ペットと一緒に新たな生活を始めよう!犬を飼うってどういうお金が掛かるの?【受け入れ編】

読了目安[ 5 分 ]

犬と散歩する人を見かけるたびに「いいな〜。いいな〜。愛犬と散歩…。いいな〜。」と羨み続け数十年。スーパーで飼い主の買い物終わりを待つ犬を見かけると、わしゃわしゃして遊び羨み続け数十年。

ペット飼育可能な物件に引っ越したのを機に、ペットを迎え入れることを決意しました。

ところが、 「決めた!犬を飼う!」そう意気込んだものの、自身のプライスレスな決心とは関係なく、「そもそも犬を飼うってどういうお金がかかるんだろう?また、毎月どれくらいのお金がかかるんだろう?」という不安が、、。皆さんはご存知ですか?

ペットの愛くるしさに隠れて、お金という現実的なことには盲目になりがちなので、これから愛犬を家族として迎い入れようと考えている方に向けて、私の経験からちょっとお話したいと思います。
(小型犬・仔犬を前提としています。)

ワンちゃんっていくらくらいするの?

まずは、愛犬そのもの。購入や譲渡と入手方法は様々ですが、それぞれやっぱりお金は掛かるものです。

ペットショップやブリーダーから購入

販売元によって異なりますが、生体価格と呼ばれるペット代金とは別に、ワクチン代、マイクロチップ代などが必要になるケースが多いです。

里親募集で譲渡

主にボランティア団体から引き取る場合は、ペットそのものに代金は発生しないことが多いですが、団体が飼育していた期間のご飯代や予防接種代などを支払うケースも多いです。

捨て犬拾う

悲しい響きですが“捨て犬”であれば、無論引き取る際に代金は発生しません。
しかし、里親から引き取る場合同様に、飼育後にペットの健康管理という観点から、必要最小限のケアとしてワクチン代や狂犬病の予防接種を施すべきでしょう。

引き取り方で飼育に必要な経費は変わらない?

つまり、どこから引き取ろうが、飼育する上では、最低限必要なワクチンや予防接種、マイクロチップ代が掛かってきます。一体それらはどういった内容なのか、その他の掛かる経費と合わせてチェックしてみましょう。

ワクチン代

仔犬は免疫力が低いので、生後1ヶ月からワクチンを接種することで免疫力を高め、病気になりにくい体をつくります。概ね3回のワクチン接種が必要なので、散歩できるのは3回目のワクチン接種が終わってからです。3回目のワクチンが終わると成長の一つの節目を迎えられたようで、飼い主としてテンションが上がります。

1回目は約8,000円、2〜3回目は、混合5種だと5〜6,000円くらい。混合8種だと7〜8,000円くらいです。混合8種の方がもちろん望ましいですが、都心部に暮らしキャンプなどで森林訪れない場合は過剰かもしれません。

狂犬病予防接種

1回の予防接種代は3,000円前後です。
お住いの市町村区によって若干制度は異なるかもしれませんが、年1度の接種は義務付けられています。
また、全国3月〜4月が予防接種推進月です。お住いの市町村区に飼い犬登録をしておくと毎年案内が届きます。また、接種後、年度毎の「接種済プレート」が交付されます。

市町村区への登録

自治体単位で行われているので、お住いの市町村区によって異なる場合がありますが、ペットの登録が必要です。平たく言えば、ペットの住民票申請です。登録すると鑑札が交付されます。鑑札は首輪などに付けておくと、迷子になったときに、マイクロチップ同様に重要な手掛かりとして役立ちます。
登録時は3,000円ほど掛かりますが、一生ものです。また、市町村区をまたいだ引っ越しをされた場合は、引っ越し先への登録引き継ぎ申請ができます。
※実際の費用については各自自体のホームページなどで確認してください。

マイクロチップ

東日本大震災のときには飼い主とはぐれたペットがたくさんいました。マイクロチップは犬の首から背中あたりに埋め込まれますが、迷子になったときにマイクロチップから番号を読み取り、登録内容に沿って飼い主が判明します。
日頃の散歩で、首輪が抜けて走り去った飼い犬が保護されたときなどにも早期発見を促してくれます。

動物病院で施術含め6〜8,000円程度で対応してくれます。

別途、マイクロチップ登録料として1,000円必要です。

まとめ

費用 動物病院での
初診・再診料
備考
ワクチン 1回目 8,000円 必要 5種混合ワクチンの場合
2回目 5~6,000円
3回目 5~6,000円 3回目以降は年1回の接種が推奨されています
狂犬病予防接種 3,000円 必要 毎年必要
市町村区への登録 新規 3,000円 不要
マイクロチップ 施術料 6,000円 必要
登録料 1,000円

※全ておおよその費用です

義務付けされているのは、「狂犬病予防接種」と「市町村区への登録」の2点ですが、ワクチンもマイクロチップも重要な項目です。

ですので仔犬を迎えるときには、これらの全ての処置等を行ったとして約35,000円程度掛かることになります。ペットショップではなくご自分で動物病院に施術をお願いした場合は、初診や再診料が掛かってきます。ワクチンとマイクロチップを同時に行うなど工夫すれば、節約もできます。

飼い始めは何かと不安なことが多いですが、そんな時は動物病院の医師と相談してみてください。

ペットをお迎えする初年度だけでもそれなりに費用が掛かりますが、もちろん日用品などまだまだ費用の掛かるものがあります。次回以降ご紹介していきますね。

シリーズ:犬を飼うってどういうお金が掛かるの?

  1. ペットと一緒に新たな生活を始めよう!犬を飼うってどういうお金が掛かるの?【受け入れ編】
  2. 仔犬を迎えるための厳選アイテム6種!犬を飼うってどういうお金が掛かるの?【お家にお迎え編】
  3. 仔犬のノミ・ダニ・病気予防って大変?冷暖房はどうしたらいい?【日常編】
  4. 愛犬との散歩に欲しい5つのアイテム!!犬を飼うってどういうお金が掛かるの?【お散歩編】
  5. 旅行や急な出張にペットの飼い主がとれる3つの方法!留守番?それとも同伴?【旅行編】

同じカテゴリの記事

4コメント

  1. 桃太郎

    写真をみてるだけで、癒やされます!
    ちょっと気になったのですが、市町村区の登録は必須なのでしょうか。登録しなかった場合、何らかの処罰・罰則などあるのでしょうか。
    犬を散歩しているときに鑑札を付けてないことの方が多いようで、気になりました。

    1. ヴィクトール・ヒューゴ・フジオカ
      ヴィクトール・ヒューゴ・フジオカ

      かわいいですよね〜。実物は写真以上にこれまたかわいいです。
      市町村区の登録は必須というか、義務なんです。
      「動物の愛護及び管理に関する法律」(略称:動物愛護法)というのがあるのですが、これによると未登録の場合は、“二十万円以下の過料に処する。”とあります。

      電子政府の総合窓口「e-Gov」にも掲載されているので、ご参照ください。
      http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

      また、鑑札は迷子になったときの重要な手がかりになりますので、迎えられた際は、是非、登録してください。

  2. dTb

    交通違反より高額だし知りませんでしたじゃ通らないレベルなのに知らない人の方が多そう

  3. マル

    玄関とかポストに[犬]って書いてあるシールもあるよね?狂犬病の予防接種済証明書を役所に出すと配布されますね。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。