芸能スクール費用はピンキリ…子どものデビューまでにいくらかかる?

読了目安[ 7 分 ]

子どもがテレビや映画を観て「私も芸能人になりたい!」と言ったら、あなたはどうしますか?

「なれるわけないでしょ!」と言う人、「そうね、頑張ってね。」と流す人が多いとは思いますが、子どもの才能はどこにあるかわかりません。もし、子どもが歌やダンス、演技など一芸に秀でていたら、素晴らしいことだと思いませんか?

そんな、「将来、俳優やタレントになりたい。」もしくは、「子どもを芸能界に入れたい。」と思っている人にとって、芸能界デビューに近づくチャンスを与えられるのが芸能スクールです。

もちろん、スクールなので授業料が必要になります。簡単な気持ちで、「じゃあ挑戦してみる?」と言う前に、子どもが芸能界デビューまでにどれくらいお金が必要なのかを考えてみましょう。

今回は、エンターテイメント系の仕事に長く関わり、芸能関係者や現役子役たちと数多く接する機会がある筆者が、芸能スクールの費用の秘密と子どもが芸能界デビューまでにかかる費用についてお話します。

芸能スクールの選び方と基準

選び方1.プロダクション直営かどうか

芸能スクールを大別すると、芸能プロダクション直営のスクールと、そうではないスクールに分かれます。ただし、この分け方は費用とはあまり関係がありません。誰もが知る大手プロダクション直営の芸能スクールでも、費用はピンキリです。

ただ、芸能スクールの一部では、所属タレントが講師を務め、直接学べるケースもあるため貴重です。

選び方2.講師の知名度や優秀さ

所属タレントが講師を務める芸能スクールは人気が高いため、費用云々よりも入校オーディションのハードルが高くなります。

プロダクション直営スクールの中には、スター級のタレントでなくても実力派俳優が多く所属し、本気で芸を磨きたい人に向けた硬派なレッスンをお手軽価格で行っているところもあります。

とにかく実力を磨きたい! という人は、芸能界の華やかさだけではなく、手堅さに目を向けるのもいいでしょう。

選び方3.レッスンの回数や長さ

費用を大きく分ける要素のひとつに、レッスンの回数や長さがあります。たとえば、年間100万円支払って毎日通うスクールもあれば、学校や仕事の合間に週1-2回のペースで学べるスクールもあります。

もちろん、子どもは学業が本文なので、勉強に支障が出てはいけません。

選び方4.立地や通いやすさ

もちろん、住んでいる場所からどれだけ通いやすいかも大切な要素ですね。

都心に近い、駅に近い、環境が新しいなどは費用が大きくなる可能性がありますが、決して通いやすいかどうかとは話が別です。

芸能スクール入校からデビューまでの費用

では、仮に小学生から芸能スクールに入校して少しずつ実力をつけ、20歳でようやく芸能界デビューにこぎつけた場合、それまでの費用はいったいいくらかかるのでしょうか。

1.小学生~中学生の芸能スクールレッスン料|1か月1万5000円~

以前、とある取材で伺った芸能スクールのレッスン料は、週2回で1ヶ月1万5000円でした。

担当者が「やる気のある人に頑張ってほしいからレッスン料を安くしています。」とおっしゃっていたため、この金額がスクールレッスンの最低料金と考えられます。

学校帰りと週末の週2回レッスンに通い、年度末の発表会に出演した場合、1年間にかかる費用は最低でも年間20万円ほどになりそうです。

2.高校生で現場力を養成|0円~

義務教育の間に芸能スクールでみっちりレッスンを受けていれば、高校生になってそれを仕事に繋げるための経験作りをしても良いかもしれません。

芸能事務所のオーディションを受ける、映画監督のワークショップを回る、演劇部や劇団に所属するなど、その子に合った方法でチャンスを多く作るようにしましょう。

参考|人気子役にしたい!子どもの芸能界デビューを目指して親ができること

最近は大学に通うタレント、歌手、モデルも多いので、高校生活は受験勉強に力を入れて人生の選択肢を増やすのも方法です。

3.芸能専門学校|1か月12万5000円~

芸能界に“就職する”と考えれば、より専門性を身につけるために、全日制の専門学校に通う方法もあります。

たとえば、某専門学校の演技コースは、2年間の費用が約300万円で、1か月に換算すると月間約12万5000円です。この学校は、ドラマや映画の制作会社と関わりが深く、出会いの場が多いことがメリットのひとつでした。

