えっタバコ1箱が1,000円に値上げ⁉︎ 年36万円も払う「驚愕の無駄」は?

読了目安[ 2 分 ]

最近世の中全体が禁煙を推奨する傾向にあります。

全面禁煙の飲食店や商業施設も増えましたし、今後もしばらくは世の中全体が禁煙という方向に進んでいくでしょう。もし、この傾向が長く続くようであれば、さらなるタバコの値上がりも考えられます。

今回は、もしタバコの価格が○○円だったら年間でいくらの出費になるか?ということについて考えてみます。

年間にかかるタバコ代は約16万円

JTが2013年に発表した『全国たばこ喫煙者率調査』によると、毎日タバコを吸うと答えた人は男性で平均19.1本のタバコを吸っています。多くのタバコが1箱20本入りなので大体1日で1箱消費している計算になりますね。

また、タバコ代は年間16万円!「喫煙を今見直すべき」真の理由で記載していますが、タバコが1箱440円ということで計算すると1ヶ月にかかるタバコ代は1万3,200円、年間では15万8,400円になります。これでも十分大きな金額ですが、さらにタバコ代が上がれば年間にかかるタバコ代はいくらになるのでしょうか。

タバコが1箱500円になると?

まずは、1箱500円になったと仮定してみます。1ヶ月を30日で仮定してみると月にかかるタバコ代は1万5,000円、年間で18万円という計算になります。1箱の値段がたった60円上がるだけでも年間でかかるタバコ代は2万円以上も高くなります。

タバコが1箱700円になると?

続いて、タバコが1箱700円になったと仮定してみましょう。1ヶ月でかかるタバコ代は2万1,000円、年間でかかるタバコ代は25万2,000円になります。月にかかるタバコ代が2万1,000円ということは、家族でホテルのリッチなディナーが食べられそうですよね。

タバコが1箱1,000円になると?

最後にタバコが1箱1,000円になった場合を考えてみましょう。その場合、1ヶ月にかかるタバコ代は3万円、年間ではなんと36万円にもなります。年間のタバコ代が1ヶ月あたりの給料を超えてしまったなんてことも起こりえるかもしれない金額ですね。1箱1,000円となると出費も非常に大きくなりますし、これ以上タバコ代が上がるのであれば見直す必要があるかもしれませんね。

<家計の無駄使いをチェック!おすすめ関連記事>

どんどん金欠!「使うたびにお金がなくなる」ATMの使い方
年間29万円の支出!「コンビニ立ち寄り」が無駄使いを助長するワケ
どんどん残高が減ってく…毎月「金欠で苦しむ人」がやってるNG習慣3つ

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。