本当のスタートダッシュは5月!「春に出遅れた人が挽回する」小さなコツ

11

読了目安[ 3 分 ]

4月からはこれまでの自分と違って「朝早くに出社しよう」「仕事の計画をしっかり立てよう」など様々な目標を持っていた人も多いのではないでしょうか。

しかし、そんな目標に反して結局昨年と何も変わっていない…とため息をこぼしている人もいるでしょう。今回は、そんな方のために、5月から再スタートを切り直すポイントについてお話しします。

5月から再スタートを切るために

自分が立てた目標が一度崩れてしまうと「自分はやっぱりダメだ」という思考に陥りがちです。そのような考えになるのは仕方がないことですが、最初に失敗したために1年間何も意識を変えずに生活を送るのは賢い選択とは言えません。

まだ1ヶ月過ぎただけで、今年度は残り11ヶ月もあるのです。4月に忙しくて思うような行動を取れなかったのであれば、5月からの行動で挽回していく志を持ちましょう。

生活への変化は少しずつ

次に、自身が立てた目標通りに行動ができなかった理由を考えてみましょう。年度の移り変わりのために忙しかっただけなのか、人や環境の変化に適応しきれなかったのか、それとも自分の意思が強くなかったのか…。

様々な理由があると思いますが、目標が達成できなかった大きな理由の1つとして目標を数多く立て過ぎていたということも考えられます。一般的に人は変化を嫌うため、一度に多くの変革を加えるとストレスが大きくなります。かかるストレスが大きくなれば当然、以前のストレスが少ない生活に戻りたくなるでしょう。

ですから、生活に何か変化を加えるときには一度に大きく変えるのではなく、1ヶ月に1つずつ変化をもたらしていくなど、少しずつとり入れてみるのが良いのではないでしょうか。

10万円程度は貯蓄しておこう

また、どのような目標を立てるかによって今後の生活にもたらす影響の大きさは異なるでしょう。様々な目標があるかとは思いますが、何かを始める際にお金がかかるために止めておくというケースは意外と多いもの。

ですから、何かを始めることに抵抗がないくらいのお金は持っておきたいですね。例えば、あっという間に6万円!やっぱりスゴイ「500円貯金を成功させる」コツ で紹介した500円貯金をすれば、3日に1回貯めるだけで年間6万円、毎日ななら年間で約20万円の貯蓄を目指すこともできます。こういったある程度の貯蓄をすることで、何かを始めようと考えたときのリスクや抵抗感を小さくしておきたいものですね。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。