!」という人もいますが、映画は旬ものです。大画面で映画を鑑賞し、流行りの映画の話題をすることでその価値は2倍、3倍にたかまります。

では、やっぱり1800円を払わなければ行けないかというと、賢い映画通で毎回1800円を払って映画を見ている人はいないでしょう。というのも、映画館には独自の割引サービスや様々な提携先との割引サービスがあるからです。

そこで今回は、少しでも安く、少しでもお得に映画を見るための方法をご紹介したいと思います。

お得に映画を見る方法1.映画館の割引デー活用

映画館には、さまざまな割引デーがあります。有名な割引は、ファーストデー、レディースデー、モーニングショー、レイトショーなど、他にもシニア割引、会員限定割引などもあります。

割引デー1.ファーストデー

ファーストデーとは、映画の日にちなんで毎月1日に大人料金1800円を1000-1100円にする割引サービスのことで、全国多くの映画館で実施しています。ちなみに、「映画の日」とは1896年12月1日に日本で初めて映画が一般公開されたことを記念した日です。

割引デー2.レディースデー

レディースデーとは、毎週特定の曜日(水曜日が多い)に女性限定で割引になるサービスのことです。レディースデーは割引率も高く、700-800円割引の映画館も少なくありません。

割引デー3.モーニングショー

モーニングショーとは、特定の時間(10時など)までにチケットを購入すれば、500円前後の割引をするサービスのことです。モーニングショーを実施している映画館の多くは、平日が多いと思います。

割引デー4.レイトショー

レイトショーとは、特定の時間(20時以降など)にチケットを購入すれば、500円前後の割引をするサービスのことです。レイトショーを実施していない映画館もありますが、ファーストデーの次に多い割引サービスでしょう。

割引デー5.シニア割引

シニア割引とは、特定の年齢(50歳以上など)の人がチケットを購入したときに割引が受けられるサービスのことです。映画館によって、夫婦で映画を見る場合にどちらかが50歳以上であれば対象になる割引サービスなどもあります(夫婦50割引が有名)。

割引デー6.会員限定割引

最近のシネコンは、会員になることで様々な特典が受けられる場合があります。その1つが会員限定割引です。会員になることで、特定の曜日に映画料金が割引されたり、ポイントを貯めることで映画を無料で見られるなどのサービスがあります。

たとえば、TOHOシネマズのシネマイレージ(ポイント)では、6回映画を見ると次の入場は1回無料になります。

お得に映画を見る方法2.前売券の購入

前売券は、映画の公開日前にチケットを購入することでチケット料金が1300-1500円ほどになる割引サービスです。映画館の窓口やオンライン販売、またコンビニなどで購入することができます。

前売券を買っておくことで、割引になるだけではなく、人気の映画でも販売窓口に並ばずに入場できるため、気になる映画がある人は以下のサイトなどで事前にチェックしておくと良いでしょう。

参考|映画前売券のことならメイジャー|映画前売券情報
参考|ムビチケガイド

前売券の販売は、基本的に特定の発売日から映画の公開初日の前日までです。そのため、映画内容などの評判を聞いてから購入することはできません。

また、前売券は映画の公開前でも売り切れてしまうこともあるため注意しましょう。

お得に映画を見る方法3.金券ショップ・オークションで購入

映画の前売券は非常にお得で便利なのですが、事前の映画のチェックを忘れてしまい、前売券が買えないこともあるでしょう。また、急に映画が見たくなることもあるでしょう。

そんなときは、金券ショップやネットオークションサイトで前売券を購入できる場合があります。

映画館割引サービスのファーストデー、レディースデー、レイトショーなどの日程が合わない場合は、金券ショップやネットオークションサイトで前売券の購入を検討してみてください。

お得に映画を見る方法4.試写会・上映会

試写会とは、映画館での公開前に映画の観覧希望者を特定の日、特定の映画館に無料(一部有料)で招待して、上映会を行うことを言います。

試写会には、一般試写会、マスコミ試写会、関係者試写会があり、一般試写会であれば応募対象になります。応募方法は、映画の広報サイトから応募したり、映画雑誌などについている応募ハガキを送るだけです。

