2割は削減できる!「新生活に見直すべき」生活費のポイント4つ

読了目安[ 2 分 ]

春と言えば新生活の始まりなど、毎日の暮らしに大きな変化が生まれやすい時期ですよね。
そこで新たに生活を始めるにあたってお金のことを考え直したいところです。

そこで、今回はそんな春に見直したい家計の4つのポイントについてお話しします。

食費

まず、始めに考えたいのが食費です。
食費を節約すると聞くと
「食事制限をして我慢して大変!」
というイメージを持たれるかもしれません。
しかし、そういった食費の節約はストレスになり、続けるのは難しいでしょう。

そうではなく食費の節約として確認したいのは、コンビニや外食などで使っているお金のことです。
コンビニ平均利用日数と利用金額は?毎日使うと1年28万円の出費…
で述べているように、例えば、毎朝のコンビニコーヒーは節約できないか、家族との外食を少し減らすことができないかといった具合です。

ストレスの少ない範囲でこういった出費を減らすことができれば家計ももっと楽になりそうですね。

通信費

通信費は家計を削る最大のポイントとして上げられます。
最近はスマホプランを安くするために様々な格安スマホが登場しています。
これらを利用することで、今と変わらない使い方をしていても月額使用料を3000円以内に抑えられるケースも少なくありません。

他にも、単身赴任などで一人暮らしであればインターネットを家に引かなくても、ポケットWi-Fiで家も外も通信をまかなうといった方法もあります。
これらを上手く組み合わせると確実に家計の助けになるでしょう。

保険

また意外と見直したいのが保険です。
日本は保険大国とも呼ばれ、必要以上に保険に入っているケースが少なくありません。
「子どもに十分な教育を受けさせるため」
「万が一に備えて」
という方が多いのはわかりますが、いくらお金が必要かというのは、求めるとキリがありません。

自分に明日もしものことがあった場合、家族が生活するためにはどれくらいのお金が必要かについて考え直してみるといいでしょう。

参考:万が一夫が…残された家族に必要なお金はいくら?【生命保険の決め方】

有料チャンネルや定期購読など

最後に節約すべきポイントとして、家につないでいるケーブルテレビや雑誌などの定期購読です。
これらの出費は毎月かかるものの金額がそれほど高くないために、解約がどうしても後回しになってしまいがちです。

しかし、ちりも積もれば山となります。
せっかく家計を見直すのであれば、こういった小さな節約にも目を向けたいですね。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。