熊本地震から1年…加入率は20年で3倍「地震保険に入るべき人・リスク軽減法」

読了目安[ 2 分 ]

気象庁震度階級で最も大きい震度7を観測する地震が発生した熊本地震から、1年。熊本城は石垣が崩れ、多くの住宅も崩壊していった、あの生々しい映像は決して人ごとではなく、地震大国日本にいる限りいつ自分の身にふりかかるかわかりません。

地震保険加入率は20年で約3倍へ

地震で万が一自宅が崩壊するなど被害を受けた場合、やはり守ってくれるのは地震保険です。『一般社団法人 日本損害保険協会』の地震保険加入率の推移を見てみると、今から23年前の1994年の加入率は全国平均で9.0%という低さでした。それが年を追うごとに、見事に右肩上がりに増え、2015年には平均29.5%にまで達しています。

地震保険加入率の全国推移、マネーゴーランド

都道府県別に見てみると、最も加入率が高いのは宮城県。2010年でも加入率は33.6%と他の都道府県に比べて高いのですが、東日本大震災が発生した2011年には43.5%に急上昇し、2015年は51.5%に達しています。

地震保険は2017年1月に保険料が改定され上がっています。しかし、保険料が高いことを理由に加入をとどまり、万が一のときに後悔するようでは元も子もありません。地震保険に加入するべき人や保険料を減らす方法は地震保険値上げまであと1ヶ月!「駆込み加入&保険料を減らす」方法3つ を参考にてみましょう。

家探しのときにハザードマップを利用

また自宅を購入する際や賃貸の家を探す際でも、手できるだけリスクの低い安全なエリアを知っておくことはとても重要です。そのときに活用できるのが、国土交通省がまとめているハザードマップ。

活断層があり強い地震が起きたときに危険なエリアのほか、大雨で浸水のおそれがあるエリア、津波、洪水などさまざまなリスクがマップ上にまとめられています。

地震・津波・地盤の危険度を知る!「ハザードマップを使った」賢い家探し法 を参考に、どのようにハザードマップを利用すればよいか予め知っておきましょう。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。