株価上昇と共に金価格もUP!本当に考えたい「トランプ政権のリスク」は?

読了目安[ 3 分 ]

トランプ勝利から政権誕生までの流れは、多くのメディア・投資家の予想を裏切りました。戦争リスクの高まり・分断化から、世界経済は悪化するとの考えで、トランプ勝利=株価下落と予想していた方は多いでしょう。

しかし、いざトランプ氏が勝利すると、減税・規制緩和・財政支出の三本柱への期待から世界的に株価上昇・金利上昇が起きています。

トランプ政権誕生で経済好転!

米株価のNYダウは2万ドルを突破。日経平均株価も2万円を目指す勢いで上昇しました。この世界的な株価絶好調の流れは、本当に信頼できるのでしょうか?

気になるのが、トランプ後の米金利高・株価上昇の動きに逆行するかのように上昇したゴールド。本来、米金利高は金利を生まない金にとってマイナス要因。
ところが、NY金は、下落せずに上昇しています。これは、トランプ政権のリスクを考えて、リスクヘッジのために買われているのではないかと思います。

NY金と米10年債の日足チャート

トランプリスクで金価格は上昇中!、マネーゴーランドGMOクリック証券

トランプ氏の大統領選勝利後から、米金利は急上昇。その分、NY金は下落しました。ところが、12月の半ばごろにNY金は下げ止まり。米長期金利が落ち着いたこと、トランプリスクに投資家が目を向け始めたこともあって、上昇トレンドに変化しました。

12月にNY終値で1130ドルを割り込んだ金は、1230ドルを超えるレベルまで上昇しています(2017年2月21日現在)。ちょうど、米FOMCで金利が引き上げられて市場が落ち着いたこと・各地でテロ事件が相次いだことなどが上昇要因。

トランプ政権の抱えるリスク

  • 世界的な保護主義の台頭 ⇒ 世界的な経済成長ダウンや分断リスク
  • 脅しとも取られかねない交渉術 ⇒ 交渉決裂や戦争リスク
  • 財政支出に対する資金の裏付け ⇒ 米国財政破たんや米ドルのリスク
  • 規制緩和による副作用 ⇒ 格差拡大や環境破壊リスク
  • 中国との対立 ⇒ 米中戦争リスク

トランプ政権は、米国第一主義を唱えて、他国が受けている恩恵を米国に取り戻す政策を取ろうとしています。メキシコ・中国にある工場を米国に移転すれば、米国の雇用は増えてもメキシコ・中国の雇用は減りますね。これ、近隣窮乏化政策とも言われ、世界大戦の引き金の一つでもあるんです。

さらに、交渉方法も極端。相手が受け入れがたいレベルの提案を投げかけて、妥協地点を有利な方向に持っていこうとしています。この方法は、相手国の国民感情を悪化させて指導者の面子を潰して妥協できない対立を生む可能性があります。

交渉失敗の行きつく先は決定的な対立による交渉中止や戦争。

トランプ政権の国家通商会議に起用されたピーター・ナヴァロ氏は、米中戦争もありえると想定した書籍も出した人。本当に戦争すれば、米中ともに被害は甚大になることは子供でも分かります。

トランプ氏のはったり戦術にリスクあり

経済は、名より実を取ることを重視します。しかし、政治および国民感情は、経済とは逆に名誉や恥を重んじます。相手に脅されて妥協することが、国民感情的に許せなくなり、破滅への道を歩み可能性があるのは歴史を見ても明らか。戦力的にかなわなくても負ける戦争に挑んだ例は数多くあります。

金が買われているのは、そういったトランプ政権が抱えるリスクを加味してのこと。好調さを維持する株式相場を見るだけでは、本当のリスクを見誤るかもしれません。分断・紛争・経済戦争とリスクのタネがあちこちにばら撒かれていることを忘れずビジネス・投資を行いましょう!

トランプ政権と世界の動きを学ぶ!おすすめ関連記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。