不動産会社&大家に嫌われる…「入居審査が通らない人」5つの理由

3

読了目安[ 4 分 ]

春に向けて、新生活の準備を始めている方もいらっしゃると思います。住まい探しもそのひとつ。たくさんの賃貸住宅の中から、家賃や間取り、立地などの条件で選んでいきます。そして、ひとつに決めたら入居を申し込むのですが、その際の入居審査では立場が逆転して、選ぶ側から選ばれる側になります。

入居審査を通らない人には、どのような理由があるのでしょうか。選ぶ側の視点から、解説します。

家賃の支払いに関する、3つの理由

入居審査を行うのは、不動産業者、保証会社、オーナーです。審査をする側が最も重視するのは「家賃をきちんと払ってくれるか」ということです。そのため、入居者の経済状況はシビアに見られます。一般的に、下記のような場合には入居審査を通るのが難しくなります。

理由1 「収入に対して家賃が高すぎる」

一般的に、家賃は収入の3割までに抑えないと生活に無理が出てきます。収入に見合わない高額な家賃の場合、しっかりした連帯保証人が付けば審査を通ることもありますが、家賃の設定を見直すことも検討するべきでしょう。

理由2 「仕事が決まっていない」

転職前など無職の場合は、収入が無い状態ですので、入居審査には不利になります。就職先の内定をもらっているならその証明を提出しましょう。あるいは、預貯金が相当額あれば入居できる場合もあります。

理由3 「仕事が不安定」

正社員より、契約社員や派遣は不安定と判断される傾向にあります。フリーターも同様ですが、家賃に見合った収入が、長く安定していると証明できると有利です。確定申告書や住民税の課税証明書の提出を求められることもあります。

人柄に関する、2つの理由

近隣とのトラブルは、特にオーナーが嫌います。入居者の職業や家族構成だけでなく、見た目も重要なポイントです。

理由4 「近隣と生活時間帯などが合わない」

生活時間帯が周囲と異なると、騒音トラブルが起きやすくなります。サラリーマン世帯の多い物件だと、水商売やタクシー・トラック運転手は入居を断られる場合もあります。また、ファミリー世帯が多い所では、独身者が審査を通らないこともありますし、逆の場合は小さな子供がいると断られるケースもあります。

騒音トラブルは深刻な問題に発展しかねないケースが多いため、不動産業者もオーナーも厳しく判断しているようです。

理由5 「態度が悪い」

賃貸住宅に入居したら、当然長いおつきあいになります。そのため、どのような人が入居するのか、人柄は大変重視されるポイントです。不動産業者とのやりとりの間にもしっかり見られていますので、気をつけましょう。言動が威圧的で横暴な人、服装が極端に派手な人、タトゥーのある人、身なりがだらしない人は、入居後に何らかのトラブルを起こす可能性が大きいと判断されがちです。
また、入居理由がはっきりしない、入居を急ぐ場合も敬遠されることが多いでしょう。

もしも審査に通らなかった場合でも、不動産業者から理由は教えてもらえません。思い当たることが無ければ、縁が無かったと切り替えて別の物件をあたりましょう。

<住宅とローンで損しない!おすすめ関連記事>

最高の貯め時なのに…「独身時代の家賃」月収の何割に抑えるべき?
毎月の返済額が安いカラクリは…?「マイホーム購入とお金」失敗例
家賃並みの返済だから買ったのに…「マイホーム購入とお金」失敗例

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。