TV出演は年295本「りゅうちぇるの月収は98万円!?」勝手に推測

1

読了目安[ 4 分 ]

昨年の暮れに相棒ぺことの結婚を発表し、男の株を上げたりゅうちぇる。最近はバラエティ番組だけでなくCMなどの露出も増え、ますますタレント業の幅を広げています。

そんなりゅうちぇるが、2月5日に放送された『情熱大陸』(TBS系)の中で、大好きな洋服を買いにいく場面がありました。「1万9,700円」というお会計が予算をオーバーしていたのか、選んだ商品の中からシャツを1枚外したりゅうちぇる。その結果、支払った金額は「1万2,400円」。

相当稼いでいると思われる彼ですが、1回のお買い物の金額は意外と一般的。もしかしたら、結婚を機にお小遣いが減った…ということもあるのでしょうか!? そこで、りゅうちぇるがもし世のサラリーマンのように“お小遣い制”だとしたら、幾らもらっているのかを想定してみました。

2016年TV出演本数は295本。1ヶ月の収入は…?

『情熱大陸』によると、りゅうちぇるが2016年に出演したテレビ番組は295本。さらに、日刊ゲンダイの記事によると、彼の出演料は1本8万円。ということは、2016年はテレビ出演だけでも2360万円稼いだことになります。

その中で彼の収入は? 所属プロダクションの取り分はさまざまですが、もし折半だとすると、1年で1180万円、1ヶ月に換算して約98万3千円です。21歳男性の収入としては、かなりいいほうではないでしょうか。

りゅうちぇるの1ヶ月のお小遣いは…?

そして、この98万3千円という金額を、サラリーマンのお小遣いの比率に当てはめてみました。

新生銀行の調査によると、男性会社員の1ヶ月のお小遣いは、月額の10.7%程度(最新2015年のデータから算出)。このデータに、りゅうちぇるの収入を当てはめると、彼のお小遣いは10万5181円。サラリーマンのお小遣い平均が、3万7642円(2015年)なので、ゴージャスな芸能人というより、世のサラリーマンに近い金額であることが分かります。

もっとも、彼はテレビ番組以外の仕事もしています。それに、これはあくまで想定のお小遣いです。ただ、約2万円の買い物に「ちょっと高いな」と感じるその感覚は、とても一般的であるように思えます。もし彼が芸能人をやめてショップ店員に戻っても、この金銭感覚なら十分に生き残っていけるでしょうね。

ところで、彼が買い物代を節約した理由は「贅沢をすると妻に怒られるかもしれないから」。最近は「サラリーマンのお小遣い制は、視野や行動範囲が狭まって夫をダメにする」という風潮もあり、たしかに潤沢なお小遣いには夢があります。しかし、これからの世知辛い日本を生き抜くには、しっかり者の奥さんを持って、きちんとした金銭感覚を持つことも大切なことかもしれませんよ。

<芸能人のお金事情に迫る!関連記事>

しくじり先生から学ぶ!副業やったら「失敗しちゃった芸能人」
TV出演が減っても気にしない!「副業で定期的な収入がある」芸能人4人
櫻井翔・DAIGOも…華麗すぎる家系に仰天「実家が金持ちな芸能人」5人

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。