4.20歳で芸能界デビュー|費用合計約480万円

以上の内容を、芸能界デビューまでのフルコースとして考えると、かかる費用は480万円になります。

小・中学校9年間×20万円=180万円
芸能専門学校2年間=300万円

サッカーにかかる費用と比較

単なる一例ですが、480万円が高いかどうかを、同様に一流を目指してかける他のものと比較してみましょう。

サッカーでプロを目指しているとします。(通常は園児から始めますが)小学生からクラブチームに入ったとして、1つの例で120万円ほどの費用がかかります。

会費月間1万円×12か月×6年=72万円
合宿・遠征費など=5万円×6年=30万円
ユニフォームなど=10万円

中学校3年間ではおよそ150万円、高校3年間でおよそ150万円、もし寮住まいをした場合はさらに200万円で合計が620万円……。プロを目指す場合、サッカーは他のスポーツに比べてお金がかからない方だそうです。

もちろん、ピンキリはありますし、これだけお金をかけても大成する人は一握りしかいません。そう考えると、どの職業でもお稽古や鍛錬が必要であるため、芸能界デビューまでの費用も特段高いわけではないと言えるかもしれません。

大切なことは、これらの経験を重ねる中で、運を引き寄せるための準備をし、様々なチャンスを作る活動をし、芸能界デビューする可能性を高めることですね。

映画や舞台に出演できる芸能スクールとは

当然ですが、芸能スクールの費用が高いほど芸能界デビューに近づけるということはありません。ところが、映画や舞台に高確率で出演できる芸能スクールもあります。

それは、現役で映画を製作する映画監督やプロデューサーのワークショップが行うスクールです。

一般的な芸能スクールでは、一定期間のレッスンに通い、芸能プロダクションやエンタメ作品のオーディションに参加するなど能動的にチャンスを探さなければいけません。

一方、ワークショップが行うスクールは、そもそも映画や舞台などの作品に出演する前提に入校します。そのため、スクール関係者の目に留まれば、「次の作品に出てみない?」と自らが携わる作品のキャストとして声を掛けられることもあります。

しかも、対象作品は、劇場で公開されるような映画や一流のスタッフが参加して上演される舞台です。撮影現場に行けば、芸能関係者がゴロゴロいますし、そこで個性をアピールできれば、オーディションよりもチャンスが広がるかもしれません。

「100回のレッスンより1回の現場経験」も積めるため、本気の人ほど挑戦してみるのはありです。

芸能界デビューにかかる費用をどう考えるか

ワークショップが行う芸能スクールと言っても、やはり入校には条件があり、作品出演までのレッスンにはそれなりの費用もかかります。

一般的な芸能スクールの最安値が1か月1万円だとすると、後者は1か月5-6万円かかることもあります。

もちろん、映画俳優や舞台女優として人前に立つためには、お金ではなく技術が必要だというのは多くの芸能関係者が語ることです。そのため、この費用を高いととるか、安いととるかは、意見が分かれるかもしれませんね。

ただひとつ言えることは、芸能界デビューは早ければ早いほど、その後の可能性が広がりやすいということです。

中には、作品出演したことで自分の能力の限界を感じ、夢をあきらめる結論に至る人もいるでしょう。芸能界は、「映画館に人を呼べる人」「ドラマで視聴率を取れる人」でなければ、生きていけない厳しい世界だからです。

俳優やタレントの中には、お金をかけることなく、スカウトされて芸能界入りをする人もいますが、それはほんの一握り……。

それが期待できない場合は、お金をうまく活用して夢に近づくことも、ひとつの選択肢と言えるかもしれません。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。