旅行や急な出張にペットの飼い主がとれる3つの方法!犬を飼うってどういうお金が掛かるの?【旅行編】

324

読了目安[ 7 分 ]

独り暮らしだと急な出張や帰省など、数日間自宅を留守にしなければならない時ってありますよね。そんな時、愛犬と暮らしている場合にどうすればいいんだろう?

1日程度であれば、食料や空調に気を遣っていれば「自宅でお留守番」でもなんとかなるかもしれません。2日ともなると(飼い主の方が心配で耐えられなくなりますので)、別の選択肢を探すしかありません。

今回は

  1. 預ける(ペットホテル)
  2. 預ける(ペットシッター)
  3. 連れていく

についての経験談をお話します。

1.ペットホテルに預ける方法と費用

預けるとなると一番に思いつくのはペットホテル。動物病院でも一次預かりとしてホテル機能を有するところもあるので、近所のペットホテルを調べてみてください。

但し、24時間受付けしてもらえるところは少ないです。ペットホテルを利用する場合、預けるのは前日の夜や当日の朝になります。当然ながら、当日連絡はリスクが多いので、予約することが肝心です。

見落としがちなのが、ワクチン接種の証明証。原本でなくコピーでも問題ないものの、これが必要なのです。預かる側としても、他のペットたちに何らか感染させてしまうなんてことがあってはならないのです。愛犬が病気なっては困るのは、預ける飼い主さんはみな同じ。

そのような配慮がされているからこそ、安心して預けられます。

気になる料金は、施設によって様々です。もちろん犬種のサイズによっても異なる。贅沢なスイート・ルームを有しお迎え付きという施設もある。ひらきはあるものの小型犬の一泊あたりの宿泊料金は4,000〜6,000円程度が目安と考えてよいかと思います。

2.ペットシッターにお任せする

ペットシッターは、留守期間中に自宅の鍵を預け、契約した回数だけ世話をお願いできるサービスです。

家の鍵を預けなくてはならないので、最初は不安もありましたが何度かお願いした経験からすると心配無用でした。予め訪問してもらって愛犬との対面ヒアリングも行ってくれますので、飼い主・愛犬共々心配を払拭してくれます。

当日訪問してもらう日時も飼い主の都合に最大限あわせてくれます。例えば、「主張当日の朝は飼い主が面倒みれるから、その日の夕方から世話をお願いしたい。」という要望にも応えてくれます。また、1日2回朝夕きてもらうにしても、朝は食事とトイレ掃除と散歩で1時間。夕方は食事とトイレ掃除と室内で遊んでもらって40分。などいろいろと組み合わせも可能だったりします。

私がお願いしたペットシッターさんは、世話に来ていただく都度、ペットの様子を写真にとってメールで送ってくれました。様子が分からない分、何かと心配は募るものですが、こういったフォローもあり安心してお願いできました。

メールに添付されていた写真の愛犬を見たら、見たこともないような笑顔ッ面があり、それはそれでジェラシーを感じましたが、愛犬とも仲良く過ごしてもらえてる証しにもなり、とても安心できました。

気になる料金ですが、依頼内容によって変わってしまいます。私がお願いしたペットシッターさんでは、1日2回来てもらい、朝はご飯とトイレ掃除と30分散歩。夜は、ご飯とトイレ掃除だけ。をお願いしました。朝晩散歩をお願いすることも可能です。飼い主さんの依頼に幅広く応えられるように配慮されてました。

利用用金は「基本料金(ご飯とトイレ掃除)+依頼事項料金(散歩や室内での遊び)+交通費実費」の構成です。基本料金だけならペットホテルよりも少々お安かったりもするので、利用価値“大”です。

3.ペットを連れていく方法と費用

実は、公共のバスや電車、タクシーも、新幹線も飛行機もフェリーだって全て同乗させることができます。

公共のバスや電車(JRを除く)、タクシーについては、特に料金も掛かりません。キャリーに入れておくことだけです。それ以外の交通機関は別途料金が掛かります。

飛行機は、JALおよびANA国内線の場合、どの区間でも片道6,000円です。東京から沖縄でも、東京から大阪でも同一料金です。特に予約も必要ありませんが、カウンターでの手続きが必要ですので、少々手続きに時間がかかります。

尚、同乗できるといっても、残念ながら人と同じところには連れていけません。同じ機内にはいるものの、人が乗るところと全く同じ気圧・室温に管理された別の場所で預かってもらいます。機内に動物アレルギーの人がいたら、それはそれで迷惑を掛けてしまうので、しばし到着まで離れ離れになります。その分、到着時の再会は嬉しいものです。

また、飛行機では夏場・冬場など時期に寄って短頭種犬は搭乗できませんので、計画時には、ご利用の航空会社のウェブサイトを必ずチェックしてください。

新幹線およびJR在来線の場合、料金は掛かるもののお手軽な280円。規定のサイズのキャリーに収まる犬なら問題ありません。

フェリーの場合は、スゴイことになってます!なんと個室に一緒に寝泊まりできるものだってあるんです。提供サービスそのものが運行会社や航路によって異なります。また、繁忙期と閑散期でも料金が異なる場合もあります。多くの運行会社のフェリーでは、旅客運賃とは別途同乗料金を払うことで共に旅に行けるのです。

となると、日本中あちこち行けないところは無いんじゃないか?!とペットオーナーとしても嬉しい限りです。もちろん、連れて行った先で宿泊するならペット可の宿泊先を選ばないといけないものの、選択肢は広がっていることは嬉しいですよね。

移動することは人も普通に疲れますが、犬だって疲れます。キャリーの中では思うようにトイレもできないので、乗せる前にトイレにつれていく。また、移動中のトイレを最小限にするため、乗せる前には水分補給を控えておくなど、愛犬に極度の負担が掛からないよう配慮してあげてください。

今度、どこかへお出かけの際は、愛犬と一緒に行く旅を是非検討してみてください。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。