新しい映画を無料で見られるのが試写会のメリットですが、試写会自体が広報イベントなので、映画の上映前に出演俳優が舞台挨拶をすることもあり、一度で二度美味しい体験ができるかもしれません。

もちろん、無料なので応募してもなかなか当たらない場合もありますが、当たったらラッキーくらいに思ってチャレンジしてみましょう。

試写会・上映会の情報は、ぴあでチェックすると良いでしょう。

参考|全リスト|映画試写会プレゼント|映画情報のぴあ映画生活

お得に映画を見る方法5.ショッピングモールの割引

ショッピングモール内の映画館(シネコン)では、映画館独自の割引サービスの他に、ショッピングモール独自の割引を展開している場合もあります。

たとえば、「一定額のお買い物をした場合に◯◯円の割引」「ショッピングモールの提携クレジットカード決済で◯◯円の割引」などです。

有名なところで言うと、イオンシネマでは、毎日20日と30日の月2回、イオンカードを提示すると映画料金の割引サービスがあります。

毎日20日と30日は、イオンでお買い物をするという主婦は多いでしょう。その際に、たまにはちょっとひと休み……ということで映画を見ても良いと思います。

イオンシネマの場合はイオンカードの提示だけで良く、決済は還元率の良い他のクレジットカードを使うことも可能です。

お得に映画を見る方法6.携帯電話のキャリア別割引

シネコンによっては、携帯電話のキャリアと提携して割引サービスを提供している場合もあります。もちろん、期間限定のサービスや時期によってサービスが変更される場合もあるため注意しましょう。

1.auスマートパス|TOHOシネマズ、ユナイテッド・シネマ、シネプレックス

TOHOシネマズでは、auスマートパス・ビデオパス会員限定で月曜日に大人1100円で映画を鑑賞できるサービスを展開しています。また、ビデオパス会員はポップコーンセットも半額になります。

ユナイテッド・シネマ、シネプレックスでは、auスマートパス会員は祝日を含む月曜から金曜において、いつでも大人1100円の特別価格で映画鑑賞ができます。

また、全国のユナイテッド・シネマ、シネプレックスとのタイアップとして、全国最大8000名規模のauスマートパス会員限定試写会も実施しています。

2.dポイントクラブ|イオンシネマ

イオンシネマでは、docomoのdポイントクラブサイトにあるクーポンを利用することで、毎週火曜日に大人1100円で映画を鑑賞することができます。

お得に映画を見る方法7.親子ペアチケット

子ども向けの映画限定ですが、親子の映画チケットがセットになった「親子ペアチケット」が発売される場合があります。

普通料金だと大人1800円、子ども1000円の合計で2800円ですが、親子ペアチケットなら大人1400円、子ども800円の合計で2200円になります。

ちなみに、子どもが小学生以上なら子どもだけで鑑賞という手もあります。暗い映画館で少し心配かもしれませんが、上映までの間であれば、係員に話して付き添い可能になることもあります。

もし子どもが2人いる場合は、親子ペアチケットに加えて800円の前売券1枚を別に買い足しましょう。

たまにはふらっと見る映画も乙なもの

日本の映画料金は世界で一番高いため、様々な割引サービスを駆使して、なるべく安くお得に楽しむようにしたいものですね。

ただ、ふらっと立ち寄った本屋で見つけた本に愛着を感じるのと同様に、何気なく街をぶらついている途中に、ふらっと映画館に立ち寄って、前情報がない中で気ままに映画を見るのもなかなか乙なものです。

人によっては「1800円もするのに、なんてもったいない映画の見方……。」という人もいるとは思いますが、人があまりいない映画館で自分の好きなように2時間ほどの時間を使うと、とても贅沢な気分に浸れます。

心に余裕があるときは、1度お試しください。何となく良さがわかってもらえるのはないかなと。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。