金がだーい好き!「中国人がゴールドを好む」DNAに刻まれた理由は

7

読了目安[ 4 分 ]

現代の中国人は金(ゴールド)が大好きです。
もちろん、日本人も金は大好きなのですが、金ピカ・成金・派手すぎるという要素もあってか、控えめです。結婚指輪にはプラチナが好まれますしね。

しかし、中国人は金が大好き。近年、中国の経済力が高まったこと・金の生産量が増えたことで、金大好きの本領を発揮しています。上流階級の間では、旧正月に、金(ゴールド)を贈る習慣もあり、需要が増えます。

お金持ちのステータスに金はピッタリ!

中国をはじめ、世界では自分がお金持ちであること・権力や地位を持っていることをアピールした方が有利です。
いわゆるステータスを見せておかないと、お店や警察などから十分なサービスを受けられないこともあります。
日本でも時計やベンツ・BMWなどの高級車でステータスを見せるケースがありますね。それをさらに強烈にしたようなイメージです。

さらに、モノやサービスを売る時も縁起・派手さを大切にします。
メンツや地位を大切にするのも中国の文化的・歴史的なことが背景にあります。

通貨と土地は財産ゼロになる!?

中国は、昔から王朝交代を繰り返してきた国家。
徳を失った君主は、次の君主に道を譲る禅譲で平和的な交代はわずかで、ほとんどは武力で王朝が交代したのです。
そして、黄河・長江を利用した豊かな農耕民族は、北の遊牧民族に征服された歴史を持っています。

王朝が交代すると前の王朝が発行する通貨や不動産を含む利権の一部はリセットされてしまいます。
前の王朝が保証した負債がチャラになるのは、どこの国も同じですが、懸命に貯めた財産をゼロにされる人はたまったものではありません。

信じられるのは、土地・お金それともゴールド

さらに、現在の中国は共産党政権。資本主義を取り入れたとはいえ、不動産や株式の保有権を取り上げられるリスクはゼロではありません。
通貨の人民元も、近年は価格が下がり続けている上に、国外への持ち出しに制限があります。(例:人民元の外貨両替は年間5万ドルまで)

また、中国のビジネスやプライベートの交渉で、賄賂が頻繁に起きており、習近平政権が、腐敗撲滅運動に動いているのをご存じの方も多いと思います。
いざ、自分が粛清の対象になれば、土地や株式はあっという間に取り上げられます。

中国人の富裕層は、土地・株式・人民元と資産を分散しても安心できません。
他に安心できて儲かる金融資産を常に探しており、その対象が金(ゴールド)や仮想通貨のビットコイン。新しいビットコインと古くから存在する「金」、この二つは意外に共通点が多いのです。

  • 政府が発行・保証をしている通貨ではない
  • 世界中で利用できる(利用個所・方法には制限あり)
  • 中国国外に持ち出すことができる(人民元・株式・土地に比べて)
  • 匿名性を維持しやすい</li

つまり、中国は、権力・お金持ちの象徴として金や金色を好む傾向があることに加えて、政治・経済的な不安を抱えており、実物資産の金を持ちたがるということになります。

2016年の金消費需要:ベスト10
2016年の金消費需要:ベスト10、マネーゴーランド
WGC(ワールドゴールドカウンシル)

世界の金需要の中でも、中国とインドの二国は群を抜いています。
両方とも、文化的に金を好きな上に、紙幣や金融資産への信頼感が乏しい国。

そう思うと、日本人が中国をはじめとしたアジア諸国に比べて、金に対して執着しないのは、政治・経済的な安定があるからだと言えるでしょう。
金以外にも銀行預金・株式・債券・投資信託などの選択肢がありますからね。

次回も宜しくお願い致します。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。