驚愕の金利60%も!「残価設定ローンでMINIを購入」メリットと詳細プラン

58

読了目安[ 4 分 ]

残価設定ローンは人気がキモ

国内外の新車を購入するときにおすすめしている残価設定ローン。車両価格の一部を据え置きにすることでローンの支払いを低減させるだけでなく、購入時に用意する頭金もぐっと抑えることができます。

参考:フェラーリもBMWも夢じゃない!「高級外車に半額で乗る」賢い選択

いまでは主流となった残価設定ローンを、さらに賢く利用するなら人気の高いメーカーを選ぶのがポイント。そこで今回は、数ある輸入車の中でも人気の高いMINIを取り上げてみることにしましょう。

発売以来ずっと人気が高い

2003年3月2日に発売されたミニ。昔のミニが持っていたデザインを受け継ぎながらも、BMWの生産によるクオリティの高さによって人気がブレイク。3代目となった現在でも、多くのファンを魅了し続けています。初代ミニを購入してからその魅力に惹き込まれ、新しいモデルが登場するたびに買い替えるオーナーも少なくありません。

人気の高いMINIは残価設定ローンがおすすめ、マネーゴーランド

残価設定ローンと人気の方程式

そんな人気のあるミニだからこそ、ぜひおすすめしたいのが残価設定ローンなのです。残価とは据え置き価格のことで、この残価が大きければ大きいほど毎月のローンや頭金を大幅に抑えることができます。つまり人気のある車を選ぶことで、残価設定ローンの旨味をより多く味わうことができるのです。

残価設定はすべて同じではない

残価設定ローンの最大の利点は、据え置き価格にあります。車両価格の一部をあらかじめ据え置きにして残りの車両価格でローンを組むことになるのですが、この据え置き価格が最終回の支払いまで保証されているかどうかによって、その後のカーライフに大きな影響を与えます。現在ほとんどの車メーカーで残価設定ローンが用意されていますが、据え置き価格を最終回の支払いまで保証しているメーカーはあまりありません。

人気の高いMINIは残価設定ローンがおすすめ、マネーゴーランド

数年後のことは分からない!?

今から3年後や4年後に、果たしてこの車にどれくらいの価値があるか? それを予想して据え置き価格を決めることになるのですが、もちろん現時点で数年後の市場価値を予測するのは難しいもの。プレミアがついて上昇するかもしれないし、ライバル車がたくさん発売されて価値(中古車価格)が下落するかもしれません。そのリスクを防ぐため、車メーカーは据え置き価格を必ずしも保証しないというのもわかります。

MINIでは据え置き価格が保証される

その中で、MINI(とBMW)が展開している「フューチャーバリューローン」では、据え置き価格を保証してくれているのが最大の特徴。そのため最終回の支払い(もしくは乗り換え)のときに、差額が発生することがありません。やっとローンが払い終わったのに最終回でさらに追加のお金がかかるという心配がありません。

参考:ポルシェに半額で乗れる⁉︎「残価設定ローンの金利」注目すべき点は?

輸入車の中では車両価格も控えめ

さらにMINIは新車価格がほかの輸入車よりも控えめというのもポイントです。ベースグレードの「ワン」、人気のある「クーパー」、走行性能の高い「クーパーS」という3つのグレードがあるのですが、最も安い「ワン(MT)」であれば226万円で購入することができます。この価格の一部を残価設定ローンで据え置きにすれば、国産車に乗る感覚でMINIのオーナーになることができるのです。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。