「1244万のポルシェ」を300万円で購入する!カイエンを狙うテクとは

8

読了目安[ 6 分 ]

貴方の知らない名車がある

発売当初は圧倒的に高価なプレミアムカーも、新しいモデルが登場するころには価格もこなれてきます。しかしブランドの持つ潜在的なランドマーク性は決して色褪せません。そんなかつての名車を掘り起こして、今こそおトクに乗ろうというのがこの企画の趣旨。

今回は誰もがうらやむポルシェから、初代カイエンにフューチャーしてみましょう。

ポルシェ・カイエン(初代)

ポルシェといえば911に代表されるドイツきってのスポーツカーブランド。そんなポルシェがプレミアムSUVとなるカイエンを発売したのは2002年のこと。現在では当たり前になってきた高級車ブランドがこぞってSUVを発表していた当時でさえ、ポルシェのSUVは発売前から大きな話題を集めていました。

ちなみにポルシェは、このカイエンをSUVとは位置づけておらず、あくまで新しいスポーツカーという定義にしています。

驚くほどスタイリッシュな外観

実際に発売されたカイエンは、まるで911をそのままリフトアップしたような流麗なスタイリングを持っており、ポルシェファンを納得させる完成度の高さを誇りました。

ポルシェSUVカイエン
圧倒的な存在感を持つポルシェのSUVモデル

初代カイエンには2種類ある

現在は2代目となるカイエンが発売されており、今でもその人気は衰えることがありません。一方の初代カイエンは2002年から2006年まで発売された前期型と、2006年から2010年まで発売されていた後期型の2種類があります。両者の違いは排気量アップ&性能向上、ヘッドライトやフロントバンパーまわりのフェイスリストが主な違いです。

グレードは基本的に3種類

  • カイエン
  • カイエンS
  • カイエン・ターボ

V6エンジンを積んだベースグレードの「カイエン」、V8エンジンを積む「カイエンS」、V8エンジン+ターボチャージャーの「カイエン・ターボ」があるほか、後期型では「カイエンGTS」や「カイエン・ターボS」なども登場しました。ちなみに2代目カイエンにはハイブリッドモデルも存在しています。

300万円で憧れのポルシェオーナーになる、マネーゴーランド
911に引けを取らないスタイリング

初代は新車当時もお買い得だった

初代カイエンの発売当時の新車価格は以下の通りです

  • カイエン 659万円
  • カイエンS 860万円
  • カイエンターボ 1250万円

上記はいずれもAT車の場合。ちなみに最安値はカイエン(MT)の599万円です。 
最新のカイエン(現行モデル)は885万円なので、初代モデルの値段がいかに安かったがお判りになると思います。

300万円で憧れのポルシェオーナーになる、マネーゴーランド
ゴージャスなインテリアはプレミアムカーならでは

おすすめしたいのは後期型カイエン

初代カイエンは全般的に中古価格が安く、中には100万を切るような個体さえあります。その一方で発売から15年近い歳月を経ているため、故障などのトラブルにも気を付けたいところ。あるディーラーでは初代カイエンの前期型はマイナートラブルが多いという話を訊いたことがあり、前期型と後期型の価格差もあまり大きくないため、初代カイエンの後期型がおすすめです。

カイエンSはV8ゆえにランニングコストが高い(メンテナンスもお金がかかる)、カイエン・ターボは割安感が少ない上にタマ数も少ないのが理由です。さらにスポーツモデルはその特性上、前オーナーがスポーツ走行をしていた可能性も高く、そういった個体はどうしてもヤレが目立ちやすいのが特徴。

その点ベースグレードのカイエンは、旦那様がポルシェ911のオーナーで、奥様用として乗っていたというケースもあり、幼稚園の送り迎えなどで使われていただけという良質な個体も存在しています。

300万円で憧れのポルシェオーナーになる、マネーゴーランド
選ぶべきは3.6リッターエンジンの初代カイエン後期

100万円台は避けて200~300万円で選ぶ

あまり安すぎる個体は避けるとして、初代カイエン後期型の中古車相場はだいたい200万円からスタート。中には400万円台のものもありますが、初代カイエンの新車価格を考慮すると400万円オーバーの個体はあまり中古車で買う旨味はなさそうです。200万円台でも非常にタマ数が多いので、総額300万円以下で選ぶのがおすすめです。

300万円で憧れのポルシェオーナーになろう

最近の国産ミニバンでも軽く300万円オーバーは当たり前。中古車ではありますが、根気よく探せば状態の良いカイエンは必ず見つかります。ポルシェ911で家族4名乗せるのは実際のところかなり厳しいですが(後席の居住性)、カイエンなら家族4名+1名を乗せて快適なドライブが楽しめます。

メーターパネルやシフトまわりのデザインも高級感にあふれており、ドライブをより一層楽しいものにしてくれるはず。最新のポルシェ911カレラは1000万円オーバーですが、同じPORSCHEというエンブレムを300万円で楽しめるなら、十分お買い得といえるのではないでしょうか。

2~3分で入力完了する便利な中古車在庫問合せ無料サービスがありますので、まずはお試しを。
ガリバーでカイエンを検索

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。