家計管理が上手な3夫婦の実例!収入が多くなくてもやりくりするコツ

読了目安[ 5 分 ]

わたしは、これまでFPとして多くのご家庭のお金に関する相談にのり、たくさんの家計状況を見てきました。

相談内容の多くは、住宅購入や子どもの進学、老後の人生設計など、将来を見据えた家計管理方法やお金の貯め方をどうすれば良いかというものです。

参考|貯蓄ゼロ家庭の家計の改善方法は?世帯収支の問題点の洗い出し方

ところが、ご相談にいらっしゃるご夫婦の中には、それほど世帯収入が多いわけではなくても、わたしも驚くくらい上手なお金の使い方や家計のやりくりをしているご夫婦もいらっしゃいます。

今回は、わたしが感心した家庭の上手なお金の使い方や家計のやりくりの実例をご紹介していきます。

上手な家計管理例1.30代共働き夫婦のAさん

30代夫婦(共働き正社員、子どもなし)
家族構成:
Aさん32歳(会社員)年収420万円
奥様30歳(会社員)年収300万円

相談内容|結婚を機に加入した生命保険について

Aさんご夫婦のご相談内容は、結婚を機に加入した生命保険についてでした。

ご夫婦は、夫婦それぞれの給与口座とは別に「生活費の口座」「貯蓄用の口座」を作っていて、毎月お互いの収入から決められた割合のお金をそれぞれ「生活費の口座」「貯蓄用の口座」に入れて管理していました。

ご夫婦にはまだ子どもがいないため、もしAさんに万が一のことがあったとしても、奥様は独身の生活に戻るだけで多くの保障は必要ないとのことでした。

また、子どもが生まれた後は家賃の捻出が難しくなりそうとのことで、Aさんは年金月額10万円の収入保障保険に加入しています。

お互いが協力して家計を管理し、把握していることで、いつの時点でいくらお金が必要なのかが明確になっているため、無駄なく生命保険に加入することができたとのことでした。

家計管理のポイント|夫婦で貯蓄を確認できる口座がある

家計管理をするうえで、共働きのご夫婦に多い問題は、それぞれの収入金額と貯金額を把握していないケースです。

お互いに必要な生活費は入れているものの、手元に残ったお金の管理はバラバラに行っているため、お互いがいくら貯蓄があるのか把握できていません。

お互いに「相手が貯蓄しているはず。」と思っていて、蓋を開けてみたら思ったより貯蓄額が少なく住宅購入資金が足りないというご相談もあります。

Aさんご夫婦のようにお互いに貯蓄を確認できる口座があることで、夫婦ともに貯蓄をする自覚がきるのでおすすめの家計管理方法です。

上手な家計管理例2.30代夫婦(専業主婦、子ども1人)のBさん

家族構成:
Bさん38 歳(会社員)年収500万円
奥様36 歳(専業主婦)
子ども7歳

相談内容|マイホーム資金と教育費を貯蓄する方法

Bさんご夫婦は結婚して10年になりますが、結婚前の2人の貯蓄があり、また、結婚してからも年間200万円の貯蓄と投資をしてきました。

現在は社宅にお住まいですが、マイホームを購入するための資金と子どもの教育費を準備しています。社宅で、福利厚生は完備されていますが、今後も収入が大きく上がる見込みはないため、節約を心がけてきたとのことです。

そんなご夫婦の悩みは、今後どのように貯蓄をすれば良いのか、また家計簿を使った家計管理が苦手なため、どうすれば良い管理ができるかというご相談でした。

家計管理のポイント|カード支払いで苦手な家計簿管理を補助

たしかに家計簿をつけることは大切ですが、このご夫婦は苦手なことを補うために家計の支払いを全てカードで管理されていました。

家計管理の方法は、毎月決まった生活費をデビットカードの専用口座に用意して、デビットカードで支払いをするという方法です。

デビットカードならスマホで残高を確認できるため、以前に比べて特に何もせずに家計を把握することが楽になったとのことでした。今は大きな買い物をする時だけクレジットカードを利用して、ポイントも上手に貯めているそうです。

このご夫婦は「家計簿をつけるのが大事なのではなく、家計管理をすることが大切」ということを実践しています。同じように家計簿による家計管理が苦手なご夫婦も、ちょっとした工夫でストレスなく家計の管理をできるようにしましょう。

上手な家計管理例3.30代夫婦(正社員、派遣社員)Cさん

家族構成:
Cさん33歳(会社員)年収400万円
奥様30歳(派遣社員)年収200万円

相談内容|投資について

Cさんご夫婦は結婚して2年が経ち、そろそろ将来を見越した株式投資などを始めたいと考えています。ところが、投資をしたいCさん、投資に不安がある奥様で意見が分かれています。

ご夫婦は結婚後は奥様の収入は全て貯蓄に回し、Cさんの収入だけで生活してきました。そのため、結婚後は奥様の収入全てとご主人の収入の一部を合わせて年間250万円、結婚生活2年ながら貯蓄はすでに500万円ありました。

相談後、普通預金でお金を貯めていても低金利で増えるスピードが遅いため、奥様の収入はこれまで通り貯蓄し、Cさんの収入から貯蓄に回している金額で投資信託を始めることになりました。

家計管理のポイント|奥様の収入は貯蓄、ご主人の収入でやりくり

Cさんご夫婦の様に、奥様の収入は全て貯蓄に回し、ご主人の収入のみでやりくりするというルールを作ることで、貯蓄のペースがぐんと早くなります。

これは、夫婦がお互いの収入をよく知っており、お互いの稼ぎが1つの家計で管理されていることをよく理解しているためです。

このようなご夫婦であれば、今回のご相談のように一部を投資に回すなどの判断があっても、お互い納得がいく方法や納得がいく金額を導きやすいでしょう。

家計のやりくり上手な夫婦の特徴

今回ご紹介した3組のご夫婦には、家計のやりくりが上手くいく特徴があります。

・お互いの収入と支出が見える化されている
・家計について夫婦ともに把握している
・何となくでも夫婦で家計の目標が見えている

つまり、家庭内のお金の流れが入ってくるところから出ていくところまでが全てお互いが見えているということですね。うまく貯蓄ができないなどの家計のお悩みがあるご夫婦は、まずは「家計の見える化」をすることから始めてみましょう。

見える化のためには、世帯収支、ライフイベントの管理が必要です。以下の記事を参考にして、上手な家計管理を行ってください。

参考|貯蓄ゼロ家庭の家計の改善方法は?世帯収支の問題点の洗い出し方
参考|家計管理と見直しに必要なライフイベント表とは?作り方と事例
参考|家計を改善!年間収支表(家計簿)の作り方と支出削減事例

また、無理のない家計の見直しでお金を貯めるために、できるだけ多くの改善ポイントも知っておきましょう。

参考|自然にお金が貯まる!無理なくできる6つの家計改善・成功事例

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。