専門学校は年間100万以上⁉︎ 「声優になるための費用」はいくら?

1

読了目安[ 4 分 ]

「将来なりたい職業」でグッと上位に上がってきている「声優」。その理由は、最近の声優が、声だけでなく歌手やアイドルとしても活躍する華やかな存在になったからだと思います。

ただし、人気の職業だけに狭き門であることも事実。声優の基本である“演技”を学ぶことも選択肢のひとつですが、果たしてどのくらいの費用が必要なのかを紹介します。

一般公募のオーディションを受ける…0円

声優が表に出る仕事の増加とともに、声優になりたい人を求める一般公募オーディションも増えています。数千人・数万人といった大勢の中から選ばれるという非常に厳しい選択肢ですが、たとえ演技未経験でも、ほぼ確実に声優への道が開かれることが最大のメリットと言えます。

種類は、ホリプロやソニー・ミュージックアーティストなどのタレントも所属する芸能プロダクションや声優事務所による所属オーディション、メーカーが主催するアニソンシンガーや声優アイドルのオーディション、作品ごとのオーディションなどがあります。「オーディション費用0円」とよく見かけますが、交通費などの諸費用は自費になることが多いです。

声優の専門学校に通う…年間100万円〜

声優になる足がかりとして、いちばん手っ取り早いと言える専門学校。同時に、いちばん利用者が多いとも言えるでしょう。とはいえ、名だたる声優を輩出している学校も数多くあり、そういった学校では、現役で活躍する先輩方が講師を務めることも。卒業までにプロダクションなどのオーディションを受け、所属を目指す人が多いようです。

気になる費用は年間100万程度の学校が多いようですね。内訳は、入学時に20万程度の費用を支払い、月々のレッスン料は1万〜3万といったところです。

プロダクションの養成所に通う…年間40万円〜

上記2つの中間くらいにあるのが、プロダクションの養成所。プロダクション直営なので、当然、所属するチャンスが大いにあります。ただし、志望者が多いだけに、入るまでが大変。そのほとんどは、書類選考に面接に実技試験…といった入所審査があります。だからといって、演劇部などの演技経験が必須ではなく、未経験OKの養成所も多くあります。

費用は、専門学校より安め。費用が比較的少ないのに現場に近い環境で学べること、そしてプロダクションに所属できる可能性が高いことが人気の理由と言えます。

今回は、声優になるために費用がどれくらいかかるのか、参考となる傾向を紹介しました。費用のことはもちろん、興味のあるプロダクションがあって養成所に入りたい、好きな声優が通っていた学校に自分も通いたい、などの理由も選択肢のひとつとなります。

<マネーゴーランドの声優ナレーション付き大人気記事>

アダルトサイトの請求トラブルあるある!絶対やってはいけないこと3選
毎日の癖が不幸を招く…お金持ちはやらない「運気が下がるNG習慣」
所得税は13億円!「年収34億円の錦織圭」気になる手取額はいくら?

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。