紙切れ1枚をバカにしない!お金が貯まる「給与明細の正しい見方」

10

読了目安[ 3 分 ]

最近では給与は銀行口座へ振り込まれるのが一般的になり、銀行へ行けば手取額は分かるから給与明細は見ないという人も多いそうですが、それはとてももったいないことです。

給与明細書にはお金を増やすヒントがたくさん詰まっているんですよ!

給与明細を隅々まで眺めて!

「給与明細書」は、印刷された紙を受け取る場合もあれば、電子配布され自分のパソコンからアクセスして確認する場合もあります。様式も会社ごとに異なりますが、大きくは次の3つの情報が書かれています。

  • 勤務の状況(勤怠):出欠日数や残業時間など
  • 支払われるお金(支給):基本給や各種手当など
  • 差し引かれるお金(控除):健康保険や厚生年金といった社会保険料や税金など

勤務の状況

「勤務の状況(勤怠)」の欄には、労働日数や労働時間が記載されています。残業時間は勤務や体調管理をする上でよいバロメーターになります。

過労死などのニュースが度々報道されていますが、健康障害のリスクは、時間外・休日労働時間が100時間/月または2〜6か月平均で月80時間を超えると高まるとされています。

自分のライフワークバランスを良い考える上でも、ここを参考にしましょう。

基本給

「支払われるお金(支給)」欄には、基本給のほかさまざまな手当、交通費などが記載されています。

基本給は、勤続年数や年齢などで決まることが多く、一方ボーナスや残業手当はそのときの業績などによって大きく変動します。ですから、毎月の生活費は基本給だけでやりくりができるようにしておけば、不景気や万が一のときに強い家計になります。

必要なときにもらえるお金を知っておこう

「差し引かれるお金(控除)」の欄には、給料から差し引かれる金額が記載されています。たとえば健康保険料や厚生年金保険料、税金など。

これらのお金は自動的に引かれてしまうので、じっくりと内容を考えない方が多いかもしれませんが、イザというときにお金をもらうための“保険料”も含まれています。

・健康保険

・傷病手当金:病気やけがで働けなくなったときに現金を受け取ることができる
・産育児一時金:出産にかかわる費用が助成される

・厚生年金

高齢になったときに、年金を受け取ることができる制度。身体に障害を負ったり死亡したりしたときにも本人や家族が年金を受け取れます。

・雇用保険

・失業手当:失業してしまったときに給付される
・教育訓練給付:キャリアアップのための講座などが受講できる
・育児休業給付:育児休業を取得したときに給付金を受け取れる

たかが紙切れ一枚ですが、自分の労働の成果が凝縮されているものです。忙しい日々の中で給料日だけは給与明細を眺める時間を確保してみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。