1年で21万円も差が出る!「貯金がみるみる貯まる」逆転的お金の使い方

読了目安[ 3 分 ]

「今年こそ貯金をしよう!」と心を決めたのに、結果は散々。そんなことを繰り返していませんか? 

お金を貯めようと思っていても思うように貯められない原因は何なのでしょうか? 給料が安いから? 誘惑に弱いから?

昨年の平均貯蓄増額は37.4万円

全国の20歳~69歳の男女1,000名に株式会社ジェーシービーが行った『キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2017』の結果をご紹介します。それによると、新年度の目標として、「ダイエット」や「仕事や家事の効率アップ」を抑えて最も回答が多かったのが、「貯蓄」でした。

しかし、昨年1年間で増やせた貯蓄額について聞くと、「0円(増やせなかった)」が36.2%、「1万円~50万円未満」は36.4%となり、まったく貯金を増やせなかった人と50万円以下だった人が大多数であったことがわかりました。ちなみに平均貯蓄増額は37.4万円です。

現金派とキャッシュレス派で貯蓄増額に大きな差

しかし、この平均貯蓄増額を「現金派」と「キャッシュレス派」と分けて見てみると、現金派は30.5万円なのに、キャッシュレス派は51.8万円と、大きく差がついているのです。

ちなみに2016年に行われた同様の調査結果では、現金派は35,5万円、キャッシュレス派は47.0万円。つまり、現金派は昨年よりも貯金増額が落ちているのに、キャッシュレス派は増えていることがわかります。

キャッシュレスだとなぜお金が貯まる?

ここで言うキャッシュレス派とは、現金で支払うのではなくクレジットカードや電子マネー、プリペイドカードなどを利用した方法のこと。

キャッシュレスだと自分の財布からお札を出すという行為をしなくて済むため、自分がいくら使っているのか把握できずに、使いすぎてしまいそう…と思う方もいるかもしれません。

しかし、「家計簿などで、家計の見える化をしている」という質問で、キャッシュレス派で「はい」と答えた人は33.5%で、現金派の24.9%よりも高く、キャッシュレスだからこそお金の管理をきちんとしている人が多いのかもしれません。

またカードなどを上手に利用することで、ポイントなどの特典が受けられる場合があり、それらを上手に活用していることも貯金上手になる秘密かもしれません。今年こそ貯金をしよう、と思っているのなら、現以外のお金の使い方を考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。