年収1000万円以上の6割が朝型!早寝早起きで高収入になる6つの理由

読了目安[ 8 分 ]

「朝型と夜型は、どちらが良い生活習慣だと思いますか?」

何年も前から朝活という言葉がある通り、様々なメディアで朝型を推奨する話は聞いたことがあるでしょう。そのため、おそらくひねくれ者でない限り、朝型の生活習慣の方が良い生活習慣だと考えるでしょう。

では、もしあなたが夜型だとしたら、朝型に変えることはできますか?

「朝型が良いのは何となくわかるけど、どうしても夜更かししちゃうんだよ。」という人は、年収1000万円以上を稼ぐ人の65%が朝型だと知ったらどう思うでしょう。また、年収400万円未満の55%が夜型だと知ったらどう感じるでしょう。

もし、高収入を目指すあなたが「朝は1分でも長く寝ていたい。」と思う毎日を過ごしているなら、夜型の生活習慣は今すぐ変えてください。

今回は、朝型に変えた方が高収入を稼ぐことができる理由についてお話していきます。

年収1000万円以上で朝型は6割越え

ソニー生命保険株式会社が20歳以上の経営者・会社役員、会社員の合計1,000名に行った「経営者と社員の意識比較調査」から、ビジネスマンにとって興味深い結果をご紹介します。


|経営者と社員の意識比較調査 ソニー生命保険

普段の生活が「朝型」と「夜型」のどちらに近いか聞き、年収別に分析をすると、年収が高い人は朝型の傾向が強いことがわかります。

グラフを見ると、経営者で年収1000万円以上の人は「朝型」と「どちらかというと朝型に近い」が合計で65.4%、会社員で年収1000万円以上では「朝型」「どちらかというと朝型に近い」の合計は65.9%にもなります。

一方、経営者で年収400万円未満の人は「夜型」「どちらかというと夜型に近い」の合計が54.8%、会社員で年収400万円未満の人は「夜型」「どちらかというと夜型に近い」の合計が56.6%もあり、朝型と夜型に年収の差があることがわかります。

では、朝型に高収入を稼ぐ人が多い理由は何でしょうか。

朝型が高収入になる理由1.時間が有効活用できる

朝型は、時間が有効活用できるという理由が考えられます。

「たとえ夜型でも、睡眠時間が同じなら活用できる時間も同じじゃない?」と思う人もいるかもしれませんが、夜10時に寝て朝5時に起きる朝型、夜12時に寝て朝7時に起きる夜型の生活をイメージしてみましょう。

両者の違いは、朝5時から7時までと夜10時から12時まで起きているか寝ているかの違いしかありませんが、どちらが仕事や勉強、または読書などの趣味に集中して取り組めるでしょうか。

おそらく、夜10時から12時の時間帯はテレビや友人からの誘いなどの誘惑が多く、気付いたら自分がやりたいことをできないまま寝る時間を迎えている可能性がありますね?

反対に、朝5時から7時の時間帯は自分がやりたいことを邪魔される誘惑はほとんどないはずです。そのため、時間が無駄になる可能性が低く、余裕を持って時間を活用できる朝型の方が高収入につながりやすいでしょう。

朝型が高収入になる理由2.ストレスなく通勤できる

朝型は、職場にストレスなく通勤できるという理由が考えられます。

大都市圏、特に東京23区内に通勤している人なら実感できると思いますが、朝7時過ぎから9時前は通勤ラッシュのピークの時間帯、また、帰宅ラッシュは夜6時過ぎから8時分過ぎです。

さらに、アットリサーチ(アットホーム)が行なった調査によると、1都3県に在住する都内勤務の子持ちサラリーマンの平均通勤時間は片道58分だそうです。

参考|年間400時間、給与で80万円…通勤電車の時間を有効活用する方法

つまり、毎日仕事前に通勤ラッシュのストレスを1時間感じてから仕事をしていることになります。

仮に夜の帰宅時間がコントロールできなくても、朝型になれば朝の通勤ラッシュを避けることはできます。ゆったりと席に座って通勤できるだけでも、かなりストレスを軽減できます。

