胸のドキドキが止まらない…「手を引かれて歩く旅行体験」VRが登場

2

読了目安[ 2 分 ]

ヘッドマウントディスプレイを装着し、そこから覗いた世界は現実と見まがうような世界が広がり、異空間に自分がいるような感覚を楽しめる…。それが、VRです。

さまざまなVRが開発されている中、人に手を引かれながら、自分の訪れたことのない場所へ連れていってもらうような体験をできるVRコンテンツの試作版が、株式会社AOI Pro.より発表されました。

体感と映像のシンクロを実現した日本初のVR体験システム

同社はこれまでに、圧倒的体感、VRってどんな世界!?〜VR Dream Match – Baseball取材レポート〜 で紹介した、野球体験ができるVRコンテンツの制作を行っています。

今回同社が発表したのは、VRコンテンツ『WONDERFUL WORLD – VR Private Tour (TM)』の試作版。自分ひとりではなく、誰かに手をひかれて連れていってもらう“ドキドキ感”も感じられるというもの。

2016年最も売れたお笑い芸人「永野」が語る「お金」とは、マネーゴーランド

360度の実写映像と立体音響による臨場感、さらに体験者が実際に行う「歩く」という動作を行うことで、五感がシンクロ。よりリアルな体験ができるように開発されました。

リアル感を追求

VRの歩行装置はいくつか発表されていますが、株式会社AOI Pro.はより自然に足を運ぶ歩行体験にすることを追求。筑波大学システム情報系岩田洋夫教授から歩行装置「トーラストレッドミルmini」の貸与を受け、本コンテンツの開発に活用。

誘導アクチュエータ(手)、体感装置、歩行装置を組み合わせて映像にシンクロさせるVR体験システムは日本初だそうです。(現在特許出願中)

ちなみに冒頭で紹介した、野球体験ができるVRコンテンツはサービス版が先日発表されたばかりです。ますますVRの開発そして描く世界に目が離せなくなりそうです。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。