半数がお金で夫婦喧嘩!揉めない家計管理方法は?お財布は別が良い?

読了目安[ 5 分 ]

結婚相手を見極める条件のひとつとして、“価値観が合うこと”がよく挙げられます。価値観とは、様々な事柄において個人が大切に思っている考え方のことですね。

恋人などの単なるパートナーとは違い、夫婦の価値観は食事、住環境、家事、子育て、生活習慣など、全てが金銭感覚と深い関係があります。つまり、何にどのくらいお金を使うか、どのようにお金を管理するかという判断基準が合う(合わせる)ことが大切です。

これほどお金に対する価値観は重要なため、夫婦の離婚の原因にもなり得ます。ちなみに、お金の価値観においてよくある夫婦喧嘩の原因は、以下の「消費と浪費の価値観」「教育費の価値観」「お小遣いの価値観」の3つです。

参考|お小遣い・浪費・教育費の価値観が…夫婦がお金で揉める理由ベスト3

では、夫婦でお金の価値観を合わせるためにはどうすれば良いのでしょう……。1つの対策として、「家計の管理を合わせる」という方法があります。

そこで今回、「マネーゴーランド」では夫婦間のお金の管理をどうすれば良いのか、ベストな方法を探るべく独自にアンケート調査を実施してみました。

家計の管理を夫に任せられない妻が大半

まず、家計をメインで管理しているのが夫婦のどちらか聞いたところ、「妻が管理している」が62.1%、「夫が管理している」は23.6%でした。

「妻が管理している」と答えた人の理由は、「女性の方がお金の管理がしっかりしている」「妻の方が普段の買い物をするから」といった妻の評価が多数だった一方、「夫がお金を管理すると散財する」「夫は勢いで色々買いそう」「夫は家計に無計画」など、夫の家計管理のダメっぷりを指摘する声も多数ありました。

一方、夫が管理した方が良いと考えている人は「妻より夫の方がお金にしっかりしている」「夫が稼いでいるから」「なんとなく」という意見が見られました。

Q1:夫婦の間でメインでお金を管理しているのはどちらですか?

夫婦とお金の管理、マネーゴーランド意識調査

  • 夫|23.6%
  • 妻|62.1%
  • どちらでもない|14.3%

半数以上はお金が原因で夫婦喧嘩の経験がある

では、お金のこと、家計のことが原因で、夫婦喧嘩をしたことがある人はどのくらいいるのでしょうか?

調査結果では「喧嘩したことがある」と回答したのは50.7%で、「喧嘩したことはない」が49.3%となりました。やはり、夫婦にとって家計の話は、鬼門のようです。

とは言え、家庭においてお金の話は絶対にしなければいけないことです。そして、多くの夫婦が家計の将来について悩んでいるのが実態です。

そのため、お金が原因の夫婦喧嘩をなるべく防ぐために、夫妻間でこれだけは言ってはいけないNGフレーズを以下で抑えておきましょう。

参考|夫婦円満度チェック!お金で揉める絶対言ってはいけない8フレーズ

Q2:お金が原因で、夫婦で喧嘩をしたことがありますか?

夫婦とお金の管理、マネーゴーランド意識調査

  • ある|50.7%
  • ない|49.3%

家庭のお金の使い方は半数近くが妻にお任せ

夫妻それぞれの性格やライフスタイル、仕事の状況などによって、家庭のお金をどのように管理する最も良い方法は千差万別でしょう。

しかし、ここではあえて4タイプに分けて、それぞれの家庭でどれに当てはまりそうかを聞いてみました。

その結果、最も多い回答が「夫または妻に一定額を渡す”お任せタイプ”(46.7%)」、次いで「支出に対してストイックに夫婦で節約管理する”お財布一緒タイプ”(23.1%)」、「家計の支出を夫婦で担当を決めて支払う”分担タイプ”(15.4%)」、「特に管理はしないでそれぞれが自由に使う”お財布別々タイプ”(14.8%)」となりました。

最近は、お財布別々タイプが増えているとは聞きますが、それでもこの4タイプでは最も数が少なく、やはり昔ながらの夫婦どちらかに一定額を渡すお任せタイプが多いことがわかります。

さらに、Q1の回答から、夫婦の間でメインでお金を管理しているのは妻62.1%を参考にすると、およそ4割は妻が家計の全てを管理しつつお金の使いも決めるスタイルだということがわかります。

妻は大蔵省とはよく言ったものですね(古いですね)。

Q3:夫婦の間の家計管理はどのタイプにあてはまりますか?

夫婦とお金の管理、マネーゴーランド意識調査

  • 夫または妻に一定額を渡す”お任せタイプ”|46.7%
  • 支出に対してストイックに夫婦で節約管理する”お財布一緒タイプ”|23.1%
  • 家計の支出を夫婦で担当を決めて支払う”分担タイプ”|15.4%
  • 特に管理はしないでそれぞれが自由に使う”お財布別々タイプ”|14.8%

お金のことは夫婦でとことん話し合う

考え方が違う男女2人が夫婦として、仲違いせずにうまく家計を守っていくためには、早めにお金に関する決め事を作っておくことが大切です。

夫婦である以上、これから何十年も生活を共にします。そのため、「お金のことは話しづらい……。」とは言っていられません。

お金のプロフェッショナルであるファイナンシャルプランナーがおすすめするお金の確認事項は、以下でご紹介しているため参考にしてください。

  • 確認事項1.現在の貯金額
  • 確認事項2.月々の手取り額
  • 確認事項3.借金やローンなどの負債額
  • 確認事項4.所有カードや通帳の種類
  • 確認事項5.子どもは何人欲しいか
  • 確認事項6.結婚、出産後の働く意欲
  • 確認事項7.住宅購入など親の援助の有無
  • 確認事項8.親などと同居の可能性
  • 確認事項9.住まいはマンションか持ち家か
  • 確認事項10.老後の生活について

家計で揉めて離婚も…結婚前の男女が確認する10のお金の価値観

※ こちらの調査は2016年6月にマネーゴーランド編集部が、お小遣いがたまるアンケートアプリ『サーチーズ』で実施したものです。(対象:全国の既婚男女、回答数762名)

夫婦とお金に関するおすすめ関連記事

夫婦がうまくいくために合わせておきたいお金の価値観にまつわる記事をピックアップしました。

  1. お小遣い・浪費・教育費の価値観が…夫婦がお金で揉める理由ベスト3
  2. 夫や恋人の年収が100万円減ったら?別れ・離婚を考える女性は2割も!
  3. 夫の借金発覚で家計のピンチ!離婚を考える前に妻がやる5つのこと
  4. 来世は違う人と結婚したい妻が約7割…夫婦円満と収入に関する調査
  5. 幸せな夫婦生活のため!結婚契約書を作る理由と私たちの事例
  6. 半数がお金で夫婦喧嘩!揉めない家計管理方法は?お財布は別が良い?

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。