モノを買わない時代がやってくる!「2017年的新思考シェアサービス」4選

読了目安[ 3 分 ]

カーシェアリングという言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。

カーシェアリングとは、一つの車を複数人が共有することによって維持費などの負担を分担する方法です。特に車などは購入や維持にお金がかかるため、シェアが広がっているようです。

最近、このような物をシェアする考え方が普及しつつあります。そこで今回は、物を買わないシェアサービスを紹介します。

相乗り相手をシェアする

まず、やはり注目が外せないのは車のシェアサービスですよね。たとえば『notteco』では、車をシェアするのではなく相乗りする相手を探すようなサービスです。

大阪から東京に行きたいと考えたときに、同じ目的地に行く相手や運転してくれる相手を検索して、相乗りするというもの。移動にかかる実費はみんなで割勘にします。ドライバーは本人確認書類等を登録していて、ドライブ回数や口コミなども開示されています。

服をシェアする

服は流行のものがありますし、毎日同じような服を着ていると飽きてしまうという方もいるかもしれませんね。そんな方におすすめしたいのが、服をシェアするサービスです。

女性ものであれば『sustina』、男性であれば『leeap』というサービスがあります。どちらも月額料金制で自分の目的や好みに合わせた服をレンタルすることができます。なかなか自分では服を決めきれないという人にもおすすめしたいサービスです。

場所をシェアする

イベント時などに緊急で会場を予約したい!なんてこともあるかもしれません。もしくは、パーティーを開きたいけれど会場にお金がかかりすぎる!なんてこともあるかもしれませんね。そんなときにもシェアサービスが利用できます。

『スペースマーケット』であれば、エリアや目的、会場タイプなどから目的に応じた場所を探すことができます。毎日使うわけではないけれど、ちょっとしたときに使いたいと考えたときにおすすめのサービスです。

時間をシェアする

何か人に頼みたいけれど、誰に頼めばいいのかわからないという方には『Time Ticket』をおすすめします。Time Ticketとはその名の通り、時間をシェアするためのサービスです。

新しくオープンする自分の店の名前を一緒に考えてほしい、このソフトの使い方を教えてほしい、キャリアの悩みを抱えているなど様々な悩みを相談することができます。

誰かにちょっとだけ協力してほしいと考える人にはぴったりのサービスです。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。