うちの会社は大丈夫?17年分のデータで判明「倒産する企業」社名の特徴4つ

読了目安[ 3 分 ]

格安旅行会社の『てるみくらぶ』の倒産によって、海外旅行先へ行ったものの宿泊する場所がなかったり帰国の航空チケットを自力で手配しなければならなかったり、5月の連休前に大きな波紋を呼んでいます。

このような事態を避けるために、企業の倒産を予測する方法など、ないものでしょうか? そこで『マネーゴーランド』編集部では、東京商工リサーチ株式会社が発表している「倒産企業の社名調査」の結果を発見。

2000年1月1日~2016年10月31日までに倒産した法人17万9,577社と、生存企業131万2,043社の社名を分析した結果から、倒産のリスクが高い社名の特徴についてまとめてご紹介します。

倒産しやすい社名の特徴1:頭文字が「あ」

倒産した企業名をカナ読みしたとき、最も多い頭文字が「あ」で7,203件でした。「あ」から始まる企業名にするのは、「1番を目指したいから」や「電話張で最初の方に名前がのるから」などといった理由にすることがあるようですが、その思いはむなしく残念ながら倒産しやすいリスクは最も高いようです。

カナ読みの頭文字で、倒産率が高いのは「あ」に次いで、「し」、「た」でした。

倒産しやすい社名の特徴2:頭文字がカタカナの「ア」

特徴1で、カナ読みで「あ」の企業名は倒産リスクが高いとわかりましたが、その中でもさらにカタカナの「ア」から始まる企業は、倒産率が高くなります。

倒産しやすい社名の特徴3:社名が4文字

4文字の会社名は収まりや語呂がよい感じがするかもしれませんが、倒産する企業の割合は30.3%と最も高く、次いで5文字(13.9%)、6文字(13.4%)と続きます。カナ読みしたときの文字数については、8文字が最も多く、次に9文字、7文字となります。

倒産しやすい社名の特徴4:前株・前有

「株式会社」や「有限会社」が社名の前と後につく場合を比較してみると、倒産企業の73.5%が前につく方。前株(まえかぶ)、前有(まえゆうげん)の会社は危険かもしれません。

さて、自分の会社や家族、友人の会社など、改めてここで紹介した特徴に当てはまっていないか、こっそりチェックしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。