目薬&鼻炎スプレーもOK!「医療費控除できる」花粉症グッズ一覧

8

読了目安[ 4 分 ]

今年2017年のスギとヒノキの予想花粉飛散量は昨年の4倍とか。花粉症に悩まされている方はそんなニュースを耳にしただけでヒヤヒヤものです。花粉が飛散する時期になると薬を飲み、マスク、花粉予防メガネ、ティッシュペーパーなど外出する際は手放せません。

花粉症に効く市販薬や花粉症対応グッズを取り上げ、医療費控除にできるのか、できないのかについて解説します。

セルフメディケーション税制はじまる

従来の医療費控除制度は、生計を一にする自己負担した医療費の合計10万円を超えた場合に確定申告すると税制控除が受けられます。しかし1年を振り返っても10万円を超えるまでは医療費を支払ってなかったというケースが多いでしょう。

2017年1月から「セルフメディケーション税制(医療費控除制度の特例)が施行され、特定の成分を含んだOTC医薬品の年間購入代金が1万2000円を超えた場合に適用されます。つまり、この金額であれば、超えている可能性は高くなります。(参考:風邪薬の領収書は捨てたらダメ!「医療費控除で税金を減らす」テク

それでは具体的に対象になる商品をいくつかあげてみます。

花粉症の薬や目薬、点鼻薬は対象になる?

セルフメディケーション税制の対象となる市販薬をいくつかあげてみます。

内服薬

アレグラFX」「エバステルAL」「アレジオン10」「コンタック鼻炎Z」「ストナリニ・ガード」「ロートアルガード鼻炎ソフトカプセルEX」「パブロン鼻炎カプセルZ」など

目薬

マイティアアイテクトアルピタット」「ロートアルガードプロテクト」「サジテンAL点眼薬」「アイリスAGガード」など

アレルギー用点鼻薬

ロートアルガードST鼻炎スプレー」「パブロン点鼻クイック」「エージ―アレルカットEX<季節性アレルギ―専用>」「コンタック鼻炎スプレー<季節性アレルギー専用>」など

セルフメディケーション税制の対象商品かどうかは厚生労働省のホームページでチェック
できるので、他に気になる商品があれば確認しましょう。
セルフメディケーション税制対象医薬品 品目一覧(全体版)

花粉症対策グッズは対象になる?ならない?

花粉症対策として購入する、マスク、花粉症対策の飴、花粉予防メガネ、ティッシュペーパー、乳酸菌ドリンク、空気清浄器などは医療費控除の対象になるでしょうか?

答えは、どれも医療費控除の対象になりません。医療費控除は治療を目的とするための商品が対象であり健康維持や予防のために購入した商品は対象にならいないのです。
ただし、マスクについては、インフルエンザなど発症して、医師から感染防止のためにマスクの購入・装着を指示された場合には対象となります。

花粉症に効く市販薬の内服薬、目薬、点鼻薬の購入金額は1年間で1万2000円を超える可能性は高く、超えればセルフメディケーション制度の対象になります。薬局で購入したレシートまたは領収書は確定申告の際に必要なので、専用のBOXやファイルを設けて忘れずに保管しておきましょう。

<医療費で損しない!おすすめ関連記事>

申告しなきゃ大損!「セルフメディケーション税制と医療費控除」まとめ
インフルエンザの治療費を取り戻そう!医療費控除とセルフメディケーション税制
歯科矯正やレーシックも…高額医療をサポート「医療ローン」とは?

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。