やればデキる!「5年で1,000万円を貯金する方法」手取り35万円の実例

184

読了目安[ 6 分 ]

貯金のために節約しているのに、なかなか貯まらない。そんな悩みは、意外と収入がしっかりある人ほど感じています。努力の甲斐がなくては、どんなに気が長い人でも嫌になりますね。

でも、「貯金なんてもうやめた」とヤケを起こすのはまだ早い。貯まらないのは、やり方が合っていないからです。自分に合った方法なら、5年で1000万円の貯金も無理なくできます。

今回は、5年間で1,000万円貯金する方法を解説します。

何のためにお金を貯めるのか、目標を立てよう

5年後に1,000万円あったら、何をしたいですか? 将来のために住宅購入、会社をやめて起業、海外留学で自分に投資…。このような希望も現実にすることができますね。

貯金には目標が必要です。「いつまでにいくら貯めたいのか」という目標がなければ計画が立てられません。計画がなければ実行もできません。はっきりとした目標がないまま、なんとなく100万円くらいなら貯めることができても、そういうお金はなんとなく使ってしまうものなのです。

1,000万円貯めるステップ(1)計画表を作る

5年で1,000万円とすると、単純に考えて1年で200万円です。ボーナスを考慮に入れなければ、月17万円ずつ貯めると1年で204万円になります。もし、年2回のボーナスからそれぞれ22万円ずつ貯金にまわせれば、毎月13万円の貯金でいい計算です。ただし、ボーナスは会社の業績によって変わります。できればボーナスは考慮に入れずに計画表を作りたいですね。

では、月の手取り額から17万円を差引いてみましょう。その金額で生活できそうですか? 難しそうなら、家計の支出を見直す必要があります。見直しは、固定費から検討しましょう。

1,000万円貯めるステップ(2)月17万円を捻出する

では実際に、月17万円を捻出した例をご紹介します。
筆者が家計相談をしたS山さんは、東京都在住の独身女性。月の手取り約35万円のうち、2万円は貯金しているもののなかなか増えません。そこで、マンション購入を目標に一念発起しました。

家賃の値下げ交渉:-2万円

4年前に入居してから、家賃はずっと変わりませんでしたが、不動産会社のサイトで確認すると、家賃相場は下がっていました。更新時期にオーナーと交渉して、月2万円の値下げを実現しました。

車を手放した:-5万円

買物やレジャーに使っていましたが、重い買物はネットスーパーを利用、レジャーは公共交通機関を使ったり、カーシェアリングしたり。車が無いことで駐車場代だけではなく、税金や保険料もいらなくなりました。

生命保険の見直し:-2万円

社会人になった時、親戚に勧められて加入していた生命保険を確認すると、3000万円の死亡保障がメインの内容でした。独身なら高額な死亡保障は不要です。医療保険とがん保険だけにしました。
参考:死亡&医療保障は不要?おひとりさまの老後資金計画「保険の選び方」

ランチを手作りお弁当に:-2万円

お弁当と一緒にマイボトルを持っていくと、1日1000円の節約です。

ヘアサロンの利用頻度見直し:-5,000円

ヘアサロンを利用する回数を減らし、そのかわりヘアアイロンを買って、見た目は変わらないようにしました。

携帯電話を格安スマホに:-5,000円

最近は月額利用料が安い格安スマホもたくさんの選択肢があります。
参考:今のままじゃ51,000円も損してる!「格安SIM」おすすめプラン徹底比較

そのほかには外食やタクシーなどの利用を減らすことで月17万円を貯金に回せることがわかりました。でも、節約するだけではありません。お給料日前には自分へのご褒美としていつもより豪華なディナーを楽しみました。1,000万円までの長い道のりには、メリハリが必要です。

1,000万円貯めるステップ(3)先取り&強制で貯金

さて、どんなに支出の見直しをしても、毎月の収入から余った分を貯金する方法ではうまくいきません。お金は、あればあるだけ使ってしまいがちです。

月の収入から17万円を差引いても生活できる試算ができたら、まずは貯金分を差引いて、余った分で支出をやりくりしましょう。さらに、貯金分の先取りは強制的にされるようにしておくと確実に貯まります。

財形制度の利用

勤務先に社内預金の制度があれば、ぜひ利用しましょう。財形制度は利用しないと損。貯蓄型なら、元本550万円までは利息が非課税になるメリットがあります。給与天引きであれば、初めから無かったものとして貯めていけるので、ストレスを感じずに貯金を増やせます。

自動積立定期預金の利用

そのような社内制度がなければ、毎月指定した日に自動的に振替される、銀行の自動積立定期預金の利用も良いでしょう。これは、給与の振込に使う普通預金口座から、同じ銀行の定期預金口座に振替えるようにするのが一般的です。

ネット銀行の手数料無料サービスの利用

最近では、インターネット銀行に他銀行から毎月決まった金額を手数料無料で入金するサービスもあります。金利の高いネット銀行に、自動的に貯金ができる仕組みを作っておくと、いつの間にか貯まっていきます。

最後に

貯金のために毎日節約していては、我慢ばかりで続きません。ストレスを感じずに貯められる方法を見つければ、5年で1,000万円も無理ではありません。自分にあった方法で、ぜひ1,000万円の大台を実現させましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。