手作り節約ハロウィンパーティー!メイク・仮装も100円ショップで!

読了目安[ 8 分 ]

今や日本で当たり前に行われるようになったハロウィンですが、一般的に注目されて盛り上がりを見せたのは2010年ごろからです。

ハロウィン関連グッズ売上などによる市場規模は2011年が約560億円、2012年が805億円と急激に伸び、2013年には1000億円の大台に乗り、現在も伸び続けています……と言われてもピンと来ない人もいるでしょう。

ちなみに、ハロウィンに全く興味がない人でも、バレンタインデーは意識したことがありますよね?今、ハロウィンとバレンタインデーの市場規模は抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り広げている最中です。

参考|一般社団法人 日本記念日協会

ここまで聞くと、何だかハロウィンイベントを楽しまないと損な気もしてきます。とは言え、あんなに本格的な仮装をして渋谷の街中に出ていくのはなかなか抵抗がある人も多いはずです。

そこで、まずはハロウィン気分を味わうために、お手軽低予算な100円ショップを使ったハロウィン仮装、お家でのハロウィンパーティーの方法を知って、少しずつハロウィンを楽しめる土台を作っていきましょう。

今回は、お家で子どもや同級生、ママ友たちとできるハロウィンパーティーについてお話します。

ハロウィンの起源と日本のハロウィン

ハロウィンとは、もともとヨーロッパの収穫祭であり、10月31日の夜にやってくる悪霊から身を守るために仮面をかぶり、悪霊追い払うことを目的とした宗教的なイベントでした。

その後、ハロウィンはアメリカに伝わり、ハロウィンのシンボルである「ジャック・オー・ランタン」などを使った子ども向けのイベントに変わっていきました。

アメリカのハロウィンはみなさんも知っている通り、ジャック・オー・ランタンを玄関や窓にかけておき、仮装をした子どもがその家に行って「Trick or Treat!」と言って驚かせ、いたずらをしない代わりにお菓子をもらうというものです。

仮装をした子ども=悪霊を追い払うためにお菓子をあげることで、1年を無事に過ごせるようにという意味があります。そのため、ハロウィンは悪霊を追い払うことがメインの目的です。

ところが、日本では仮装がメインになっています。しかも、悪霊のはずが、中にはスパイダーマンやマリオ、ティンカーベル、魔女の宅急便のキキ(魔女なので間違ってはいませんが……)など、「とりあえずハロウィンって可愛いコスプレすれば良いんでしょ?」と思っている人も多そうです。

このように、元々の文化を無視した風潮が嫌いという人もいますが、ハロウィンの経済効果は前述した通り1000億円を超えています。そのため、すでに文化云々よりも重要な経済効果をもたらしているとも言えます。

もちろん、ハロウィンが重要な経済効果をもたらしていても、わたしたちが何万円も使う必要はありません。では、どのように節約しながらハロウィンを愉しめば良いのでしょうか。

100円ショップでハロウィンコーディネート

できるだけ節約してハロウィンを楽しみたい人は、おうちでハロウィンパーティーがおすすめです。大手の100円ショップはハロウィン用の仮装グッズに力を入れているため、1人300-400円ほどで立派なハロウィンの雰囲気が作れます。

ハロウィンコーデ1.ワンピースの魔女コーディネート

・サテン系の赤色のシュシュ
・オレンジ色またはハロウィン柄の手ぬぐい・バンダナ
・魔女帽子
・ハロウィン柄ネイルシール

黒系のワンピースを自前で用意し、髪は赤色のシュシュで横に流した一つ結びにまとめます。首元は手ぬぐいまたはバンダナを巻いて、爪にはネイルシールを付け、ちょこんと魔女帽子をかぶれば、トータル400円で魔女コーディネートが完成します。

ハロウィンコーデ2.ゾンビ風・ドラキュラ風コーディネート

・タトゥーシール
・アイラインシール
・メイクシール
・つけまつ毛
・血のり
・ハロウィン使用の髪飾り(パッチン留めなど)
・付け八重歯
など

明確なコスプレではなくても、ハロウィンらしさを出したい場合は、服装を秋らしくして上記の小物をいくつかそれっぽく使ってみましょう。

目尻のデザインが凝ったアイラインシールに血のりや切り傷のメイクシール、クモの巣柄、ドクロ柄、ジャック・オー・ランタン柄などのデザインタトゥーシールを貼ってゾンビ風コーデ、付け八重歯でドラキュラ風コーデができあがります。

子どもの髪にはハロウィン仕様の髪飾りをするととっても可愛く仕上がります。

ハロウィンコーデ3.とりあえずハロウィンっぽいコーディネート

・ハロウィンカチューシャ(猫耳など)
・カボチャ型のナイロンバッグ
・マント
・お面
・ハロウィン柄缶バッチ
など

小細工すら面倒……とりあえずコスプレしておこう……という人は、身に着けるだけで仮装ができるハロウィンコーディネートを作りましょう。

カチューシャを頭につけ、マントを羽織り、お面をつけて、カボチャ型ナイロンバッグを手に持てば簡単ハロウィンコーディネートが完成します。服などにハロウィン柄の缶バッチをつければさらに雰囲気が高まります。

