タイヤの経費が半端ない!「値上げするけど3年以内にパンク」Wの悲劇って…

読了目安[ 2 分 ]

車は購入後の維持費がかかることがよく知られています。ガソリン代に保険代、駐車場代、車検代…など。そんな中、実は意外と盲点なのが、タイヤです。

先日発表された調査によると、タイヤは3年以内にパンクする経験者が多く、しかもこの春からタイヤ各社が次々と値上げを発表しているのです。一体タイヤにどのくらいお金が必要なのでしょうか?

4割がタイヤのパンクを経験

全国のドライバー10,689名にGfKジャパンが自動車タイヤに関する調査を実施。自動車タイヤのパンク経験をたずねたところ、夏タイヤでは40%、冬タイヤでは9%もの人が経験があることがわかりました。

しかも年代別に見てみると、夏タイヤについては年齢が高くなるほどパンク経験の割合が高まり、20代以下では24%なのに、50代では43%にものぼることも判明しました。

4割がタイヤのパンクを経験、マネーゴーランド

また冬タイヤについては、夏タイヤよりパンクが起こる割合は減るものの、軽自動車ユーザーに限ると49%と約半分がパンク経験者であることもわかりました。

3年経たずにパンクする!

さらにパンク経験者に、タイヤを購入してからパンクするまでの期間について聞いたところ、夏タイヤでは平均33.0ヶ月、冬タイヤでは29.8カ月となり、大半が購入してから3年ももたないうちにパンクしている実態が明らかとなりました。

4割がタイヤのパンクを経験、マネーゴーランド

ちなみに、北海道や東北といった降雪地帯ではさらにこの期間が短く、北海道の冬タイヤでは26.5ヶ月、東北では27.2ヶ月となりました。

大手タイヤ各社が2017年春に約6%の値上げ

この調査結果に追い討ちをかけるように明らかとなったのが、天然ゴムの市場価格高騰を理由とした、タイヤ各社の値上げ発表。乗用車用タイヤについての値上げと実施時期は以下のとおりです。

  • 横浜ゴム株式会社:4月1日から6.0%
  • 東洋ゴム工業株式会社:5月1日から5.5%
  • 日本ミシュランタイヤ株式会社:6月1日から5.0%
  • 株式会社ブリヂストン:6月1日から6.0%(冬タイヤは9月1日~)

たとえば、タイヤ4本の値段が20,000円の場合、6.0%の値上げで21,200円になる計算です。タイヤがパンクして、パンク修理ではなくタイヤ交換するとなると、これ以外に工賃と廃タイヤなどの費用もかかりますから、かかる経費はさらに上がります。(参考:タイヤ交換:1本¥1,000~、廃タイヤ処理:1本¥250~、ゴムバルブ交換:1本¥250~ ※『イエローハット』編集部調べ)

ただ、自動車オーナーにとって救いなのは、2017年4月から自賠責保険が値下げされたこと。4月から「自賠責保険が値下げ」!自家用車でいくら安くなる? を参考にして、家計をやりくりしていきたいですね。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。