大リーガー気分をリアルに体験!「VR Dream Match Baseball」サービス版登場

6

読了目安[ 2 分 ]

世界で今ホットなものといえば、VR。頭に取り付けるヘッドマウントディスプレイを覗くと、現実と見まがうようなコンピュータで合成された映像が広がり、まるで本当に自分がその空間へ飛び込んだような感覚を味わえるというもの。

そんなVRを応用して、野球選手になった気分を全身で体感できるのが、株式会社AOI Pro.が2016年9月に発表した『VR Dream Match(TM) Baseball』。それをさらに改良したサービス版がついに提供開始となりました。

あまりの迫力に声が出る!


体験者の多くがキャッチングから始まる体験の「1球目」に恐怖を感じ、ボールを取りそこねると肩を押さえ「痛い」と声をあげる姿も見られました。

リアルをさらに追求したプログラム構築

「グラフィックの精度」「投手のリアルなモーション」「物理演算を組み入れた投球軌道と回転」を重視しプログラムを再構築。球種は15種類に増やし、スプリットフィンガードファストボールやホップ(浮き上がるように見えるボール)や200キロのストレートなども体験することができます。

またリアル感をさらに増すため、ミットとバットに球が当たったときの衝撃がわかる「衝撃搭載ミット&バット」も、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の協力のもと開発。

きっとこれから色々な場所でこのようなことが起こっていくでしょう。そこで行われる体験はもちろん、そこでの会話など、VRの出現により空間が再構築されていきます。ますます“心を動かす体験”の提供が進んでいきますね。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。