平均額は140万円!男性も知ってほしい「不妊治療費のマネー事情」

読了目安[ 2 分 ]

人気のクリニックは初診までなんと11か月待ちという不妊大国、日本!2年で800万円をかけ第一子を出産したケースや、子供1人育てられるほどお金をかけたが授かることはなく妊娠をあきらめたケースも。

不妊治療の平均金額と治療ごとにかかる費用を解説します。

平均治療費140万円、平均治療期間25ケ月

聞きたくてもなかなか聞けないのが不妊治療に関すること。親しい友人に経験者がいれば話がしやすいものの、深くは聞きにくいのが実情です。いったい不妊治療の経験者は、どれくらい費用と時間をかけて治療に挑んでいるのでしょうか?

株式会社バズラボが2010年3月~2012年4月の2年間、不妊治療で妊娠した方926名に調査を行っています。それによると、不妊治療から妊娠までの平均治療費は140.6万円、平均治療期間は25ケ月であることがわかりました

治療別で見ると、タイミング治療が18%、人口受精が16%、体外受精が21%、顕微授精が45%と、高度な治療法で妊娠している割合が高くなっています。

ちなみにこの調査は、妊娠した方を対象に実施したため、今なお不妊治療を続けている方もいらっしゃいます。それらを含めると、この調査結果以上に、治療費や期間をかけている女性もたくさんいるのではないでしょうか。

治療法によって1回数千円~60万円!

不妊治療には、次のような治療の種類があり、費用は1回数千円から数十万円まで、治療の内容によって幅があります。

【治療の種類と相場】
●タイミング法(1回数千円~):排卵日を医師の診察により予測する。
●人口授精(1回2万円前後):排卵日に合わせて精子を採取し、子宮内に注入する。
●体外受精(1回20~50万円):精子と卵子を体外で授精させ、受精卵を子宮に戻す。
●顕微授精(1回40~60万円):顕微鏡を用いて卵子に精子を注入し、受精卵を子宮に。

子供を授かることができるかできないかは、健康に気をつかっていても、自分の努力ではどうにもならないことがあります。

不妊治療の女性のための保険や自治体からの助成金制度もあるものの、医療保険がきかない自由診療の不妊治療は、やはりどこまでお金がかけられるか? そしてメンタル面でも、どこまで耐えられるかが重要になってきます。

また、年齢的なことや、健康面、これまでの治療の経緯から、クリニックによっては不妊治療を断られてしまうケースもあります。

こうした不妊治療のマネー事情を、不妊に悩む方だけではなく、その家族や職場など、より多くの方にご理解いただきたいものです。

<女性の心と体を守る!おすすめ関連記事>

女性向け保険の必要性は?保険料はいくら?いつ入れば良い?
乳がん保障だけで良い?女性疾病対象の比較と女性保険の選び方
万が一夫が…残された家族に必要なお金はいくら?【生命保険の決め方】

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。