モテない&昇給できない!絶対浮かばれない「典型的ダメ男」の特徴

読了目安[ 3 分 ]

「昨日と言ってることが違う!」そういう人はモテません。

なぜモテないのか?

それは
・仕事にロスが出る
・残業が増える
・成果が出にくくなる
・信用できなくなる
が挙げられます。

上司の言ってることが変わると、成果が大きく違ってきます。やったことが無駄になる可能性が高いんですね。これを繰り返して行くと、モテ度どころか、信用度まで落ちてしまいます。

必ずしも出来る上司である必要はありませんが、周囲の足を引っ張る上司は困りものです。その部署・チームの成績は部下の生活にも影響するのと、感情的に納得度が低いからです。

モテ度を上げるためにも、足を引っ張る状態にならないようにしたいものです。

なぜそうなってしまうのか?

意識してやってる人は少ないと思います。信用が落ちそうなことがわかりますからね。

しかし、こういうことが起きてるのが現実です。
やってる人が、良かれと思っていたり、そこまで意識してなかったりするのが原因です。

これは2つのパターンに分解して考えることができます。

(1)本当にコロコロ言っていることが違うパターン
一つ目は、本当にコロコロ違うことをいうタイプ。これは、指示の一貫性より、自分の立場を守る為か、適当に指示してる可能性が高い。

もし、あなたが、自分の立場を守るために意見をコロコロ変えてしまってるのであれば、一貫した指示になるようにしましょう。一貫してるつもりでも、コロコロ変えてるように見られる場合があるので、そういう時は後述を読んでください。

(2)適当に指示してるパターン
もう一つのパターンは、適当に指示してる人。もしかしたら、自分の言葉に重きを持ってないのかも知れません。上司の指示を軽く受け取る人は、この危険性があります。

部下に「上司の指示は絶対だ」と思ってる人がいると、適当に指示することが嫌われます。なので、部下が自分の言葉を重く受け取るのか、軽く受け取るのか知っておくようにすると良いです。重く受け取るタイプへは、しっかり言葉を選んで伝えるとモテ度が上がります。

最後に、良かれと思って、コロコロ変わってるように見える人です。そういう人は、自分は大きなゴールが見えてるけど、部下か見えてない可能性が高いです。そうなると、部下は全く違うことをいつも言われてるようい受け取ってしまう可能性があるのです。

この場合、大きなゴールを先に先に共有することが大切です。
コロコロ変わってるように見えるのは、ついついやってしまいがちなことです。
ポイントを押さえてモテ度をUPさせて行きましょう。

<年収とモテ度を上げる!おすすめ関連記事>

年収1,000万以上の65.9%が朝型!成功者に共通するライフスタイルとは
年収1,000万円を超える人の共通点!「引きずらない思考」が良いワケ
モメる男が「昇級無し&嫌われる」ワケ【脱!モテない中間管理職】

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。