衆議院解散の見通し!みんなの森友・加計学園問題への納得度と政治への興味

読了目安[ 6 分 ]

2017年前半の政治の話題というと、何を思い浮かべますか?

「不倫」や「不適切な発言で辞任」など、さまざまな話題が政治の中を駆け巡りましたが、やはり長期に渡って報道されている、「森友学園問題」や「加計学園問題」は印象に強く残っているでしょう。

これだけ毎日、政治のニュースが取り上げられれば、政治に対する国民の関心も、きっと高まったに違いありません。

そこで編集部では「森友学園問題・加計学園問題」をテーマの中心にすえて、20歳以上の男女にアンケート調査を行いました。


どちらも“学園”と名のつく報道だったので、念のため「森友学園問題」と「加計学園問題」の違いについて、おさらいしましょう。

森友学園問題:
大阪府豊中市の国有地が学校法人「森友学園」に小学校建設用地として評価額より大幅に安い価格で売却された問題

【森友学園問題】何が問題として指摘されているのか 主な焦点は「売買価格の正当性」(1/2ページ) – 産経ニュース

加計学園問題:
岡山市の学校法人「加計学園」が獣医学部を愛媛県今治市に新設することを国が認めた。この手続きをめぐって、加計学園理事長の友人である安倍首相、あるいは首相側近による不適切な関与があったのではとする疑惑が浮上した。

加計学園問題とは? これまでの経緯、浮上した疑惑を振り返る – HUFFPOST

アンケート回答者情報

本調査は、2017年8〜9月にマネーゴーランド編集部がお小遣いがたまるアンケートアプリ『サーチーズ』で実施したものです。(対象:20歳以上の全国の男女、回答数984名)

年齢 割合(n=984)
20~29歳 35.16 %
30~39歳 29.17 %
40~49歳 20.05 %
50~59歳 12.20 %
60歳~ 1.42 %

アンケートを回収した結果、回答者の割合は20代、30代、40代が中心となりました。スマートフォンを利用したアンケートのため、高年齢層の回答者は少なくなりました。

ですので、若者・働き手世代の意見が反映されたアンケート結果として、見ていくことにいたしましょう。

実は7割の人が政治に興味がある

アンケート回答者が政治に対してどのような関心を持っているのか、質問を投げかけてみました。

現在、「与党」と「野党」のどちらを支持していますか?

マネゴ総研 - 政治情勢に関するアンケート : Q1|現在、「与党」と「野党」のどちらを支持していますか?

与党を支持している人が20.43%、野党を支持している人が6.5%、どちらも支持していない人が45.53%という結果でした。一方で、政治に全く関心がないと回答した人が27.54%、およそ3割もいました。

裏を返せば、およそ7割は「支持する政党が有る無いに関わらず、政治には関心がある」ということが伺えます。

国民の5割が学園問題に納得していない

「森友学園問題・加計学園問題」は、国会での与党の対応に賛否両論がありましたが、「北朝鮮の核・ミサイル問題」もあり、次第にメディアの報道も少なくなってきました。

そんななか、衆議院解散総選挙の噂も流れ始め、「(森友学園問題・加計学園問題の)疑惑追及がウヤムヤにされかねない」と野党は批判をしています。※9月25日時点で解散表明がされる見通しとの報道がされました

そこで、これ以上追求する必要があるのかどうか、アンケートで確認してみましょう。「森友学園問題・加計学園問題」に関する与党の発言を見聞きして、納得できたかどうかを質問してみました。

「森友学園問題・加計学園問題」にあなたは納得しましたか?

マネゴ総研 - 政治情勢に関するアンケート : Q3|「森友学園問題・加計学園問題」に関する与党の発言を見聞きして、あなたは納得しましたか?

「あまり納得していない」「納得していない」の回答を合わせると、およそ6割に達しました。過半数以上の回答者が、納得のできる答弁ではなかったと答えています。

「森友学園問題・加計学園問題」と「北朝鮮の核・ミサイル問題」、今どちらを国会で取り扱うべきだと思いますか?

マネゴ総研 - 政治情勢に関するアンケート : Q4|「森友学園問題・加計学園問題」と「北朝鮮の核兵器問題」という2つが、いま議題にあがったとしたら、どちらを国会で取り扱うべきだと思いますか?

国会の論点として「森友学園問題・加計学園問題」と「北朝鮮の核・ミサイル問題」のどちらを取り上げるべきかを質問したところ、北朝鮮の核兵器問題と回答した人が83.84%でした。

実はもう少し深く見てみると、そのうち、49.18%に当たる人が「森友学園問題・加計学園問題」には納得していないと回答しています。

納得してはいないものの、命・生活に直接関わる可能性がある問題について、議論して欲しいと思うのは当然でしょう。

北朝鮮の核・ミサイル問題が落ち着いたら、野党による再追求があるかもしれませんね。

与党がダメでも野党はもっとダメ

そんな野党について、野党は選挙で受け皿に成り得るのか(与党を支持しない人が野党に投票するのか)、大胆にも質問してみたところ・・・

ここ1年の野党の言動を見て、「選挙の受け皿」になると思いますか?

マネゴ総研 - 政治情勢に関するアンケート : Q5|ここ1年の野党の言動を見て、「選挙の受け皿(与党を支持しない人が投票するための存在)」になると思いますか?

注目したいのは、受け皿になると思わない(そう思わない)と回答した32.62%の内訳です。32.62%のうち、9.15%の回答者が与党支持者、0.51%が野党支持者、13.82%がどちらも支持しない、9.15%が政治に全く関心がない人でした。※注意:内訳のグラフ画像は掲載していません

与党支持者はともかくとして、与党・野党のどちらも支持しない人、政治に全く関心のない人から、野党は支持を集めないと、選挙の受け皿にはなることができないと、アンケート結果は物語っているように思われてなりません。

国内の学園問題と隣国からの危機、どちらを争点にして政治を行うのか!? 近々行われる選挙で問われてくるのかもしれません。

国会で一言物申す価値はいくら?

最後に、「政治に対して国会の場で発言できる権利」といった、本来はあり得ない権利があったとしたら、どうでしょうか!?国会で自由に文句が言ってよいのなら、テレビやネットで中継される中、国民そして国会議員に向けて、政治に対する不満を遠慮なく発信することができるでしょう。

ただし、いくらでも文句が言えると取り留めがなくなるため、『1つだけ文句が言える』とあえて制限を付けて、金銭的価値について質問しました。

「国会で発言できる権利」にいくらまで払いますか?

アンケートの結果、『政治に対して国会の場で文句が言える権利』をオークションで落札するとしたら、8割近くの人が1万円までしか支払わないと回答しました。

今やSNSやブログで気軽に発言し、また議論をすることも当たり前になってきていますので、“自分の意見を聞いてもらうこと”の価値は、徐々に下がってきているとも考えられます。

それとも、「国会で一言物申す」という行為自体、それほど価値がないことなのでしょうか?

不正なプロセスで物事が決まる、お金が流れる、そのようなことは絶対に許してはなりませんが、一方で、社会保障や国際政治問題など、解決していかなければならない問題は山積みなのに、いつまで揚げ足取りを見せられるんだ、という思いもあります。

政治に関心はあるものの、与党も野党も支持ができず、言いたいことはあっても、今の国会で言っても仕方がない、そんな空気を感じる回答結果でした。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。