子どもと一緒にできる!GW中に最適「頭がよくなる暇つぶし」3選

41

読了目安[ 3 分 ]

GWに休みを満喫したいと考える人も多いでしょう。

旅行や家族サービスの時間を取る方もいるでしょうし、普段は難しいような有意義な時間を過ごしたいですよね。しかし、実際に休みに入ってしまうと思いの外、時間が余り、暇で仕方がない!という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そのような時間も有意義な時間に変換するために、“考える力”が身に付く暇つぶしについてお話しします。

読書

まず自分1人だけがとにかく暇というケースでは、やはり読書が最高の暇つぶしになるでしょう。今話題の新作を読んでもいいですし、前から気になっていた本を読むということもできます。

転職サイト『リブズキャリア』の調査によると、年収550万円以上のハイキャリア女性における平均読書量は月に約4冊と、一般的な成人と比較すると約4倍とのこと。やはり読書は考える力を身につけ、様々な年収アップへの効果を生み出すと考えられますよね。

普段あまり読書をしないという方も時間が有り余っているのであれば、食わず嫌いせずに1冊本を手に取ってみてはいかがでしょうか。

ボードゲーム

続いて、帰省先などで家族や親戚全員が暇になるということもよくありますよね。そういったときにはボードゲームをしてみてはいかがでしょうか。遊びのイメージが強いかもしれませんが、実は戦略を立てるものなど頭を使うゲームがたくさんあります。

例えば、おすすめなのが『モノポリー』というゲームです。モノポリーとは簡単に言うとすごろくのようなゲームで、1人ずつサイコロを振り、出た目だけマスを進めます。そして止まったマスの土地を購入するかどうか?ということを決定します。その土地に止まった別のプレイヤーは土地を購入した人にレンタル料を支払わなければならず、最終的に最後まで破産しなかった人が勝ちとなります。

他にも様々なルールがありますが、まずはやってみると良いでしょう。シンプルなルールなので子どもにも簡単にできて時間が潰せるのでおすすめです。

山手線ゲーム

最後に車の中で時間が余って暇だというケースも考えられますよね。そういった場合は定番ですが山手線ゲームがおすすめです。山手線ゲームは「日本の都道府県」のようなお題に対してリズムに合わせて、1人ずつそのお題に答えていきます。途中で答えられなくなる、もしくは別の人が言った答えと重複すると負けとなります。

お題の数だけ時間を潰せるので、渋滞などに巻き込まれた車の中でやるのもいいですね。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。