1日中集中して仕事をできる人はいないため、せめて朝快適に通勤し、午前中くらいは必ず集中して仕事をできる時間を確保したいものです。

そのためには、通勤ラッシュのストレスがなくなる朝型の方が高収入につながりやすいでしょう。

朝型が高収入になる理由3.睡眠時間が安定しやすい

朝型は、睡眠時間が安定しやすいという理由が考えられます。

たとえ夜型だとしても、就寝時間が極端に遅くなく、睡眠時間が極端に短くない安定した夜型であれば、生活リズムは安定しやすくなります。

ところが、日本社会では、学校にしても、仕事にしても、朝8時から9時ごろに始まる生活が一般的で、その時間帯に合わせなければいけません。

そのため、夜型の人は陽の光による自然な目覚めが少なくなり、目覚まし時計などを使った半ば強制的な起床が必要になるでしょう。

強制的に起きた時間帯がノンレム睡眠時だった場合、眠っている脳はなかなか活動をしないだけでなく、中途半端に目覚めたせいで日中も眠気に襲われて仕事に集中できません。

そこで、眠気に任せた昼寝をしてしまうと、また就寝時間が遅くなり……というループで睡眠時間が安定しなくなってしまいます。

反対に、陽の光による自然な目覚めであれば、日中に眠気に襲われることも少なくなり、いつも通りの就寝時間を維持できます。

つまり、睡眠時間が安定しやすい朝型の方が日中の集中力が維持できるため、高収入につながりやすいでしょう。

朝型が高収入になる理由4.やる気は朝に出やすい

朝型は、やる気が出やすいという理由が考えられます。

プレジデントオンラインの記事で、東日本国際大学客員教授を務める医学博士の中野先生が、朝は嫌な仕事をする時間に向いていると述べています。

「朝に目覚めるときにはノルアドレナリンという物資が出ています。ノルアドレナリンは戦うための物質で、血糖値や心拍などを上げて、闘争できるように体を整えてくれます。これが出ているときは、やる気も高い。だから朝は、ちょっとたまっている嫌な仕事を片づけるのにぴったりです。ノルアドレナリンの効果があるのは、目覚めてから3時間くらいまで。その間にハードルの高い仕事にチャレンジしてください」
朝は苦手でも早起きして仕事すべきなのか | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

つまり、朝自然に起き、脳を目覚めさせたうえで少し億劫な仕事に取り掛かると、よりやる気に満ちた1日を過ごすことができるということです。

そのため、やる気を出して仕事に臨める時間が多い朝型の方が高収入につながりやすいでしょう。

朝型が高収入になる理由5.アイデアは朝に出やすい

朝型は、アイデアが出やすいという理由が考えられます。

同じくプレジデントオンラインの記事で、医学博士の米山先生は、朝起きたときの方が創造的なアイデアが出やすいと述べています。

「寝ている間は理性を司る前頭葉の働きが落ちて、脳の後ろ側の視覚領域を司る部分が活性化されます。睡眠中に、論理的につじつまの合わない、おかしな夢を見るのもこのためです。ただ、これはときに創造的なアイデアに結びつきます。難しい問題があって解決策が浮かばないときに、会議を延々と続けても答えは出にくい。難しい問題を考えるなら寝起きがいい。その問題のことを考えながら睡眠に入ると、翌朝、予想外の答えが見つかっているかもしれません」
朝は苦手でも早起きして仕事すべきなのか | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

1日の時間をうまく使い分けるためには、朝を発想の時間帯として確保することで、1日のスケジュールを上手く立てられるようになるはずです。

そのため、アイデアが効率良く出やすい時間がある朝型の方が高収入につながりやすいでしょう。

朝型が高収入になる理由6.身体に脂肪がつきにくい

朝型は、身体に脂肪がつきにくいという理由が考えられます。

体調管理とともに体重管理によって余計な脂肪がない標準体重を維持することは、ビジネスマンにとっては必須事項です。

なぜなら、標準体重とは健康的な生活を営むうえで最も適した体重であり、健康的な生活は仕事のパフォーマンスを最大化してくれるためです。

身体に余計な脂肪を付けない生活習慣として、就寝中の血糖値を下げるために夜寝る3時間前には食事をすませなければいけないという話は有名ですが、食べる時間にも太りやすい時間帯のルールがあります。

私たちの体には、「ビーマルワン(BMAL1)」という体に脂肪をため込む働きがある時計遺伝子の一種があります(時計遺伝子は、すべての細胞に含まれ、昼夜の生活リズムを刻む体内時計を調整しています)。ビーマルワンの量は、時間によって変動します。左のグラフのように午後2時が最小で徐々に増え、夜中2時にピークを迎えます。その差は肝臓などで20~30倍。夜中のケーキは、日中の20個分にも相当する計算になります。

古川 武士 (監修)「早起き」の習慣 ― 誰でもできる! 明日からできる! 失敗しない!

つまり、夜遅くまで起きているほど食べる時間は遅くなり、身体に脂肪が付きやすい食事になるということです。無駄に付けてしまった脂肪を落とすためには、別の時間で体重管理をするしかありません。

そのため、初めから身体に脂肪がつきにくい朝型にして、常に仕事のパフォーマンスを最大化できる方が高収入につながりやすいでしょう。

高収入に朝型は必須?

高収入を目指すために朝型のメリットを色々とご紹介しましたが、最も大切なことは、効率の良い時間を確保するために毎日決まった生活習慣を維持することです。

もちろん、夜型の人でも高収入な人はたくさんいます。ただ、そのような人は、たとえ夜型でも毎日決まった生活習慣によって、効率の良い時間を確保しているはずです。

また、仮に生活習慣が不規則になりがちでも、それを補うための効率の良い時間づくりの方法を持っているはずです。

もし、あなたが夜型や生活習慣が不規則な人でも、簡単にそれを補うことができる優れた人であれば、朝型にする必要はないかもしれません。

反対に、「何となく朝型にするのが面倒くさい。」というだけで、効率の良い時間づくりをできないのであれば、高収入を目指すことは諦めた方が良いかもしれません。

毎日残業に追われている人は、夜型の生活にどっぷりハマっていることと思います。ただ、年収アップやスキルアップ、将来の起業を考えているのなら、少しだけ努力して生活習慣を朝型に切り替えてみましょう。

他にもちょっとした生活習慣を見直すだけで、高収入を目指すことは可能です。以下でも自己診断をしてみてください。

参考|意外な3つの生活習慣で高収入!年収1000万円になれるか自己診断

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。