100歳まで生きる時代のお金は…?話題の書『ライフ・シフト』お金のプロが解説

7

読了目安[ 6 分 ]

平均寿命、健康寿命が伸び、人が健康に100年生きる時代が到来します。

今話題のベストセラー『ライフシフト 100年時代の人生戦略』(リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット著、東洋経済新報社)によると、2007年生まれの子どもの50%が107歳まで生きると予測しています。また、国連の推計によれば、2050年までに日本の100歳以上の人口は100万人を突破する見込みです。

確かに昔は100歳を超えた人は珍しく、テレビで「きんさん」「ぎんさん」が出ていたことを思い出しました。-100歳生きることが当たり前になる-
私たちはどう生きていけばよいのでしょうか。今回は読者のみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

「教育」「仕事」「引退」の3ステージ構成の崩壊

これまでの人生は「教育」「仕事」「引退」の3ステージで構成されていました。つまり、若いうちに教育を受け、仕事に励み、定年後は年金と貯蓄の取り崩しで余生を過ごす、というステージです。

本書によれば、この3ステージは、健康志向になっていること、必要な栄養が簡単に摂れるようになっていること、所得状況の改善、医療の進化など、種々の要因によって寿命が延び、「引退」の期間が長くなったことにより崩壊するといいます。

「より若々しく活動する時間が増える」ということは、嬉しいことですよね。70歳、80歳になっても自分の足で歩いて元気にヨーロッパ旅行したり、孫の運動会で徒競争に出たりということは当たり前になるかもしれません。

でも読者の中には、長寿化することに対してネガティブな感情を抱く方もいることでしょう。その原因になっている代表的なものは、ズバリ、引退以降のお金の問題。仮に質素な暮らしを心がけていても、生きていくために必要な額が増えます。そして、年金はもらえる時期が遅れ、金額自体も減っている状況。企業年金も確定拠出年金に切り替えている企業が多く、自助努力の世界へ。

収入を見ても、バブル時代とは異なり右肩上がりでアップする時期は終わりました。解決策は、国や企業に頼らず、最低限の資産運用を行いながら貯蓄をすること、そして「長く働く」という選択肢しかありません。

国の「長寿化」に対する改革はすでに始まっている

OECDのデータによれば、1960年は、年金受給者1人に対して勤労世代は10人いました。しかし、2050年になると勤労世代10人で引退世代7人を支えなくてはならない状況になると見込まれています。これはつまり、年金制度を維持するために、勤労世代に対して更に負担を課していかなければならないことを意味します。

このような状況は日本に限ったことではなく、世界的な問題であり、各国が進める改革の方向としては、「国民が税金や保険料を納める期間を長くするために引退年齢を延長すること」「年金支給期間を短縮すること」「年金支給対象を所得や資産の少ない人に限定すること」です。

「働くことを楽しむ」生活を続けられるかが重要

ウォーレン・バフェットのような人でもない限り、資産運用だけで100年時代を生き抜くお金を稼ぐのは難しいでしょう。そうすると、必然的に「長く働く」ことになります。引退年齢が70〜80歳になったとすると、働く期間は50〜60年です。想像しただけでゾッとする方は多いと思います。

でも、働かなければ収入が得られないので生活できません。であれば、発想を変えて、どうしたら「働くを楽しむ」生活を続けられるかを考えませんか。

自分についてよく知ること、10年・20年後にどのような仕事があるか考えることが必要になってきます。仕事は、ロボットや人工知能に代替されにくい能力が発揮できる仕事を選んでいく必要があります。

お金に換算できない、「見えない資産」を増やそう

幸せに長く人生を生きていくためには、貯蓄、株、投資信託、債券、不動産、年金などの「金銭的資産」は必要ですが、お金に換算できない、スキル、知識、人間関係、評判、健康などの「見えない資産」を増やすことが重要と本書は伝えます。

私も「働く」を楽しみながら生きるためには、「見えない資産」をつくることは今後のテーマになってくると思っています。

100年時代をどう生きていくか。
国や企業に頼らず、自分の頭で考え、行動することが一番です。まずは「見えない資産」を増やす、この行動から一緒に始めてみませんか?

<老後の資金は大丈夫…?おすすめ関連記事>

75.5%のシニアが退職金に不満!「本当に必要な老後資金」はいくら?
43歳貯金ゼロ…老後貧乏を回避「人生を挽回する最強お金プラン」
今年こそ老後資金を貯める!「NISAと確定拠出年金」お金のプロが徹底比較

『ライフシフト 100年時代の人生戦略』(リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット著、東洋経済新報社)、マネーゴーランド
ベストセラー「WORK SHIFT(ワーク・シフト)」の著者であるリンダ・グラットンさんとアンドリュー・スコットさんが書いた「LIFE SHIFT(ライフシフト)」

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。