社会人に必要な課題発見力とは?課題を見つける情報収集と整理方法

読了目安[ 4 分 ]

社会人として誰からも必要とされる人になるためには、どのような能力を身につければ良いでしょうか。

経済産業省が提唱している「社会人基礎力」は、「前に踏み出す力(アクション)」「考え抜く力(シンキング)」「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力と、それらの能力を構成する12の要素があります。

参考|社会人基礎力(METI/経済産業省)

この「社会人基礎力」を身につけるために、能力を構成する12の要素をクイズ形式で診断してみましょう。

今回のテーマは、「考え抜く力」の構成要素である課題発見力です。まずは、あなたの課題発見力を事例クイズでチェックしてみましょう。

課題発見力の事例クイズ

あなたは上司である課長から、「飲食業界の最近の動向について情報を集めておくように。」と指示されました。

あなたは、「分かりました」と答えたものの、抽象的な命令のためどうやって何の情報を収集して良いかわかりません。また、効率的な情報収集の方法を知りません。

そんなとき、あなたはどのような行動をとればよいのでしょうか。

A.飲食業界に関連する書籍や新聞記事を探し、集めた情報を整理しておく
B.情報は多いほうが良いと考え、インターネットを使ってできるだけ多くの飲食業界の情報を集める
C.書籍やネットなどで集めた情報ソースも取り寄せ、飲食業界に影響を与えそうな情報を精査しておく

課題発見力とは

課題発見力とは、現状を分析し、課題を明らかにする力のことです。課題を発見するためには、目標が明確になっている必要があります。

どのような状況を課題があると考えるのか判断基準が変わってしまうからです。目標を意識して現状を分析することで課題を発見することができるでしょう。

職場では、上司や先輩の指示通りに行動するだけでなく、業務全体の現状を客観的に分析し、問題意識を持って物事に取り組む姿勢が重要視されています。

課題発見力を見つけることで、広い視野で物事を捉え、周囲が納得する解決策を提案していくことができるようになります。

課題発見力の診断結果

A:課題発見力50点
B:課題発見力0点
C:課題発見力90点

Aを選択する人は、情報を収集して整理する能力を持っています。しかし、書籍や新聞は書き手や編集者の意向が織り込まれている可能性があるため、集めて整理しただけの情報では、課題発見に至らないでしょう。

Bを選択する人は、「情報を集めておくように」という上司の指示の意図を理解できない人です。仕事の基本とは課題を解決することなので、基本に忠実に考えることで、何をしなければいけないかがわかります。情報は多ければ良いわけではありません。

Cを選択する人は、客観的で正確な情報を集められるだけでなく、情報から課題を発見できる素養がある人です。できれば、情報収集を命じられた際に、上司に対して意図の確認を行ない、自分の役割を明確にすることで、より精度の高い仕事ができるでしょう。

課題解決力を鍛える5つのポイント

では、社会人に必要な課題解決力を鍛えるためにはどうすれば良いのでしょうか。基本は以下の行動を理解することです。

  1. 新聞やニュースを毎日チェックして気になる情報を収集をしながら整理しておく
  2. 情報の精度を意識して、客観的で正確な情報を入手するよう心がける
  3. 当事者意識を持ち、少しでも改善できることがないか課題を探す
  4. 問題点や疑問点があれば、徹底的に原因・解答を究明する
  5. 1つの仕事が完了したら、次の仕事に活かすための反省点や問題点をまとめる

課題を発見する力は、鋭い感性や発想力豊かな才能が必要なのではなく、絶えずトライアンドエラーを続けられる強い精神力が必要です。

たくさんの情報の中から見つけた課題が必ずしも解決に至らなければ、違うアプローチによって目的に沿った新たな課題を見つけ、解決策につながる道筋を提示する必要があります。

そのため、粘り強い情報収集と地道な現状分析を素早くこなす努力をしましょう。

社会人基礎力講座

  1. 社会人として誰からも必要とされる人になるための12のスキル
  2. なぜ社会人には主体性が必要なのか?主体性の事例と鍛える方法
  3. 働きかけ力を向上させたい!周りを巻き込むには人間関係と準備が大切
  4. 社会人に必要な実行力を身につける方法は?行動力だけではダメな理由
  5. 仕事の計画力を強くする方法は?普段の電話応対で計画力を自己診断
  6. 仕事の創造力を鍛えるには?必要なものは才能よりも知識と工夫
  7. 新社会人に必要な傾聴力とは?聴く力の向上で仕事を効率化する方法
  8. 仕事で発信力を高めるには?人間関係を構築する情報の正しい伝え方
  9. 柔軟性がある性格とは?仕事や人間関係を円満にする自己診断
  10. チームに必要な情況把握力とは?自分と相手の立場を理解する方法
  11. 規律性のある行動とは?人から信頼される規律を守る社会人診断
  12. 耐える力は必要なし!仕事のストレスコントロール力とは
  13. 社会人に必要な課題発見力とは?課題を見つける情報収集と整理方法

このシリーズは、著書『わかる!できる!「社会人基礎力」講座 誰からも必要とされる人になるための12のスキル』(高橋忠寛著・ビジネス教育出版社)を一部改編しながらお伝えしていきます。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。