みんなの借金はいくら?「日本人の借金調査」平均は1,461万円!

「日本人の借金調査」平均は1,461万円!
200

読了目安[ 3 分 ]

借金を恥ずかしいと思う人は意外と多いものです。

家を買うときも車を買うときもできれば借金をすることなく、購入できればいいのにと思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、生活をする上で借金をせずに過ごすのは意外と簡単なことではありません。今回は、みんな借金をどれくらいしているのかということについてお話しします。なお、今回の記事は金融広報中央委員会の『暮らしと金融なんでもデータ』(2014年)のデータを元に執筆しています。

全体ではどのくらいが借金している?

まずは、全ての年代合わせてどれくらいの借金があるのでしょうか。借金のある世帯は全体の39.8%、そしてその金額は1,461万円となっています。日本人全体の40%が借金をしている!と思うと多いと感じるかもしれませんが、むしろ借金をしていない人が全体の60%もいます。

しかも、借金の内容は住宅ローンが1,363万円とかなりの割合を占めていることから、借金がある人の大部分が住宅購入の際に利用しているものだと言えます。

30代だと平均幾らくらい借金しているの?

では、年代別に見るとどうなっているのでしょうか。まずは、30代の方から見てみましょう。30代の方は借金がある世帯の割合が55.7%、借金が1,668万円となっています。

平均よりもおよそ15%以上もの人が借金をしていることがわかります。これは、結婚をして子どもを生んで家を買う年齢がおよそ30代であるからだと考えられますね。

40代では平均幾らくらい借金しているの?

では、40代ではいかがでしょうか。借金がある世帯は54.9%、そして金額は1,823万円となっています。30代と比較すると全体の割合はそれほど変化していないものの金額に大きな差があることがわかります。子どもにお金がかかる年代ということもあり、貯蓄や投資の重要さがわかる結果ではないでしょうか。

50代でもまだまだ借金は残ってるの?

最後に50代の平均も見ていきましょう。50代の方で借金がある世帯の割合は53.1%、金額は1,300万円となっています。30代、40代に比べて金額が大きく下がっていることがわかりますね。住宅ローンも減り、子どもにもお金がかからなくなってくるという年齢ではないでしょうか。

これらはあくまでも平均の値ですので、もっと借金をしている世帯もあればこれよりも少ないという世帯まで様々でしょう。ただし借金をする際にも返済計画をしっかり持って借金をしたいものですね。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。