これがたった5年で1000万円貯める方法!手取り35万円の実例

読了目安[ 6 分 ]

「貯金のために一生懸命節約しているのに、なかなかお金が貯まらない。」という悩みは、意外と収入がしっかりある人ほど感じています。節約をしてお金を貯めるのは時間がかかる作業です。そのため、気が長い人でも嫌になることは多いでしょう。

でも、「貯金なんてもうやめた。」とヤケを起こさないでください。お金が貯まらないのは、そのやり方があなたに合っていないからかもしれません。

自分に合った方法さえ見つけられれば、無理なくたった5年で1000万円の貯金をすることもできるんです。

そこで今回は、筆者が家計相談を受けた東京都在住の独身女性Sさんの事例をご紹介します。

Sさんは年収500万円で、月の手取り約35万円のうち2万円は貯金していますが、なかなか増えません。どうすれば、Sさんはたった5年で1000万円貯金することができるでしょうか。

1000万円貯めるステップ1.お金を貯める目標を立てる

「5年後に1000万円が手元にあったら、何をしたいですか?」

将来のために住宅の購入、会社をやめて起業、海外留学で自分に投資……など、1000万円が手元にあったら、できないと思っていた希望も現実にすることができますね。

何かを成し遂げるためには目標が必要です。もちろん、お金を貯めるためにも目標が必要です。

「いつまでにいくら貯めたいのか」という明確な目標がなければ、具体的な計画が立てられません。具体的な計画がなければ、日々お金を貯めることを実行できません。

明確な目標、具体的な計画がないまま、なんとなく100万円ほど貯めることができても、そのようなお金はなんとなく使ってしまい、いつの間にかなくなっているものなのです。

Sさんの場合は、マンション購入を目標に一念発起してお金を貯めることにしました。

1000万円貯めるステップ2.計画表を作る

5年で1000万円を貯めるということは、単純に考えて1年で200万円ずつ貯めなければいけません。さらに200万円を12か月で割ると、毎月16.7万円ずつ貯めることになります。

仮に、年2回のボーナスから22万円ずつ貯金にまわすことができれば、毎月13万円の貯金で足りる計算になります。ただし、ボーナスは会社の業績によって変わるため、考慮に入れない計画表を作りたいですね。

では、現在の月の手取り額から17万円を差し引いてみましょう。Sさんの場合は18万円になります。

あなたは、その金額で生活できそうですか?もし生活することが難しそうだとしても、すぐに諦めずに、まず家計の支出を見直しましょう。

1000万円貯めるステップ3.月17万円を捻出する

では実際に、月17万円を捻出した支出の見直し事例をご紹介します。家計の見直しは、固定費から検討するのがセオリーです。

1.家賃の値下げ交渉|-2万円

4年前に入居してから、家賃はずっと変わりませんでしたが、不動産会社のサイトで確認すると家賃相場は下がっていました。そのため、更新時期にオーナーに家賃交渉して、月2万円の値下げを実現しました。

参考|家主も納得!7つの家賃交渉方法とコストテクニック

2.車を手放した|-5万円

車は、普段の買い物やときどきのレジャーに使っていましたが、重い買い物はネットスーパーを利用し、レジャーは公共交通機関やカーシェアリングを使うことにしました。

車を手放すことで、毎月の駐車場代だけではなく、自動車税や自賠責保険、任意保険料もいらなくなりました。

参考|カーシェアリングで知っておきたい5つのお得な検討ポイント
参考|維持費を節約しよう!カーシェアリング料金と車所有の費用比較

3.生命保険の見直し|-2万円

社会人になったときに、親戚に勧められて加入した生命保険を確認すると、3000万円の死亡保障がメインの内容でした。独身なら高額な死亡保障は不要なので、医療保険とがん保険だけにしました。

参考|死亡・医療・介護保障は必要?独身の老後生活に備えた保険の選び方

4.毎日のランチを手作りお弁当に|-2万円

仕事のときはランチにお金を使っていましたが、毎朝20分早く起きて、お弁当と一緒にマイボトルを持っていくことにしました。ランチ代とランチのときの飲み物にかかる費用を考えると、1日1000円の節約になります。

5.ヘアサロンの利用頻度見直し|-5,000円

ヘアサロンの利用回数を減らし、そのかわりヘアアイロンを買って、見た目は変わらないように工夫しました。

6.携帯電話を格安スマホ・SIMに見直し|-5,000円

最近は月額利用料が安い格安SIMのプラン、格安スマホもたくさんありますね。これまで使っているキャリアから変えるのは抵抗があるかもしれませんが、毎月4000-5000円も安くなるなら考えた方が良いですね。

参考|今のままじゃ51,000円も損してる!「格安SIM」おすすめプラン徹底比較

7.その他の調整

上記だけで毎月12万円ほどの見直しに成功しました。逆に考えると、これだけ節約できる項目をずっと放っておいたのは、とてももったいないですね。

その他には、外食やタクシーなどの利用を減らすことで、ようやく月17万円を貯金に回せることがわかりました。

もちろん、ただ節約するだけではありません。お給料日前には自分へのご褒美として豪華なディナーを楽しみました。1000万円までの長い道のりには、納得ができるメリハリが必要です。

1000万円貯めるステップ3.先取り貯金を活用する

さて、どんなに支出の見直しをしても、毎月の収入から余った分を貯金する方法では挫けそうになることもあります。手元にお金があると、つい使いそうになりますよね。

月の収入から17万円を差し引いても生活できる試算がついたら、先取り貯金や給与天引きの強制貯金をして確実にお金が貯まるようにしましょう。

1.財形貯蓄制度の利用

勤務先に財形貯蓄制度があれば、ぜひ利用しましょう。財形貯蓄制度を利用すれば、給与天引きされるため、初めから無かったものとして貯められます。その状態に慣れれば、ストレスを感じずに貯金を増やせますよ。

また、財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄は、合計550万円の元本にかかる利子課税が免除になるメリットがあります。せっかくある財形貯蓄制度は、利用しないと損です。

2.社内預金制度の利用

勤務先に社内預金制度がある場合も、積極的に利用しましょう。社内預金制度とは、任意の額を給与天引きで会社に預金する制度のことです。会社はそのお金を使って、効率良く会社を運営します。

社内預金につく金利は最低でも0.5%のため、安定した経営をしている会社であれば銀行に預けるよりも大きなメリットがあります。

3.自動積立定期預金の利用

社内に財形制度がなければ、毎月指定日に自動振替される、銀行の自動積立定期預金を利用しても良いでしょう。給与振込に使う普通口座から、同じ銀行の定期預金口座に振替えるのが一般的です。

ただし、定期預金と言っても金利は期待できないため、あくまでも一般的な貯金と考えた方が良いですね。

自分にあった方法で無理なく1000万円!

貯金のために毎日消費する食事やレジャーなどを節約していても、ストレスが溜まってなかなか続きません。

大切なことは目標を見据えて、どうすれば目標の金額が貯まるかを最初に考えることです。そして、考えた方法を実行するために、なるべく自分の意志が介在しない自動的な方法でお金を貯めるようにします。

お金を貯めるためにはある程度の慣れが必要ですが、ストレスを感じずに貯められる方法を見つけられれば、5年で1000万円貯めることは本当に不可能ではありません。

Sさんは、初めに1000万円貯めようと目標を設定しましたが、計画を立てて以降は、如何にその計画に沿って生活するかを考えることで、とうとう5年で1000万円貯めることに成功しました。

みなさんも、1000万円という大きな金額に惑わされず、計画立ててお金を貯められるようにがんばってください。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。