NTT災害伝言ダイヤルの使い方は?録音・再生や万が一前の体験方法

読了目安[ 5 分 ]

年末はとにかく慌ただしい時期ですが、そんな時でも突然の災害に襲われるかもしれません。災害に襲われたときに家族がバラバラだったら、何とかして安否を確認したいと思いますよね。

ただ、地震、事故などの災害のとき、被災地を中心に大量の通話が発生すると、電話がつながりにくくなってしまいます。東日本大震災のときに、経験した人も多いのではないでしょうか。

災害発生直後は、緊急用の通話が優先されます。消防、警察への通報、安否確認などが最優先のため、不要不急の通話は控えるようにしましょう。

そんな通常の通話がつながらないときでも比較的つながりやすいのが、NTTが提供している「災害用伝言ダイヤル(171)」です。

今回は、万が一のことがあったときに備えて、災害伝言ダイヤルのかけ方、使い方についておさらいしておきましょう。

災害伝言ダイヤルとは

災害用伝言ダイヤルとは、災害の発生によって、被災地への通信、被災地からのが急増することで、電話つながりにくい状況になった場合に提供が開始される声を録音するための伝言板サービスのことです。

災害伝言ダイヤルは、災害後にNTTが提供を開始していれば、「171」で繋がります。「イナイ」で覚えましょう。

災害伝言ダイヤル開始基準

災害伝言ダイヤルは、災害が発生していなければ繋がりません。NTTの判断によって開始されるサービスなのですが、例えば地震が起こった場合の1つの基準としては、震度6弱以上の地震が発生したとき、約30分後から利用できるようになります。

また、震度5強以下の地震やそれ以外の災害が発生したときは、回線状況に応じて災害伝言ダイヤルが開始される場合があり、テレビやラジオ、NTT東日本のホームページなどで適宜連絡されます。

災害伝言ダイヤルを利用できる電話

災害用伝言ダイヤルが利用できる電話は、一般の加入電話、公衆電話、ひかり電話(プッシュ式のみ)です。携帯電話やPHSからも利用できますが、通信事業者毎のルールがある可能性もあるため、詳しくは各通信事業者に確認が必要です。

伝言の録音時間や保存期間

災害伝言ダイヤルでは、以下の通り1件あたりの録音時間や保存期間が決められています。

伝言の録音期間|1伝言あたり30秒以内
伝言の保存期間|災害用伝言ダイヤル(171)の運用期間が終了するまで

災害伝言ダイヤルの料金

NTT東日本・NTT西日本の電話サービスから伝言を録音する場合、再生する場合の通話料は無料です。それ以外の電話、携帯電話やPHSから発信する場合は、各通信事業者によって異なります。

ただし、発信者からの伝言の録音または再生する電話番号までの通話料(通常通話と同様の料金)が必要です。被災地の公衆電話が無料化された場合は、この通話料も無料になります。

災害伝言ダイヤルのかけ方

災害伝言ダイヤルは、電話をかけて伝言を録音する使い方、電話をかけて録音された伝言を再生する使い方があります。

災害伝言ダイヤルは、「171」に電話をかけると、音声案内にしたがってメッセージの録音または再生を行えます。録音は「1」、再生は「2」を押します。

1.伝言の録音方法

「1」を押したら、被災地にいる人は自宅の電話番号、または連絡を取りたい被災地の電話番号を、市外局番からダイヤルします。

被災地以外にいる人は、連絡を取りたい被災地の人の電話番号を、市外局番からダイヤルします。その後、ガイダンスが流れたら、伝言を録音します。

メッセージは30秒以内のため、名前や呼び掛けの言葉をしっかりとまとめてから災害伝言ダイヤルに録音するようにしましょう。

2.伝言の再生方法

「2」をを押したら、録音と同じように被災地にいる人は自宅の電話番号、または連絡を取りたい被災地の電話番号を、市外局番からダイヤルします。

被災地以外にいる人は、連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルします。すると、メッセージが録音されていれば、新しいメッセージから再生されます。

災害伝言ダイヤルを活用するために

おそらく、災害が起こったら、まずは携帯電話などで安否確認をするはずです。その際は、もし電話が通じたとしても他の人が繋がりにくくなるため、安否確認など手短に用件だけを伝えましょう。

たとえ、災害伝言ダイヤルが開始されても、このサービスは被災地いる人が安否を知らせるために利用するサービスなので、当然被災地からの利用が最優先です。

被災地以外の人が、心配だからとむやみに電話をかけていては、電話回線がパンクしてしまいます。そのため、被災地以外の方が録音しようとしても制限がかかる場合があります。

もし、災害伝言ダイヤルがつながらなくても、ツイッターやフェイスブック、LINE、メールなど、ほかの通信手段も試してみましょう。

また、災害伝言ダイヤルは災害用伝言板(web171)と連携しています。災害伝言ダイヤルに録音された伝言は災害用伝言板(web171)で確認できますし、災害用伝言板(web171)で録音された伝言も災害伝言ダイヤルで再生できます。

災害伝言ダイヤルを体験してみよう

災害伝言ダイヤルは、災害が発生しなければサービスが開始されませんが、突然災害に襲われた場合にはパニックを起こして、使い方を間違ってしまう可能性もありますね。

そのため、災害伝言ダイヤルには、体験利用日が設けられています。災害が起こっていなくても、災害伝言ダイヤルが利用でき、もしもの時のための練習ができるというわけです。

毎月1日と15日、1月1日~3日が災害伝言ダイヤルの体験利用日のため、この機会に家族や友人など大切な人と一緒に、予行練習してみましょう。体験利用日は以下の通りです。

・毎月1日・15日(00:00~24:00)
・1月1日〜3日(00:00~24:00)
・防災週間(8月30日9:00~9月5日17:00)
・防災とボランティア週間(1月15日9:00~1月21日17:00)

災害伝言ダイヤルについて、おさらいできましたでしょうか。万が一の時に備えて、しっかりと覚えておいてくださいね。

万が一のために知っておきたい!おすすめ関連記事

入浴中に大地震が起きたら…?シーン別防災対処法まとめ
夫が急死で銀行口座が凍結?家族が事前に行う対応と必要な金額

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。