お手軽ハロウィンメイク

ハロウィンパーティーでは、普段のメイクではなくハロウィン風メイクに変えて雰囲気を出しましょう。

ハロウィンメイク1.セクシーなドラキュラ風メイク

セクシーなドラキュラ風メイクをすると、女子同士のハロウィンパーティーもママ同士のハロウィンパーティーも華やかに彩ります。

ベースはふだんよりも白っぽく塗って、血色が悪い感じに仕上げましょう。目元は黒のアイシャドウをたっぷりと塗り、スモーキーにします。まつ毛はハロウィン使用のつけまつ毛でぱっちり、ばさばさ仕上げよりもナチュラルが良いですね。

リップは、濃厚な赤やローズピンクでボリュームを強調して、同じ色で口の端から血を滴らせるのも忘れずに!青のカラコンを入れるとより本格的に仕上がります。

ハロウィンメイク2.キュートなネコメイク

魔女風メイクは難しくても、魔女のお供の黒猫メイクは簡単です。

普段のメイクに加えて、アイライナーを使ってヒゲを書き、鼻のてっぺんを黒く塗ります。さらに、アイラインで目元を太めにして、長くきっちりと跳ねあげて「ネコ目」を作ります。

リップはスモーキーな濃いめのローズピンクで、輪郭をきっちり取ってボリューミーに仕上げましょう。子どもにメイクしてもカワイさ抜群です。

ハロウィンメイク3.ネイルもハロウィンスタイル

簡単メイクを仕上げたら、ネイルも忘れないようにしましょう。100円ショップのハロウィン用ネイルシールは、安いのにクオリティが高くて可愛いと評判なので、ハロウィンが近づくと売り切れ続出です。そのため、見つけたら即買いが基本です。

ネイルのベースの色は、ジャック・オー・ランタンの濃いオレンジ色や闇夜の漆黒、ゴーストの白、魔女をイメージした紫や緑、血の赤などが良いですね。

楽しくできる節約ハロウィン料理

100円ショップで仮装グッズを揃えたら、あとはハロウィン用の料理を作ってハロウィンを楽しみましょう。

ハロウィン料理1.バナナとみかんで作るオバケ・カボチャのデザート

バナナにチョコペンで顔を描き、チョコチップで目をのせてオバケを作ります。みかんは皮をむいて、細く切ったセロリなどを挿せば、小さなジャック・オー・ランタンに仕上がります。みかんに顔を描いてもいいですね。

かんたんで大量に作れるので、子どもが大勢集まるハロウィンパーティーのデザートにぴったりです。

ハロウィン料理2.ハロウィンのスイーツスティック

ジャック・オー・ランタンやおばけなど、ハロウィンのおなじみキャラクターの形をしたチョコレートやマシュマロを買ってきて、一つずつカラフルに竹串に挿していきます。

可愛いデザインのコップや瓶などに入れて飾るだけで華やかさが増しますし、子どもも食べやすいのでおすすめです。

ハロウィン料理3.カボチャの肉詰めオーブン焼き

電子レンジで加熱して柔らかくしたカボチャの上部を切り、中をくりぬきます。くりぬいた部分には、ハンバーグの要領でタマネギを混ぜたひき肉を詰め、オーブンでこんがりと焼きます。

簡単なのに見た目のボリュームがあるので、メインにぴったりです。とろけるチーズをのせても美味しいですよ。

ハロウィン料理4.かぼちゃサラダのハロウィンパイ

パイシートにカボチャサラダをのせ、ジャック・オー・ランタンの顔をくりぬいたパイシートをかぶせ、オーブンで焼くだけ。
中に詰める具は、3と同じ要領でひき肉にしてもおいしいですね。

他にもかぼちゃで作るグラタンなどがあるので、以下を参考においしいハロウィン料理を作ってみてください。

参考|ハロウィンも節約!「かぼちゃとベーコンの簡単グラタン」74円レシピ

ハロウィン料理5.デリバリーもあり…

わたしも、小さな子を連れたママ友同士のハロウィンパーティーを何度かしたことがありますが、すべての料理を手作りするのはかなり手間です。

そのため、大人数が集まるのであれば、みんなで食べられるピザを頼むと手作りはサイドメニューに限定できます。お腹が膨れるポテトサラダやポテトフライ、から揚げなどのサイドメニューを自分たちで作れば、出費を抑えつつ豪華さを出せます。

から揚げに海苔で顔を描いてジャック・オー・ランタンにしたり、ポテトサラダにカボチャのマッシュを加えてオレンジ色を添えれば、ハロウィンっぽくなりますよね。

ハロウィンの時期はお家でできるハロウィンパーティー用のお惣菜がスーパーなどで売られていますが、お値段がちょっとお高めなので、そこは上記通り工夫した料理で節約を心がけてください。

100円ショップのハロウィングッズは500種類以上!

ハロウィンの時期にダイソー、セリア、キャンドゥなどの大手100円ショップに行けば、たくさんのハロウィングッズがあります。

もちろん、メイクや仮装用の衣装などのグッズが中心ですが、季節のインテリア小物やステーショナリー類、お菓子やプレゼントをラッピングするためのペーパーなど全て含めて、ハロウィン関連グッズは500種類以上もあります。

ハロウィンを楽しむために、本格的な仮装は必要ありません。街中に出て、知らない人とハイタッチしながら「ハッピーハロウィーン!」と言う必要はありません。

ささやかでも良いので、少々の飾り付けをして、せっかく毎年来るハロウィンを楽しむ工夫をすると、秋の始まりが楽しくなると思います。また、毎日見るスマホの画面をハロウィン仕様にしても、気分は高まりますよ。

参考|待ち受け画面でハロウィン気分!無料ライブ壁紙アプリときせかえテーマ

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。